シネマ旅の途上にて

自主映画ウォッチャー、アWorkerのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

エンドレス・レイン・・・X

主水日記。


12月1日。
とうとう、今年も一か月を切った。

今年の冬、関東の長期予報は、
暖冬だが雨が多い、との事。
やっぱり、濡れてあまり寒いのは、いやだな・・・と。


千葉テレビの午後2時・「銭形平次」も、そろそろ終わりだが。
構わず?小生は、火曜夜8時の、「必殺仕事人V旋風篇」。

今週は、あの、問題の回・・・。
「主水、バースになる」の巻。

この回、二つの事件が、同時進行する。

一方は、百軒長屋の婚礼の帰りに、
主水が忍者集団に取り囲まれ、さらわれる!事件。

さらわれた先は、何と、
上様の極秘依頼!で向かった、
江戸からはるか遠い、薩摩の地・・・。

藩内の土地に、主水がある物を、埋めに行く羽目に。
準長期の監禁・逗留で、ひげぼうぼうになる、主水。
無事に戻れば、与力への精進が待っている、というのだが。

(それ、忍者がやればいいじゃん!の声・・・)
(あ、でも薩摩飛脚は、帰ってこない、っていうからな、
 それで代役を・・・?の声)

その頃、留守宅は、閉門状態に。
主人の失踪に大慌てする、せんとりつ。


で、もう一方の事件は、
最初の婚礼夫婦の、若妻が、受難。

かつて夜盗に全滅させられた、大商人の娘だったのだが、
よりによって、その夜盗の仲間に見つかって、
真っ昼間から、刺殺される事件が発生。

その新興長屋の土地には、造成前に、
夜盗たちが商店から奪った大金が、埋められていて、
それを調べに来た連中に、新妻は、出くわしてしまったのだった。
(で、できすぎだあ~!の声)

今や彼らは、表で大商人一味と化し、
出世に金が必要な、某高級役人と結託していた・・・。


これら両方の、事件展開が、
共通の関係者が一応、いるのにもかかわらず、
まるっきり、本質的にからんでこない・・・という、
奇妙な分裂現象を起こしている。

しかも、こういう事態になりながら、
仕事人チーム一同は、
「下手に動いたら、やばい・・・」と言って、
まったく、主水の行方を探しにゆく様子が、ない。
さすが、用心深い、一匹狼の集まり・・・。

やがて、被害者の夫の訴えを受けて、
やむなく主水抜きで、
お玉・政・銀平・順之助が、
恒例の仇討ち仕事に、向かう。

そこであろうことか、政が、
標的の屋敷で、ばったり出くわしたのが、
江戸に戻っていた、主水!あれあれ!

そこまでの事情を全く、知らぬはずの主水だったが、
一瞬で、状況を把握?したのか、
たちまち、いつもの加勢に。早い。
普段なんだかんだ言ってて、その実、
よほど政の事を、信頼していたらしいね・・・と。

何ともはや、ラストに至るまで、超強引な、展開であった。
ま、それなりに面白いんだけど。

他の回でも、主水の昔の女(中村メイコ)と子供(!)登場、
真っ昼間からの、大名行列襲撃、
英語を話す(!?)オランダ商館長の娘(マリアン)など、
結構、驚きの展開が多かったりする、<旋風篇>シリーズであった。

以上。



付記:

*解説*

初放映時の、少し後で知ったのだが、
この回を撮影当時、主水役の藤田まこと氏は、
「その男、ゾルバ」なる舞台の、名古屋公演中で、
京都の撮影所との間を、往復する日々だった。

舞台では生ひげを生やしていないと、いけない役だったので、
相当する週の、「必殺」サイドでは、スケジュール上、
髯を伸ばした状態のシーンを、
他のシーンとは別に、撮れるようにセッティングしていた模様。
つまり、他のレギュラーとのからみを、最小限にするための配慮とみられる。

ちなみに当時、バースという、
ヒゲを生やした外国人野球選手がいたのが、サブタイトルの由縁。 



スポンサーサイト
  1. 2009/12/01(火) 23:26:22|
  2. 時代劇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<介入のXデー・口八丁手八丁 | ホーム | 新時代、飛翔へのワイドX!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aworker.blog15.fc2.com/tb.php/982-7b855a6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アWorker

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。