シネマ旅の途上にて

自主映画ウォッチャー、アWorkerのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

晩秋・ 長き旅の果てに・・・(後編)

主水日記。


11月22日、日曜。


新宿より、私鉄に。
永山で、下車。

永山公民館に立ち寄り、しばし、休息。
そうしないと、とても、体力がもたなかったのだ・・・。
何だか、トライアスロンの途中みたいに、なってきた。

ここでは、以前、河崎実監督特集を観たことがあった。
今は、<ブラボー国際映画祭>等の準備中らしい。
予報されていた雨は、この間に降ってきた。
傘を持っていて、よかった。

9時半過ぎより、バスで、聖蹟桜ヶ丘駅へ、ゆっくりと移動。
車窓から眺める、多摩丘陵・団地周辺の土地は、
昼間見ると、広い。
ところどころ、紅葉を望みながら、進む。


午前10時半前より、駅前のヴィータホール。
エレベーターで、8Fへ。
<TAMA NEW WAVE>会場、到着。
入場料、1200円。
中・長編コンペ、ノミネート作品、6本立て。


松上元太監督「mon amour, mon amour」:

・・・は、一種の、辛口ホームドラマ。

結婚前提で同居中の、男女が登場。

しかし、冒頭でいきなり、
女性の与える支配的?圧迫感で、
男性側が不満を抱いており、
心理的にぎくしゃくし始めている様子が、
男性のナレーションで、先に語られる。

まあ、確かにわかりよいのだが、
ちょっと表現するのが、早い気も・・・しないではない。

やがてそこへ、女性の友人女性が、外国から帰ってきて、
この男女の住まいに一時、居候し始めた頃から、
二人の心理状態が、一気に表面化してしまう。

「お前の考えている事が、さっぱりわからないんだよ!」
という、抱えていたもどかしさが、ついに、大噴出!
PCとイヤホンのシーンなど、ピリピリムード一色で、つらいものが・・・。

で、あのラストは、もしや・・・?
新たなる何かの、序章なのか?と、はらはらさせられる。


遠竹真寛監督「INTERSPACE」:

・・・これも又、やや肩のこる1本。
NHK少年ドラマあたりでも、
ズバリ、やりそうな?近未来SF。

ほんとは、宇宙飛行士が夢なんだけど、
お家の事情で、法律家のお勉強中。
今年が最後、とせかされまくり、
焦ってる、浪人受験生。

そこに、驚くべき、通販器具の朗報が。
PC経由で、脳に直接作用、
知識注入・容量アップ!という、夢のような・・・。

だが、案の定というか、
世間にも、当人にも、
とんでもない、副作用が・・・!
結構、ショッキングな、泣かせる結末に。うるうる。

風呂やブランコから、宇宙へと広がる、
飛行士との対話イメージ・シーンは、ちょっといいな、と。



新井哲監督「ヘビと映子と佐藤のこと」:

・・・顔半分に、訳ありヘビ模様?
生真面目姉さん・小枝、
能天気でお気楽、出たとこ勝負、
勢いあるのみ?な台詞をのたもう、加藤めぐみ、
ちょっとした、漫才コンビなり。

何だか、女性版「天才バカボン」みたいな、
終始明るく、ポップに、シュールなおもしろさ。
TAMAでこういうのも、たまには、いいか。
(それが言いたかったな~!の声)


鈴木健監督「東京」:

・・・は、とある写真展、
そしてホテルの結婚披露宴から、始まる。

さまざまな事情を抱えた人々が、
入れ違い、すれ違い、ばったり出会い。
準グランド・ホテル形式。

別れた妻と娘を案ずる、壮年男性役と、
夫との不仲、子供との別居に泣く母親役が、
印象的シーンを、かっさらう。
大活躍するバイトボーイ学生より、目立って見える・・・。
字幕入りの写真展シーンで、
綺麗にまとめているのが、なかなか、いい。


今泉力哉監督「最低」:

・・・は、再見。
やはりというか、今回も・・・大ウケ状態に。

やれやれ、まったく、どうしようもないもんだ。
想いのすれ違い、こじれた男女の仲、ってものは。
はたから見てると、喜劇にすらなることが、あるのだ。

狭い部屋等で、迫りくる女優たちを凌駕?したのは、
まだ撮ったもん持ってる、眼鏡ストーカー男と、
それを追う、理解ある?眼鏡っ娘の名コンビ。
三又浮気男役、
やっぱりお前が、節操無いのが、一番悪い!

堂々の、男優賞&グランプリ。 
ウディ・アレンに、見せたいよなあ。


高橋康進監督「ロックアウト」:

・・・ラスト1本は、栃木県ロケの、ロードムービー。

記憶が半分薄れたまま、
車で長距離を転がす、労務者風青年。
とある不運な成り行きで、
只今、遠出をしている最中・・・。

時折、不意に出てくる、
暴力的なイメージの、自分の幻に、悩まされている。
これがなぜか、スーツ姿で、
ドラキュラめいているのに、ちょっと驚く。

途中立ち寄った、大型スーパーで、
母親とはぐれ、車を間違えた、小学生の男の子。
二人は、何となく出会い、ちょっとした道中となる。
夜道の交番では、手配中の人さらいと、疑われるが・・・。

80年代のジャームッシュ映画を、思い出させる。
待ってくれている人が居るだけ、
主役の二人、幸せなほうだよなあ・・・
などと、つい、しんみりするのだった。


上映終了後は、休憩をはさんで、
審査員の総評トーク、 表彰式、と続く。

内容や印象に、デ・ジャブ感が目立つ、との評もあったが、
長い年月、さまざまな映画やドラマを観てきていると、
往々にして、そういうことはある。
小生自身が、もう、そういう歳になりつつあるのだ・・・。

そんな中で、観客を魅了しうるストーリー、人物像や感性、
画面上に弾む運動性、などなどを、
発見する喜び、というものが、あるのだ。
だから、映画を観ることは、やめられない・・・。


その後、打ち上げに参加。
黒いTシャツの、映画祭スタッフさん達、
バイタリティがあるなあ・・・と、感心す。


以上。
スポンサーサイト
  1. 2009/11/23(月) 22:25:51|
  2. インディーズムービー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<晩秋・旅の終わりに・・・ | ホーム | 晩秋・長き旅の果てに・・・(前篇)>>

コメント

遅くなりましたが、先日は上映会に来ていただき(というか、いつも)、ありがとうございました。
ちょっとでも喜んで貰えたなら何よりです。
『愛染橋』、来年どこぞで再びお目見えするかと思います。

千葉に離島がないのを初めて知りました。そうだったか!
  1. 2009/11/25(水) 09:17:29 |
  2. URL |
  3. 吉本 #-
  4. [ 編集]

<吉本様、メッセージありがとうございます。

ちょっとどころか、もう、可笑しくって。
今回も面白さ、振りきれてますね~!
毎回、楽しい作品を見せていただきまして、ありがとうございます。
また、是非よろしく、お願いたします!

あ、そういえば、
テアトル新宿オールナイトの、
4本目のにも、無人島の話が、出てました・・・はい。
  1. 2009/11/25(水) 19:43:10 |
  2. URL |
  3. アWorker. #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aworker.blog15.fc2.com/tb.php/976-89ee9d27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アWorker

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。