シネマ旅の途上にて

自主映画ウォッチャー、アWorkerのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

晩秋・フェリーニの夜は更けて・・・

旅人、覚書。


新作の自主映画が、出来たらしい。  
と、この世の変てこ者?イベント集団・<ジーコ内山劇場>のサイトにて知り、
14日、土曜の夕方、
急遽、イベントへと、向かった。


殆どまっさらの劇場スペース、<座・高円寺>。
なつかしの、高円寺会館の跡地に、建てられた。

エビ茶色、というか、赤茶色の、
前よりずっと、大き目な建物。
阿佐ヶ谷や武蔵境へ行くとき、
中央線の車窓から、目にはしていたが、
多分、中へ入るのは、初めてだろう。

1階では、別な劇団の入場者が、既に並んでいた。
地下2階の会場、<座・高円寺2>まで降りると、
開場までに間があったので、しばしロビーで、待つ。
高円寺周辺の風景を描いた、無料の絵画展が、懸かっていた。

関係者や、イベントのファン達と談話しながら、時間まで待ち、
2000円を払い、入場す。

さそり監督の最新作・「カルトムービー」お披露目会。

恒例により、<さそり歌謡ショー>数曲から、始まった。
以前よりも益々、色気(!)が出てきた模様。

その次に何やら、能天気なる壮年歌手?が、
青のスーツで登場、リズミカルにコミック?ソングを歌う。
内容はなんだか、「帰ってきたヨッパライ」みたいな感じの、歌だ・・・。

それに引き続いて、
アキハバラのアイドル・ユニットか?みたいな感じで、
女性デュオ<中学生時代>が、登場。
今宵限り、と銘打って、
ひたすら明るく可愛く、歌い、踊る。

これらのライブ・メンバーズは、
映画の出演者である事が、まもなく判明した。
例によって、かなり規格外れで、
はじけた?メンバーが、集められた模様。

いささか、心もとない?ショー進行のもと、
前座が終わり、
いよいよ、映画が始まるのだった・・・。


DV撮影作品「カルトムービー」。

山道を、孤独そうに、
眼鏡の女の子(主演・しじみ)が一人、歩いてくる。
当人らしきナレーションで、彼女が最近、
友人も作らず、恋もせず、
あえてひとりぼっち状態を、通しているらしい事が語られる。
拾ったマペット手袋に、ガマちゃん、と名づけて、一人会話している、しじみ。

そこへ、彼女に一目ぼれした、
学ラン眼鏡少年・ヒロシが現れる。
同級生らしき友人男女達の、応援を得て、
お友達&告白作戦を、展開。

ここら辺から、本筋と関係なく、次々と現れる、
奇妙な謎の人物達が、ちょい笑わせる。
何というか、変人芸の、仮装パーティー状態に。
ヒロイン自身の趣味発言も、墓参り等、
ちょっと妙なセンスが、あちこちに散乱。

おぼえめでたく、お友達にはなったけれど、
恋人になるのは別、と、つれない、しじみ。
後になって、その理由が、わかるのだが・・・。

やがてしじみは、唐突に、
路上でアイドル歌手として、
マネージャ-付きで、営業を開始する。
握手料?のお札を、がっちり集めてるマネージャー。
ライブ観客の中には、かなり挙動不審な人も・・・!

山の上での、ガラガラなステージ営業の合間に、
野山を散歩していると、
テンジョンの高い魔女達(3人程出る)、
カマキリみたいな妖精?と、変な教祖?が、
かわるがわる、争って接近。

そのあたりから、しじみの、
あるつらい過去と、愛情拒否の原因が、明らかになる・・・。

かつて良き友を失った、あの事件を想起させる、回想。
その原因のすべては、
ある人物(魔王?)の、陰謀だったのだ・・・。

ここで入るか、暗さと泣きが。
ホコ天で真っ昼間から、堂々の・・・。
ずるい・・・ずるいぜ。

どこかネジの外れた、ひん曲った、
いわば躁状態のロケ芝居が、続く映画。

こじんまりした世界ながらも、
ナンセンスな人物達の可笑しさ、ゆがんだ面白さと、
孤独にとらわれた人間の寂しさ、哀しさとを、同時に食らう、
ややひねくれた、見世物小屋的映画、なり。
終わりよければ、すべて良し、だった。


上映後にも、出演者諸氏による、 
軽い?ライブショー数件が、行なわれた。
諸般の事情により、 
そのショーのすべてをここに、披露する事は、
とても、できないのだが・・・。
かなり、おいおい!いいのか!な、
濃ゆいイベントであった事だけは、記しておこう。


名残りは惜しいが、
今宵はもう、引き揚げるとしよう・・・。

以上。



スポンサーサイト
  1. 2009/11/15(日) 17:43:50|
  2. インディーズムービー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<晩秋 ・大河の落城を見る・・・ | ホーム | 晩秋・北の海辺に陽は暮れて・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aworker.blog15.fc2.com/tb.php/969-06017401
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アWorker

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。