シネマ旅の途上にて

自主映画ウォッチャー、アWorkerのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

秋・嵐がくれたもの・・・

梅安の、日記。


木曜・平日、
ノーゲストにもかかわらず、
シネコンは、親子連れや、若き男女らで、結構にぎわっていた・・・。
さすが、世界的アーティストのファンは、違う。

水曜から全世界公開されたばかりの、
「マイケル・ジャクソン/THIS IS IT」を観て、
充足感と、もどかしさとを、同時に味わった。

これは勿論、今となっては、大変貴重な記録映像になったのだが。
しかしこれはあくまでも、ステージの準備段階であり、
本番の映像では、ない。

マイケルが一曲、歌い終わったところで、
思わず拍手したくなる、と思いかけるや、
その一歩手前で、本人や演出家、スタッフらによる、
問題点の指摘や、プラン変更案の話が始まるため、
あ、となって乗り損ね、
感銘はその都度いちいち、中断させられてしまうのだ・・・。

だから、観ていてとても、もどかしくなる。
ああ、これがもし、本番のステージ記録だったら・・・と。
本人が画面中で言っている通り、
現実を忘れるような、ステージになっていたことだろうな・・・などと。
だが、それはもう、実現されないのだ・・・。

アクティブなミュージカル舞台のすばらしさや、
森林伐採抑止のメッセージ等は、
CG合成入りの画面(ボギー!)とともに、間違いなく伝わってくるし、
マイケルとの練習体験を、心から喜んでいる、
若手のダンサーや、ミュージシャン達の表情を観ているだけに、
なおさら、こうしたもどかしさは、募るのだった・・・。

「スリラー」のイメージ・シーンで、ミイラ男のアップに、
幼児たちの奇声があがったのが、
ちょっぴり、微笑ましかったりする。

上映終了後、
自然と皆とともに、拍手をしたのだった。


以上。


あまり観れなかったが、
伊勢湾台風後の離散家族を描いた、東海テレビのすれ違いメロ的昼ドラ、
「嵐がくれたもの」は、この週の金曜に、最終回を迎えた。
最初は婦警ママだった主人公が、水商売と靴磨き経由で、
いつのまにか、生き別れの娘が育っていた一家の、メイドになっていた・・・!
スポンサーサイト
  1. 2009/10/29(木) 23:38:33|
  2. 劇場用映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<秋・逝ける昭和人を偲んで | ホーム | 読書の秋、しかし・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aworker.blog15.fc2.com/tb.php/955-892eb301
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アWorker

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。