シネマ旅の途上にて

自主映画ウォッチャー、アWorkerのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

秋雨降る夜に、アンタッチャブル・・・

錠の、つぶやき。


やあ、諸君、ご機嫌いかがかな?
月曜以来ずっと、長雨続きだな。こっちでは。

・・・ほう、最近、何だか、
イライラ、せかせか、
気分が、すっきりしない、って?
そんな奴には、これが、一番さ・・・!

只今、シネマヴェーラ渋谷では、
長谷部安春監督の、追悼特集中だ。

日活ニューアクションから、ロマンポルノ経由で、
TVの刑事ドラマや、東映系へ・・・
とにかく、和製アクション映画好みには、
欠かせないラインアップ、目白押しさ。

で、ちょいと、行ってきた・・・。


1本目、「縄張(しま)はもらった」。
オールカラー。

出所したての、小林旭兄貴、
老親分を世話してる、新興ギャング大組織の仕事を、義理で手伝わされる事に。
ある地方都市の、大企業進出向けに、土地買収を仕掛けてくれ、と。
うまくゆけば、その街をすべて任せる、という約束で・・・。

かくて、新旧組織共同で、街の二大組織に罠を仕掛けるべく、
ドリームチーム7人組が、結成された・・・。
陣頭指揮のアキラ兄貴、ここら辺までは、シビアでクール、
冷徹なまでの計算による、作戦進行。

作戦途中で、犠牲者数名を出しながらも、
ひとまずの成果は、上がってゆくが。
大組織が約束を反故にしてしまったため、
さらに熱くハードな、後始末合戦が、待っていたのだった・・・!

集団殴りこみ劇の部分が、手持ちカメラ追跡風で、非常にアクティブ、リアルだ。
その分、一列並びとか、シャワールームのあたりは、
おかしくて、ちょっと、笑っちまったぜ・・・!
アキラとジョーが揃えば、こうなっちまうのが、宿命なのさ!

<太田雅子>時代の梶芽衣子が、暴れ・・・ない。
高度成長期の土地争いに痛めつけられ、翻弄される、
おとなしい、地主の娘役。
これ以後の映画だったら、ワルの子分達は、
気安く触りゃ、どつかれて、
即、命が無かっただろうよ・・・。


2本目、「皆殺しの拳銃」。

全篇モノクローム、はるか昔の洋画風に、締まって見える。
じんわりハードボイルド、心情、実感だよ~。
この歳になって、今頃、やっとさ。フッ。

裏組織、ギャング幹部の宍戸錠、バー・マスターの藤竜也、
アンド・元ボクサーの弟が、三兄弟。

A・レオの高倉司令官こと、神田隆が、悪ボス。
部下達にえばってて、嫌なやつ。
ジムを実質支配する組織に反抗、独立しようとした三男を怪我させ、
引退に追い込んでしまう・・・。

ゆえに錠と藤は、怒る!
組織の縄張りを、三兄弟でジムごと、奪い取ってしまう。
当然、組織は裏切り者の彼らに、制裁を加えてくる・・・。
キザで皮肉屋役が多い錠が、
珍しく?我慢強くて冷静。年輪か。

錠の同僚幹部の一人が、二谷英明。
ボスと錠兄弟たちの間を、仲直りさせようと奔走するも、
錠兄貴の頑固さにより、会談は決裂。

敵も味方も、次々と死んでゆき、
最後に残った者たちは、明け方?のハイウェイで・・・

そこから急に、いかにもな日活活劇調!になってしまうので。
ありゃありゃ、そこまでのハードさが・・・。
やや腰砕けと、なるのだった。



てなわけで。
じゃ、又な!
スポンサーサイト
  1. 2009/10/07(水) 01:42:38|
  2. 劇場用映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<秋、嵐の中で・・・ | ホーム | <緊急速報!>>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aworker.blog15.fc2.com/tb.php/942-dda8ea6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アWorker

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。