シネマ旅の途上にて

自主映画ウォッチャー、アWorkerのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

鉄、懲りずにプレイする

鉄の、日記。


あ~あ、ここんとこ、全然、観てなかったな。
新作封切映画。特に、洋画。
よ~し、一発いくか!勝負だ!

と、勇んでチケットひっつかみ、真っ先に飛んで行ったのが、
有楽町でやってた、「それでも恋するバルセロナ」。

いいねえ、この邦題。ぴったりだ。
付けた人、えらい。

ウディ・アレン監督、スペインでも撮ってたんだな。
ガウディの、くにゃくにゃした建物、
昔、アテネ・フランセあたりで、観たなあ。
ドキュメンタリーの、映画で。
五輪も、随分前に、なったな・・・。

バルセロナで夏休み中の、すこぶる美女2人と、
ジローラモの親戚?みたいな、男性画家、
そしてその元妻が、主役だ。

この男性画家が、なかなか、いいキャラなんだよ。
天才肌画家の女房とは、しょっちゅう大喧嘩、
ただ今、離縁したての、中年男。

初対面の2人に、いきなり、「・・・する?」
おいおい!言わんだろ、普通。単刀直入。
堅実派のヒロインAが、最初、遠慮するのも、そりゃ、無理はない。
でも、もう一人のヒロインBとは、だんだん、相性が合ってくるんだ。

そこへ、前の妻たる画家まで、現れて。
血の雨、降るのか!?と、はらはらしてたら・・・
そこらが、ラテン系?っていうか。あっけらかんと。
おいおい、おまえら、そこまでやるか!?っていうね。
一方、堅実派だったはずの、ヒロインAも、
大分、心を揺さぶれていて・・・。

やがて4人それぞれが、自分達の人生航路を省みて、考え直し始めて、
そこらが、結構ちゃんと描かれてるのが、すばらしいんだ。
それがたとえどんな、一般常識やモラルすら、乗り越えたものだったとしても。
あるいは、そのまったく、逆パターンの決意だったとしても・・・・ね。

この元夫婦、スポンサーもいて、屋敷もアトリエも持ってるけど、
少しも、成金くさくない奴らでさ。
きわめて自然に、マイペースで、
思いっきり、人生を楽しもうとしてるんだ。彼らなりにね。
何しろ、アーティスト、だからな。
エンジョ~イ!ってな。
まあ、あの絵は、よくわかんないけどな・・・。

若い方の2人も、それぞれが、
自分の人生に、足りないものがある事に、
なんとなく、気づきかけている。
たまたま、それの表面に出るきっかけが、
バルセロナでの、あの出会い、だったんだ。

その自分には足りないものを、補完しあって、
あるいは、手作りし始めて、祭りをやってみて、
そこから又、何か新しいものを求めて、
旅立つって事も、あるかも、な。

今回は、ウディ当人は出ないけど、
トレードマークの、横書きタイトルバックとか、
まあ、いつものやつ、やってるな~、って。
でも、やっぱり見ていて楽しいし、ユーモラスだし。
ちょっとした旅行気分にも、浸れる。

例によって、男女で恋とセックスの、アバンチュール。
いくつになっても、女は女、ってところも、しっかり押さえてるし。
相変わらずというか、ほんと、
もつれると、どうしようもないもんだよな・・・ってのも、いつものやつだな。

見てる分には、実に、楽しいんだけどね。
この道ばっかりは、公式どおりにゃ、いかねえや。
人類永遠の命題、だねえ・・・と。



じゃ、又な!

スポンサーサイト
  1. 2009/07/10(金) 22:44:10|
  2. 劇場用映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<壱、軽やかに越境する | ホーム | 主水、充電に入る>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aworker.blog15.fc2.com/tb.php/903-037e2cc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アWorker

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。