シネマ旅の途上にて

自主映画ウォッチャー、アWorkerのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

主水、捜査する

主水日記。

渡辺謙主演、テレ朝・ドラマスペシャル「刑事一代」、
土日2夜、連続放映があった。

土曜は、ピンク大賞開始までの待ち時間に、
ネットカフェで、途中の半分位を観て、
日曜の帰宅後は、後編を一通り、観れた。


冤罪の疑いや、未解決状態等の事件が、内容的に含まれる作品なので、
映画「初恋」の初公開や、泉谷しげる版の誘拐犯ドラマ(土曜ワイド枠)のリアル放映を、
既に観ている人間としては、やや複雑な思いも残ったのだが、
これは老刑事サイドの晩年回想、その原作付き、という形で進行するドラマなので、
ああいう描き方になるのは、やむをえない面も、あるのだろう・・・。

昭和時代ドラマとして、普通に観れば、
相当、力が入っていて、出来は、大いによろしい。

劇中、渡辺謙の刑事は、めったやたらに怒っており、
捜査班や本部のエリート組刑事達と、取っ組み合いの連続。
年中怒っている一方で、
人情に訴えた、証言再確認捜査や取調べも、きわめて印象的。

高橋克美の相棒刑事は、とてもいい、演じっぷりだった。
後半、主たる容疑をぬるぬる、のらくら、かわそうとする誘拐容疑者との、
切迫した取調べシーンは、必見ものの・・・すごさ。
今回の容疑者役も、なかなか、やるもんだな・・・と。

その分、聞き手役の記者と女性カメラマンが、<昭和>の顔でないためか、
幾分普通?に見えてしまうのも、やむを得ないところだろうか・・・?

三億円事件以降、「人間」としての犯人像が変わった・・・というのは、
おそらく本当に、そうなんだろうな、と納得させられる。


ともあれ、大いに見ごたえのある、スペシャルドラマであった。
再放送、希望。


以上。
スポンサーサイト
  1. 2009/06/23(火) 00:07:17|
  2. TV
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<主水、あわただしく回顧する | ホーム | 主水、夜を桃色遊戯する>>

コメント

長丁場のものを観ていただき、また、有り難い感想まで。
ありがとうございました。
また、どこぞの上映会ででもお会いできれば(笑)。
  1. 2009/07/04(土) 17:24:02 |
  2. URL |
  3. 吉本 #-
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

<吉本様、メッセージありがとうございます!

> 長丁場のものを観ていただき、また、有り難い感想まで。
> ありがとうございました。

こちらこそ、お読みいただきまして、ありがとうございます!
限りなく、往年の日本映画風味な、昭和ドラマですね。

あと、女性カメラマンが、いかにも全然、知らない風に、
ある言葉の意味を(笑)訊いていた所では、
不謹慎にも少し、にっこり致しましたです。はい。

> また、どこぞの上映会ででもお会いできれば(笑)。

是非、又、いずこかで(笑)。
その節はよろしく、お願い申し上げます。

  1. 2009/07/05(日) 11:13:20 |
  2. URL |
  3. アWorker. #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aworker.blog15.fc2.com/tb.php/888-b30a80ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アWorker

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。