シネマ旅の途上にて

自主映画ウォッチャー、アWorkerのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

初代スケ、王様レストランでバルマン!

主水日記。


三谷幸喜監督、といえば「ラジオの時間」に「みんなのいえ」。
その道のプロどうし、あるいは素人どうしの行き違い、良くも悪くも人間くさいぶつかり合い。そこから派生する様々の<悲喜劇>シーン。
人生は決して甘くは無いが、でもそんなに辛口ばかりでもない、と気づかせてくれる味な台詞の数々。
そうした規定路線の延長上に、今年は・・・
「THE有頂天ホテル」を持ってきた。

劇中でも示されている通り、洋画「グランド・ホテル」の日本的コミカル年越し版。篠原涼子の衣装などイメ-ジそのままだ。
(ただし原典は古い映画でおそらくは白黒、かすかなイメージの記憶しかない。一度スクリーンで通しで観てみたいのだが。DVDではなく。)

基本的には映画、というよりは大掛かりな<舞台劇>。
舞台は玄関先や通用口近辺を除き、殆どホテル内から出ない。
そのホテルの中は完全に、おなじみの三谷流人生街道ワンダーランド、なのだ。端から端まで。

未見の方のために詳細は伏せるが、隙の無い緻密な構成で年末年始の同一高級ホテル内に出入り、ないしは追いつ追われつ徘徊する人々を巧みに交通整理している。よくぞまあ、と感心。
息を抜く所が少ないのと若干長いのが気にはなるが、全体のワイワイ感と勢いはいささかも揺るがない。
複数の人間ドラマが交錯、彼らどうしの出会いやすれ違い、疾走は随所で<状況の笑い>を生む。

役所広司と戸田恵子のツーカー・コンビと生瀬勝久のてきぱき?ぶり。
篠原涼子、石井正則らの水先案内人ぶり。
往生際の悪い佐藤浩市の迷走ぶり。
松たか子、角野卓造、伊東四朗らの<秘境探検>ぶり。
オダギリジョー、香取慎吾、麻生久美子、近藤芳正、西田敏行、津川雅彦の(筋への)からませ方もうまい。考え抜かれている。
そして原田美枝子、YOUらが過去作品(どれとはいわんが・・・)とは比べ物にならぬほど、輝いて見える。こういう好ましい出し方があるじゃないか!

オールド・ハリウッドの真似だって?
それがどうした文句があるか。(演歌かよ、の声)
スピリッツがちゃんと継承されていれば、ええんじゃ。

ああ、これ以上は何もいわん。
各人、劇場でしかとその目を凝らして、フルコースをじっくりと味わうべし!

後、できたら内田けんじ監督の「運命じゃない人」も、ね。
(PFF出身のこの監督、「WEEKEND BLUES」観ただけでも相当シニカルな人間不信派?とみた。)
あれは脚本・構成がすべてなので、えぐいもんだらけ、という以外の事は一切、ここに内容を書かない。
なるべくなら、まずスクリーンで・・・。
エンディング・ロール後など、「スクールデイズ」の数倍ナイスですから。


以上。
あのホテル、保険CMの影響でアxラック、とつぶやいた人がいるかもね。
スポンサーサイト
  1. 2006/02/10(金) 19:59:29|
  2. 劇場用映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<いざ行け、戦えスケバルマンA(エース)! | ホーム | スケバル星人、サガラヤ・セブン!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aworker.blog15.fc2.com/tb.php/84-4c23f4d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アWorker

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。