シネマ旅の途上にて

自主映画ウォッチャー、アWorkerのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

(新)ビーグル83「新GメンVS紙幣偽造団!」

参の、日記。


11日、土曜。
地元に比較的近い、公園へ出かける。
花見して、のんびり過ごす。
桜舞い散る中、芝生の上に寝転べば、
子供達のフリスビ-が、宙を飛ぶ・・・。


12日、日曜。、
ライダー・ディケイド(ついにアギト/G3X篇!)を観てから、新宿へ。

木村祐一監督のデビュー作「ニセ札」は、
期待したほどには、とんがった表現の映画ではなかったのだが、
人々がインフレに泣く、昭和27年の村が舞台の、
ある種奇妙な事件を、まずまずわかりやすく、手堅くまとめていた。

いかにものんびり、のどかな村の人々が、
とんでもない犯罪に、手を染めてゆく過程を、
ゆるゆると、ユーモラスに、くつろいだ様子で、描いてゆく。
おあつらえ向きの条件が、あまりにも、揃いすぎていた・・・!
後半は内部の不祥事?や警察介入で、展開はバタバタになってゆく。

欲を言えば、「できたものを見ないとね・・・」の次あたりで、
坊主が「ほお~、よくできてるな~」というシーンが入っていれば、さらに面白くなったのだが。
そうすれば、裁判シーンの皮肉な台詞が、もっとピリッと効くのではないか、と。

笑ったのは、裁判長が・・・遠藤憲一。
「ドロップ」のエロ親父役の、あの人・・・!
あっちでは中坊軍団相手に、大暴れしてたあの人が、
「被告は反省の意思がないのか!」だって。
(あんたが言うな~!ってね、の声)

「銭ゲバ」の人も居たら、もっと笑えたかも・・・。
惜しい、亀の人は別人だ。(歳だな、俺も・・・。)
でも、愉快に演じてる、何か観てて楽しいぞ。

ともあれ、ちょっぴりええもん、見せてもらったわ~、と。
これ、舞台でやったらどうかな・・・?


軽く昼食後、午後はそのまま、シネヴェーラ渋谷へ。

午後以降、その後1週間については、後刻・・・。




スポンサーサイト
  1. 2009/04/13(月) 21:11:25|
  2. 劇場用映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ビーグル83「新GメンVS署長VS悪行刑事!?」 | ホーム | 桜の花びらを背に、彼は消えゆく>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aworker.blog15.fc2.com/tb.php/834-93e0ff1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アWorker

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。