シネマ旅の途上にて

自主映画ウォッチャー、アWorkerのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ゲルゲーゲル・ダークスタート?

政の、日記。


3月8日、日曜、昼間。
16時前より、再び、江古田。

今回の土日イベント中には、ほぼ毎度、作品上映前に、
P-kraft久しぶりの、共同連作上映企画、
<女子女子over8>(注1)が、
今月末頃より、シネマート六本木(注2)で開催される旨、
予告編数作にて、伝えられた。

あれはあれから、どうなったの?と、ずっと気になっていたので、
まずは開催決定を、喜びたい。


16時より、<ヤングツネオの閃光>。

「ユダのハープ」(23分・8ミリ・カラー・スタンダード):

・・・は、泉常夫監督、学生時代の1本。
なぜか「売樹玄三郎」名義で、演出。
当時のペンネーム、との事。
そういえば、展示中のチラシにも、その名前があった。

聖書の登場人物を、現代風な衣装で、
当時の学生達が、やや珍奇に演じる。
この置き換えが、なかなかユニークで、おもしろい。

イエスは金欠、松田優作風、ミュージシャン志望。
どっかの女編集長に似てる?お説教女のマリアに、
ボコボコ小突かれて、金欠の元を断て、と銃を渡され、
付き合っていた、女子大生風のユダを、
真っ昼間に、お堀のボート上から、射殺する。
(ひで~!しかも見つかるし、の声)

それに怒る、ユダの兄・エホバは、
ガウン羽織った、プロレスラー風。

さらに悪魔は、長髪にスーツ、
お調子者の、突撃フォーカス雑誌記者役・・・泉氏!

これがまた、近年とはまるで、別人。
声のオクターブも高く、「報道の自由だァ~!」。
この部分、場内で爆笑になっていた。

大学の屋上で、明らかにかなり危険な撮影、
すれすれ疾走シーン等が、いっぱい。
落っこちたら・・・ジ・エンド必須!
JR構内で喫煙撮影等、今だったら無理かも・・・?(注3)

みんな、恐れを知らず、若かったんだねえ・・・と。


17時、<怪演!スクリーンの中のツネオ>コーナー。

・・・要するに、泉氏の出演作品が、あまりにも多岐にわたるため、
2日間のみではとても、全作品のノーカット上映は不可能なので、
主な作品の、泉氏出演シーンを抜粋・編集して、
福島氏の解説付きで紹介しよう、という、ダイジェスト企画。

2008年から始めて、徐々にさかのぼり、
1985年頃の初期出演作まで、紹介。

「PRISM」のシネマ下北沢シーンも、しっかり入っている。
短いながら、親子・夫婦共演作品も、存在している。
「ユダのハープ」シーン、
後から来た人も含め、またも一同、爆笑に・・・。

現時点で確認された、一番最初?と目される出演作品では、
消防夫のごとく、ギンギラのコートに、グラサンの殺し屋役。
これまた松田優作式に、現場で「あッ!」と叫んだり(注4)、
暗殺稼業にしては、思いっきり、目立ちすぎる姿だ・・・!
強烈すぎ。これじゃ、すぐ、つかまるだろう・・・。
(仕事人も、呆然・・・の声)


18時、初の商業系劇場公開(シネマ下北沢)をされた、
長編監督作、「バカブロッサム!馬鹿風呂」、再映。

当時のP-kraft周辺の、自主映画界俳優・女優・監督・他、
オールスターキャスト。

以前書いた感想とかぶるだろうが、
これについては、あえて、おさらいして書く。

これは、一気に103分、というのは・・・ちと、長い。

一応、主人公(阿部まどか)がいて、
美女宇宙人3人の、宇宙船着陸失敗により、
地球上に騒動が巻き起こっている、という本筋はあるものの、
基本的には、モンティ・パイソンみたいな、シュール・コント羅列の線で来る。

まあ、部分的には笑えるし、面白いには面白いんだが。
散発的ギャグ、くすぐりが団子つながりなので、
長編構成上の、大きな、
引っ張っておいてドカン!!という、
決め技に乏しいのが、難点だろうか。

食欲緑仮面一家や、リンゴと蛇と子供?の景など、
ちと考えすぎでは?の感もあったりして。
わが国が、クリスチャン主体の世界ではないせいも、あるだろうが・・・。

文句無く笑ったのは、女ピエロと漁師と民話の景で、
某局キッズ枠で流したら、ややウケるかも・・・?などと。

やはりというか、こういうのは、TVの30分バラエティー枠で、
毎週、分割放映するのが、一番、効果的なのではないか?と。
昔の「カリキュラマシーン」(注5)みたいに・・・?
果敢なる試みだが、ちょっと、もったいない気も、するのだ・・・。
誰か、この続きを、やってくれないだろうか・・・?

19時50分より、遺作・「遠く鳴り止まぬ声は」公開。
(2009年・DV・カラー・スタンダード)

撮影は去年内に終了していたのだが、泉監督が急逝、
福島氏が代わって編集し、仕上げた短編。

「no rain」でも行なっていた、
写真静止画・音楽・ナレーション工法を援用、
かわるがわる登場する、3人の女性達をモデルに、
歩行・散策の、連続写真を撮って並べ、
その上に、心情表出?の朗読ナレーションを、重ねている。
人物達がパラパラ漫画のように、軽快に動き回って見え、ちょっと心地いい。

ところが、いったんスタッフ表示が終わるや、
急に画面の様子が、がらりと変わって、
ぶん回しっぱなしの、キャメラ画面疾走が、始まる。

ありふれた商店街・アーケードの中を、
ピンボケも、ブレも何も、構わずに、
ひたすら自由奔放に、駆け回る・・・。

観ていると、何だか、目が疲れて来るのだが。
最後の最後まで、表現法と観客に対して、監督は挑戦的だったのである・・・。


上映終了後、泉監督ゆかりの、女優大集合、トーク・セッション。
職場関係の人が、かなり居るのは、
映像会社方面ゆえの、強みだろうか。

ほとんどが、皆、突然「映画出て!」と言われ、
素人状態から、2~3年映画・舞台的演技のやり方を、
監督から、徐々に教わってきた、人々。

皆、口々に、「変わったおじさんだね~、と思った」と回想。
おそらく、活力と人望があり、教え方が良かったのだろう。

それと、音楽担当の、鈴木朝子嬢を出演させる新作が、
撮影途上で、止まっているのだ、という。
どんな映画に、なる予定だったのだろう・・・?
惜しい・・・。

せめて、この集まりでの、人々の交流を通じて、
映画であれ、演劇であれ、アートであれ、
これから新しい何かが、始まっていってほしいものだ・・・。

会は、監督のご子息による、追悼ギターライブにて、
明るくにぎやかに、幕を閉じた。

そして、打ち上げの献杯も・・・。
一同、「ブロッサム!!」一色であった。


以上。
注1:これまでに、同様の新作短編大集合企画が、
   <over8><裸over8>の2回、
   シネマアートン下北沢にて、レイトショー企画が、開催されている。
   ともに、当ブログ内検索にて、参照されたし。

注2:TOHOシネマズとは別に、
   六本木繁華街の裏にある、複合映画館。
   韓国やアジア各国の映画、新東宝映画など、濃いラインアップの特集や、
   レンタル向け中篇映画の、お披露目公開等が、数多い。
   大奥もの、デコトラ・シリーズ、
   新スパイガールズ、「ホームレスが中学生」なども・・・!あり。  

注3:今年(2009年)の4月より、首都圏のJR駅舎は、
   構内全面禁煙!になるという・・・。いよいよ、厳しい。

注4:角川映画版「野獣死すべし」を、参照のこと。
   原作や、東宝の須川栄三監督版(2本)とのギャップが、
   きわめて大きい事で、知られる。
   この映画、今年の正月明け直前、日曜夜に、
   TVK(ヨコハマ解放区)局にて、普通に、地上波放送されていた。
   昔は、日本テレビ系でも、普通に放送されたものだが・・・。

注5:教育番組版「ゲバゲバ90分!」ともいうべき、
   70年代の、日本テレビ系教育バラエティ。
   「セサミストリート」などのコント形式部分に、近い番組。
   宍戸錠・岡崎友紀・フォーリーブス・他、当時の人気タレントが、続々出演。
   毎回終わりに、出演者兼演出家が、「じゃ、またね」と手を振る。
   フジ系「ひらけ!ポンキッキ」シリーズの、先達。

スポンサーサイト
  1. 2009/03/08(日) 11:59:00|
  2. インディーズムービー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ゲルゲーゲル・ダークキャット | ホーム | ゲルゲーゲル・ダークリセット>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aworker.blog15.fc2.com/tb.php/811-cb8458fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アWorker

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。