シネマ旅の途上にて

自主映画ウォッチャー、アWorkerのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今宵も仕掛けて仕事人

主水日記。


さすがに、一時期の必殺再放送ラッシュは、一段落したようだ。
テレ朝の時代劇再放送は、今、
定番「暴れん坊将軍」に、戻っている。

チバテレの「仕事人」は、常連・田崎潤がゲストの回。

標的の、首謀者か?と思ったら、
ただの大名隠居で、事件調査の依頼人だった。
二面性のある、裏の悪役だったら、面白いのだが。
ちょっと、拍子抜け・・・。

孫ほども違う、江戸町内の小料理屋の娘と、いい仲?になりかけるが、
それは悲恋?で、あっさり、終わる・・・。

標的を誘い出し、罠にはめる、
加代とおしまが、互いにぶつくさ言いつつ、
レズビアン芝居?して見せるのが、ちょっと可笑しい。

ちなみにこの回、
後に「失楽園」の脚本等を書く、筒井ともみ作。



今日の「仕事人2009」は・・・
割と、普通な仕事人エピソ-ドだなあ、と。

小五郎と、こう・ふくの、
すっぽん料理や、男色?疑惑など、
ユーモア・シーンも、大分、こなれてきた模様。

謎の浮世絵師・<写楽>伝説をベースにした、
江戸の、出版業界の話。
かつての旋風篇・風雲竜虎篇の上司・<鬼塚様>役にして、
岸田隊員&ハムスター館長の人が、
浮世絵の版元・・・という回。

絵師を<謎の人>にしておけば、もっと絵が売れる・・・
絵師には、売れる路線の絵以外、描かせない・・・
という狙いは、まあ、わかるのだが。

しかし、絵師が死んでは、別の食い詰め絵師を雇い、
自分の絵を描きたい、と抜けると、
直ちに暗殺させ、皆、春画板元のせいにしておき、
又、別の絵師を雇う・・・では、
すぐに江戸中、版元の不吉な噂が、広まってしまうのではないか?

絵師の補充として、入り込み、裏仕事をこなす涼次に、
かつての蘭学者仕留人・貢を、ちと思い出した。

今回は、主水・お春・涼次の出番が、多かった。
その一方で、筋にからまない、
からくり屋の出番が、極度に少なかった・・・。

今週も出なかった、女忍者・如月は、
次回予告によれば、再登場の予定。
もう2週、待つべし。


以上。
スポンサーサイト
  1. 2009/01/23(金) 22:45:54|
  2. 時代劇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<商人VS武士VS左近、緊迫仕事人 | ホーム | <携帯でご覧の皆様へ、おしらせ>>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aworker.blog15.fc2.com/tb.php/774-d58ba105
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アWorker

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。