シネマ旅の途上にて

自主映画ウォッチャー、アWorkerのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ビーグル警部は、もう二度と

閑話休題。


ポレポレ東中野で本日までレイトショーをやっている作品。
いまおかしんじ監督「かえるのうた」は・・・
毎度おなじみ新東宝・国映ピンク路線そのままで。わりと正統派の話。

都会の片隅、下北沢。マンガ喫茶で出合った女2人の奇妙な友人関係、コンビ結成、ささやかな夢、喧嘩と別れ、再会などを<四畳半>的世界の中に描く。
じつに生活くさい話ながらじんわり、泣ける。
片や援交で生活してる孤独な女漫画家、片や子供みたいに駄々っ子してる同棲中、縫製バイトの女。
この2人のやりとり、喧嘩等を長回しする各シーンが見せ所。
対照的な2人をカエルグッズがつなぎ、包み込む。3P、色事、シビアさの間にユーモラスな空気を軽くブレンド。肩がこらない。
しかしまあ、もう二度としない、と言いながら年中浮気してるあんな男とズルズル続いてて。よく懲りないもんだ、あのヒロイン。
その相手が下妻物語?風なのが笑える。長いパン持って戦うシーンも。
ラストが今時、洋画系でもあまりやらない?ファンタジーなオチで、見事に<自然に>締めてみせた。愉快爽快。
置いて行かれるは男ばかりなり・・・?


以上。

スポンサーサイト
  1. 2006/01/27(金) 00:23:32|
  2. 劇場用映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ビーグル警部、最後の日 | ホーム | ビーグル警部よ、安らかに>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aworker.blog15.fc2.com/tb.php/77-6c093e7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アWorker

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。