シネマ旅の途上にて

自主映画ウォッチャー、アWorkerのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

政、エアーフライトする

政の、日記。


年末の片付け、年賀状。
そしてこの、ブログ記述・・・?
暮れは、何かと用事が多くて、
どうも、気ぜわしくなる・・・。

いったい、いつになったら、
観たい映画を、観れるんだ・・・?!

と、そんな中、
土曜の午後が、空いたので、
ようやく、公開中の劇映画に、ありついたのだった。
そして、日比谷のシャンテシネ3に、小生めは居た・・・。

「ハッピーフライト」!

これだけはどうしても、
年内にスクリーンで、観ておきたかった。

田辺誠一&時任三郎の、というよりも、
綾瀬はるかの、というよりも、
<PFF観客>育ちの小生にとっては、何よりもまず、
矢口史靖監督の!「ハッピーフライト」、なのである。

しかも、雑誌の予告によれば、
この日は上映後に、監督トーク付き、という。

新宿ロフトプラスワンでの、
サックス演奏付き「スウィングガールズ」トーク以来、
随分長いこと、監督の生トークを聞いていないので、
もし入場可能ならば、見逃す手は、ない。

幸いにして、前売り券で、席が取れた。

ロビーにあった、黄色いチラシで、
今回の企画が、
<矢口監督映画講座>シリーズの一環であり、
この日のゲストが、映画音楽を担当した、
ミッキー吉野氏(!)、と知って、又、びっくり。

あの、ザ・ゴールデン・カップスにして、
<モンキーマジック>ゴダイゴの、ミッキー吉野氏。
何て、ラッキーなんだ・・・!と、上映前から、内心、わくわく。

場内、5分前にはほぼ、満席に近くなった。
カップルや女性客も多いが、
主婦・ファミリー層も、結構多い。
おそらく、口コミ評判が、いいのだろう。

既に、都内では正月初めまでの、
一部劇場でのムーブオーバー続映が、決まっている模様。
ここの上映は、そのムーブオーバー初日なのだ。


映画の仕上がりは、なかなか良好だ。
何よりも、画面が明るいのが、いい。

最初は、専門用語等が、
若干、とっつきにくいのが、気にはなったが。

プロ職業の厳しさを伺わせて、ちょい泣かせながらも、
あくまでも基本は、ドタバタ・タッチの、ハラハラ含み。
地上と機内の、同時進行、
軽快で、明るく楽しい、
<グランド・ホテル>式のエンタメ映画に、仕上がっていた。

世間の空気が、ぱっとしない昨今に、
この明るさ、軽快さは、あっぱれ、であろう。
「有頂天ホテル」に乗れた人ならば、
この映画も十分、イケるのではないか。

場内のお客さん達、特にお子様の反応がダイレクトで、
とても良かったのが、うれしい。
おかげで、ユーモア・シーンで2倍、笑わせてもらった。

「これはTVドラマの、世界じゃないのか?」とか、
「もっと大人っぽく、できないのか?」との前評判も、
一部で、聞いてはいたのだが。
そのTVで、かつてやっていた<大映ドラマ>で、
パッションの高い、航空機ものを観て、
いちいち、そんな事で水をさす者が、どれだけいただろうか?

(竹内義和氏じゃ、ないんだからさ・・・の声)
(故・増村保造監督だって、きっと、観てくれると思うぜ・・・?の声)

大人の、プロ職種ならではの、
いかにもありそうな?エピソードで、いっぱいだし。
時任三郎の機長や、寺島しのぶのCAリーダーが、
状況変化にも余裕を持って、<大人らしく>対応してゆく様に、
感銘しなかったのだろうか?

それらと同時に、地上や機内の、CA達のコミカルな動きや、
スタッフ達の、余裕?を含んだ言動の可笑しさに、
感銘しなかっただろうか?

子どもも楽しめる、大人の映画、ということで、
まずは、よろしいのではないか。
あまり肩肘張らずに、
ひとつの<職業テーマパーク>映画として、観ればいいのだ。

なお、眼鏡の整備士役が、劇中で、
なんとなく、矢口監督と重なって?見えたのは、
小生だけ・・・だろうか?

(そうかもよ・・・の声)

上映終了、拍手起こる。

明かりが付くと、スタッフが、
ローランドの黒いキーボードを、セット。
ブーツを履いた、女性プロデューサー(注1)の司会により、
ミッキー&矢口監督トーク。
「打ち合わせの時間が、短かったので、アドリブでいきます・・・」
とのたまう監督に、場内一同、笑う。

そのトークによると、この映画の音楽は、
ミッキー宅に監督が通いつめ、
各場面の心情・風景を、具体的に説明しながら、
その場面に合った曲を、注文。

「最初に格納庫から、ジェットが出てくるときの感じ」、
「ヒロインが、一人泣くときの哀しみ」、
「地上スタッフが異変に気づき、緊張感が走るとき」という具合に。

その一部を、ミッキー氏が説明しながら、
キーボードで、弾いてみせていた。

矢口監督は、これまでの青春ものより、
やや重厚なイメージの音楽を、要望していた様子。
ミッキー氏が、まず曲を作り、
矢口監督が「いいんだけど、違うんです・・・」とやっては、
両者の間で直接、イメージを細かくやりとりしながら、
作っていった、という。

各部分の尺数に合わせて、デモテープ送りでやりとりする、
他の映画監督からの注文とは、
違うやり方で、面白かった、とミッキー氏は語っていた。

矢口監督は現場でも、衣装担当やメイク係に、
出演者達の衣装や、ほくろの位置などまで、
かなり細かく、指示していたそうだ。
それほど、イメージ作りに手間暇を、かけていたのだ。

なかなか面白い、映画講座だった。
昭和版「西遊記」ファンでもある、小生には、
これは嬉しい、クリスマス・プレゼントだった。

ロビーで土産に、サントラCDを、買った。
今回は、御祝儀、という気持ちで。


以上。
(注1)勿論、サントラCD等のPRも、しっかり行なっていた。
スポンサーサイト
  1. 2008/12/21(日) 14:04:24|
  2. 劇場用映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<秀、男のバックに人生を見る | ホーム | 梅安、ラストショーを看取る>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aworker.blog15.fc2.com/tb.php/745-9d35a597
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アWorker

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。