シネマ旅の途上にて

自主映画ウォッチャー、アWorkerのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

主水、ブックバイヤーする

主水日記。


今日、おそらく夜8時頃で、
中学以来、文庫本や雑誌を選んで買っていた、
チェーン系書店が、撤退、閉店する・・・。



地元でも有数の、品揃えが豊富な書店。
交通の便も良い立地で、大変重宝していた。

受験後、初の遠距離通学で、
小学校の友人たちとも、別れ別れにされて、
内心、孤独をかこっていた、あの中学時代、
小遣いも少なく、
買える本や雑誌は、きわめて限られていた。

しかし、立ち読みは結構連日、していた。

世はSF小説ブームの、余韻を引きずり、
角川映画と文庫の、メディアミックス・ブームも、ほぼ同時進行。

学校帰りに、あるいは塾通いをしながら、
買う本を慎重に、選ぶ日々。
図書館に無い、本や雑誌を、あさる日々。
この状況が、以後、高校時代まで、続く。

「男組」「ダメおやじ」「レッツラ・ゴン」の載っていた、「少年サンデー」。
「ゲームセンターあらし」や「とどろけ!一番」が載っていた頃の、
「コロコロ・コミック」。
あるいは、「テレビランド」。
新潮文庫の、星進一著「ボッコちゃん」、
角川文庫の、森村誠一著「人間の証明」、
筒井康隆、かんべむさし等のハチャメチャSF・・・、

などなどを手にとって、
一部を買い始めたのが、運のつき、だった。

(塾帰りには、都内の中規模書店で、
朝日ソノラマ版「火の鳥」、
ひおあきら版「宇宙戦艦ヤマト」などに、初めて触れた・・・。)


あれから、30余年。

かなり頑張ってきた、地元駅前の書店だが。
ネット社会への移行、広告料の減少、
おりからの不況など、
世の中の変化には、勝てなかったようだ・・・。

さっき、いきつけのあの書店で、
最後の買い物を、してきた。

文房具売り場の棚は、大半が半額セールで、
既に、ガラガラだった。
文庫本から、推理小説短編集、
雑誌コーナーから、昭和年代の記録誌などを取り、
レジへ、向かった。

約10年程前、ここの周辺にあった、
文庫本の豊富な、別の新興店が、
いきなり撤退を決めた頃にも、
やはり、同じことを、していた・・・。
書店の浮沈競争は、ずっと昔から、存外激しいのだ。

とはいえ、
長きにわたり、慣れ親しんだ場所が消えるのは、
どうしても、一抹の寂しさを、感じざるをえないのだった・・・。

後日、まったく別なチェーン店が、入るとはいえ、
近所には他にも、新旧の書店が、2件ある。
新しく入る、店舗の発展も、
決して、楽な事では、ないだろう・・・・・。


こうして、街は、変わってゆく。
そして人は、置き去りにされてゆく・・・のだろうか?


以上。
スポンサーサイト
  1. 2008/12/18(木) 21:38:10|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<梅安、ラストショーを看取る | ホーム | 主水と秀、バトラーする>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aworker.blog15.fc2.com/tb.php/743-ac27ae3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アWorker

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。