シネマ旅の途上にて

自主映画ウォッチャー、アWorkerのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スケバルマン0X・MARKⅡ(1)「あっけらかんとサバイバル!」

探偵、つづる。


あれから一時は、「また、休載のおしらせに、かな・・・・」
とも、思いかけたが、
思い直して、又、少し書くことにした。

で、新宿へ出て、真っ先に観たのが、
なぜか、たまたま券の残っていた・・・・・
古厩智之監督の、「ホームレス中学生」、だった。

(「が」、の入ってない方ね!の声)

土曜の夕方、シネコンの入りは、
老若男女、40名位。


恐怖の刑事ドラマ・「シバトラ」(CX系)で、
山林に埋められかけた、主演・小池徹平。

それが、あの、中学生役に・・・?
年齢的に、大丈夫か?と心配だったが。
相棒君の鬼太郎役(!)よりは、
まあ、ずっと自然な、中学生に見えた。

笑い系では、ちょっとすべってて弱いんだが、
兄妹思いゆえの、固すぎる男の子のプライドや、
生きることの面倒くささに悩み、もやもや気分を抱えながら、
彼なりに消化し、生活してゆく姿がいじましく、
その部分では、まずまずいい線で、演じている。

公園のシーン、野宿生活というか、
サバイバル・キャンプに近い。
真夏だから、まだあれで済んでるが、
もし真冬だったら、つらかろう・・・。

主役は、それなりに捨て身、なのだが。
Tシャツが、あまり汚れていなかったり、
体臭が、まるで画面に感じられなかったりと、
意外にあっさり味の描き方で、
リアリティの上では、ひっかかる点もあった。

とはいえ、こういう貧乏話は、
あんまり汚くしすぎると、かえって引くから、
あれ位の描写が、ちょうどいいのだろう。
監督、心得たものである。

大阪もん映画に欠かせない、おとん・おかん達の、
意外にかわゆい?存在感も、好感がもてる。
小生なら多分まず、カンカンに怒るけどね、あの親父は・・・!

子役達の、やんちゃらしいうごめきぶりも、ちょっと楽しいが。
後半から出番の増える、池脇千鶴のシーンは、概ね、面白い。
ご飯を噛むシーンとか、バイクでニヤリ、とか。
周囲との打ち合わせが良いのだろうが、
さすが、「ほんまもん」の女優だ。
(そこが言いたかったな!の声)

割りにのんびりな進行の映画で、
大笑い、大泣き、という程でもなかったが、
普通に、まあ、いい話だな、という感じで観れた。


以後の報告は、後刻。

以上。









沖縄ロケが、混じってたのね・・・わからんかった・・・!


なお、この土曜(15日)には、
新宿駅付近で、橋げたの架け替え工事があるため、
中央線快速が、各駅停車になり、
埼京線の、新宿直通が、ストップされていた。
山手線と、総武・中央線各駅の線路が、
使用可能がゆえの、ウルトラ技だ。
スポンサーサイト
  1. 2008/11/16(日) 09:27:30|
  2. 劇場用映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<スケバルマン0X・MARKII(2)「千葉県全域、制覇せよ!?」 | ホーム | スケバルマン0X・12「映画魂は永遠に・・・!」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aworker.blog15.fc2.com/tb.php/716-6d919694
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アWorker

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。