シネマ旅の途上にて

自主映画ウォッチャー、アWorkerのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

探偵、旅情を募らせる

新・はみだしシネマぼやき旅、その弐。


旅人、覚書。



10月12日、日曜。
3連休の、真ん中。

きょうは、地元でも、秋祭り。
小さな御神輿が、
ピンクのはっぴの、商店街集団とともに、駅前を練り歩いている。

眺めながら、ふと、東京近辺を、離れてみたくなった。
千葉県内の、他のところの祭りは、どうなってるんだろう・・・?と。


かくて、昼下がりより、
JR快速に、乗る。

千葉経由、成田乗り換え、
成田線でのんびりと、佐原駅へ。
成田以遠は、SUICAもPASMOも使えないので、
切符か、清算になる。

そう、今日は<佐原の大祭>のメインイベント、
山車行列の日なのだ。
以前から、JRのチラシを見ていたのだ。
一度、行って見たいと思っていた。


佐原駅に着いた頃には、15時半過ぎだった。
既に駅前は、祭り目当ての観光客や、地元の老若男女で、にぎわっていた。

暖簾のかかった駅から出て、何度か角を曲がり、
人混みをかき分け、商店街を歩く。

やがて、人だかりに気づき、人々の目線の先を、眺めてみると・・・
向こうから、武者人形の乗った山車が、やってきた。

お囃子を載せて、電線の下をかいくぐり、どんどん近づいてくる、山車。
人形の横には名札が・・・「大楠公」。楠木正成だ。
角を曲がるとき、アスファルトに、振動が伝わってくる。
後には、円形の、車輪の跡が残る。

丁稚小僧のような姿の、子供達が、
山車を写メールで、嬉しそうに撮っている。
昭和と平成の入り混じった、ちょい不思議な光景。

暗くなってからも、
川越市内にも似た、蔵の多い川岸周辺では、人通りが絶えない。
さすがに和風の良き風情、
水郷の小江戸、というだけのことはある。
伊能忠敬記念館も、ちょっとだけ入って、測量地図等を観てきた。
(このような景色のもとで、
シネマ愚連隊の「痛快エロ坊主」も、撮影されたのだろうな・・・の声)

街中、あちらこちらで、浦島太郎や義経、
ヤマトタケルや平安貴族?らしき人形の載った山車が、
祭り姿の若い男女衆や、子供達に引っ張られて、
後ろからは押されて、
ゆっくりと、しかし力強く、進んでいた。

駅で置いていた案内によれば、
神社の鏡の乗った1台(あった!)を含めて、
十四台の山車が、練り歩いているはずなのだが、
歩き回って直接、確認できたのは、九台だった。
後の五台は、どの辺にいたのだろう?

近くの郷土資料館は、移転前の元銀行。
金庫室跡まで、展示室に使用しているのが、面白い。
商店街の、大理石?の元銀行支店も、今は、そば屋。

江戸・明治風の街並みを、ヨーロッパの街並み同様、
観光もあって、可能な限り保存・保持しようとしている、佐原。
なかなかに、見所の多い訪問となった。


帰り道に、JR佐倉で下車。
ここの秋祭りにも、ちょっとだけ、寄ってみた。

がら~んとした、通行止めになった、
ゆるやかな夜の坂道を、ゆっくりと上る。
徐々に、提灯と人通りが増えてゆき、ようやく昇りきると、
旧佐倉市街は、既に、子供神輿と、
大人の引っ張る、複数の山車とで、大渋滞になっていた。
ここだけ、別世界のようだった・・・。

どうにか、京成線側への下り坂へ出ると、
こちらにも、正面から大きな山車が、せまり来る。
胴体の腰が、ぐるっと回せる仕組みのあるのが、特徴。
お辞儀をするように、道の両側の各商店に上半身ごと向いて、
丁寧に、お神楽を鳴らして見せていた。

なぜか、近辺の知人には、誰一人会わぬまま、
京成線の急行で、佐倉を後にしたのだった・・・。



以上。
スポンサーサイト
  1. 2008/10/13(月) 16:22:14|
  2. 小旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<探偵、タブガイを悼む | ホーム | 探偵、道を往く>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aworker.blog15.fc2.com/tb.php/689-7f45c99d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アWorker

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。