シネマ旅の途上にて

自主映画ウォッチャー、アWorkerのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

<さらば名人・・・>

秀の、日記。


台風接近で、またしても、
大雨降りの日々が、続く。
道路交通も乱れっぱなしだわ、予定は狂うわで。
もう、やってられない・・・。


さて、秋の話題作映画が、続々と、発表される中。
突如、<市川準監督、急逝>のニュ-スが・・・。

<禁煙パイポ>CMの次に、すぐに浮かんだのは、
「東京兄妹」と、「東京夜曲」。
小津安二郎的雰囲気の映画を、
現代劇であっさりと、実現して見せた人。

シビアで屈折した、「BU・SU」「つぐみ」「会社物語」の線は、
正直、あまり、好きじゃなかった・・・。
主役達に、ほとんど、共感できなかったせいだろう。

「ノーライフキング」、なぜか観ていない。
「たどんとちくわ」「東京マリーゴールド」は、
主役達のキレッぷりが、まあまあ面白い、位かな・・・。

「病院で死ぬということ」と「仰げば尊し」は・・・重い。
人の死を看取る役割を、見せられる話は、やっぱり重い。

テアトル新宿で観た「大阪物語」は、
他のこてこて風な、大阪ロケ映画(「ビリケン」とか?)に比べると、
何だか、味わいがツルツルで、薄いな・・・と。
屋内部分の暗い撮り方には、クールな味わいもあるのだが、
ミヤコ蝶々が、声はすれども、姿は見えずで、もどかしかった。

シネマ下北沢公開の「ざわざわ下北沢」は、未見。
あのシネマが開いてる内に、観とけばよかったな・・・。

画面はやはり暗めだが、
どこかユーモラスな「トキワ荘の青春」や、
男心をしんみりさせる「トニー滝谷」位の、
抒情詩風な市川準映画が、
今の小生には、丁度良い気がする。


合掌。


ああ、又、降ってきやがった。
明日も一日、雨だろうな・・・。


以上。
スポンサーサイト
  1. 2008/09/19(金) 20:06:53|
  2. 劇場用映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<<キッパリ!!超ウルトラ・みこんスケバルマン8姉妹SP> | ホーム | <何処へ・・・>>>

コメント

速報、です

21日、午前7時半少し前、
千葉県北西部に、グラグラと、きました。
最大、震度3。
こちらでは、2でした。
日曜の朝から、ちょっと驚かされた・・・。
  1. 2008/09/21(日) 07:31:31 |
  2. URL |
  3. アWorker. #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aworker.blog15.fc2.com/tb.php/668-1b9310d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アWorker

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。