シネマ旅の途上にて

自主映画ウォッチャー、アWorkerのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

<・・・紅と黒の男女>

竜の、日記。


13日、土曜。
半日仕事当番、そして連休。

午後は、いい天気。
新宿周辺を、ゆっくり散策の後、
またも懲りずに?夕方は、
高田馬場、BABACHOPシアターへ。

「魂のアソコ」「天才馬鹿」の、さそり監督の新作、
「スコーピオン&スネーク」。

上映前に、旧スレでもおなじみ?
<舵芽衣子>ライブショー&ゲストトーク付き。
連休中3日間、連日のお披露目会、
初日の3回目、18時の回を、訪問。
当日、2000円。

入り口で待っていると、16時の回のお客さん達が、出てきた。
男女とも、協力のライブユニット、<アーバンギャルド>のファン層が、目立つ。
ゴスロリ風衣装女性達の、姿もあった。
並んでいると、18時の回は、10人程の入りに、なった。

例によって、新・女囚さそり?姿で、
オネエ言葉で監督が、本業?の歌を披露。
トークでは、前作「天才馬鹿」(タイムリー、かも・・・)にも出演の、
<アーバンギャルド>のM氏が登場。

ガール・ポップ調な、水玉模様のPV?を観たり、
映画撮影の近況等から、
最近の日本、どこもかしこもクレージーで、
かなり、やばいかも?という話にまで、及ぶ。

こうしたアーティスト的生活とは、
ある種、そういうクレージーな物事や、
自らや世間が、心理的に病んでいる状況などに、
とても敏感な人々が、芯の部分を、かなり形成しているようだ・・・
と察しつつ、やや複雑なる思いをも、めぐらせる。

今回の映画も、まさにそうした、
ぎりぎりの線での何かを、素朴さを残しつつ、
寓話的な絵にしたような、世界だった・・・。

出だしこそ、可愛い美少女2人(一人は殺し屋!)が、主役?
と、一時は思われたが、
女流漫画家と彼氏、女性アシスタント達の話に移るや・・・

・・・あれあれ、いつの間にか、
途中から登場して、放浪する津田寛治氏に、
実質的主役が、代わっている。

今や怪談短編御用?の、宮田愛理嬢が、ここでも、
<ごじゃる言葉>のマイペ-スなアシスタント役で登場、
目立つ、こわーい怪演を、披露。
マジ、ビビる。
(どこまでゆくんだ、この人は・・・?の声)

SMさながらの、黒レザー・ボス女優といい、
ヌード・モデルになる、色っぽい女といい、
劇中は、結構きっつい、女性側の行動だらけ。
ゲイバーお姉さん?のほうが、まだしも、男に優しい様子で。
嫉妬とは、げに恐しきもの、なり・・・。

後はほとんど、<赤い芸術>噴出画家と化した津田氏と、
さまざまなゲスト・キャラ達が、いかに絡み、
ケンカやカラテや、ホモも女装もオネエも含めた、
コスプレ・ショーを展開するか、という芝居の連続で、
流浪の人をずっ~と追う、内容になってゆく。

乱入、アクション・シーンなどは、
一部で、ちょい笑いが起きた。
そうしたコミカル部分のためか、
ラスト近辺が、やや甘くなったきらいも、あるのだが・・・。
筋と主役は、前作に比して、移入しやすくなっていた。

ATG系も一部混じった、カラフルなアート・絵画シネマとして観れば、
結構、楽しめるだろう。



以上。





スポンサーサイト
  1. 2008/09/14(日) 01:00:44|
  2. インディーズムービー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<<何処へ・・・> | ホーム | <ロックだぜ・・・>>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aworker.blog15.fc2.com/tb.php/666-9fe0ec2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アWorker

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。