シネマ旅の途上にて

自主映画ウォッチャー、アWorkerのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

<キバッとスケバルマン!秋のワイドSP>

ゼルディアの、宇宙監視基地。


ゼルディア「やっと観ましたよ、劇場版の、<ゴーオンジャー>&<仮面ライダーキバ>を!」
スケバルマン・ガルス「で、正直・・・どうなんすか?出来は・・・?」
スケバルマンA「いやあ~、いい話だったぜ~!2本ともナ」

ゲル「まずは、ゴーオンジャーから、いこうか」
スケ「<赤影>的チャンバラ活劇、プラス、巨大合体ロボ、ですね~」
ゼル「サムライワールド、って異次元ものになってるから、
忍術でドロンとか、車メカの人間体とか、何でもありですね~」
ゲル「チャンバラ入門篇としては、まずまず、かな・・・」
スケ「謎の男女剣士3人が、555(ファイズ)や過去戦隊で、
見た事のあるメンバーなのが、うれしいよね~」

ゲル「ただな、悪女姫が、なあ・・・
なんか、スケール、小さく見えないか?」
ゼル「情に流されない、クールで一見、達観した姫、
っていうのは、わかるんですけどね」
スケ「まだ、照れがあるのかな・・・?」
ゲル「<ゼアス2>のあの悪女役くらいの、感じだな~。もったいないよ」
ゼル「変身するときの眼光とか、牙出して吼えるとか、
もっと工夫して、恐く見せたほうが、って気もしますよね」
ゲル「でも、早めに舵切って、挑戦したのは、エライよな~。
これからもどしどし、やんなさい!」


ゲルゲーゲル「<ライダーキバ>のほうは、
例年と比べると、印象がやや地味なんだだけど、まあまあかな・・・」
ゼル「でも、親子共演!メインのドラマは、いいんじゃないですか?」
スケ「父と息子、母と娘で、22年の時を越えて、
夢の共同戦線!かっくいい~!」

ゲル「でもさ、タイム・トリップが、割とスイスイといってて、
現代では周囲にも、随分あっさりと、
すぐ認知されちゃってるのが、
ちょい、ひっかかるんだけどな・・・?」
ゼル「皆、ああ、そうなの?って感じで・・・
納得するのが、妙に早いんですよねえ」
スケ「いいんだよ、そんな細かいことは!
そういうドラマなんだからさ、<キバ>は・・・」
テンポは快調だし、あれで、いいんじゃない?」

ゲル「だって、すっとばしすぎだろ~?
いきなり、刑務所行きになる所とか。
裁判も何も無くさ、早いよ・・・。留置所なら、わかるけど」
ゼル「でも、あれやらないと、
慰問のエピソードが、つながらないんですよね」
「留置所じゃ、慰問はやらないだろうからな・・・」
スケ「あれは、泣かせるよな~。
お父さんが天才バイオリニストだから、可能な話でさ・・・」
ガルス「へえ~、まさしく、天才バカボンの親父さん、ですね~」
スケ「ぎゃはは!案外、近かったりしてな~!」
ゲル「てゆうか、<うる星やつら>の諸星あたるが、一番、近いかもな・・・?」

スケ「つーかさ、ほとんど今回の主役、
あのナンパな、お父さんだろ~!」
ゼル「全篇、出ずっぱりで、
いい所、さらいまくってますよね~!」
ゲル「息子のキバに、あんな変装させないって、普通な・・・」
スケ「ありゃもう、バカボンのパパと、いい勝負だよ~!
お父さん、目立ちまくり・・・」
ゲル「仮面ライダーキバ・オトンの館!だったよねえ」
ガルス「やっぱり、そうなりましたか~!」

スケ「親子で、スローモーションの疾走シーンなんか、最高だったよ~!」
ゲル「あそこは音楽の重ね方が、マッチしてて、良かったですね」
スケ「あれのシーンに、天才バカボンのテーマソング重ねたら、
多分、相当、笑えるな~」
ゲル「よせよ~!」

ガルス「で、TVシリーズのほうは、今どうなってるんすか?」
スケ「ゴーオンンジャーの7人は、例のごとく・・・
世界の環境汚染を目指す、ガイアーク達の怪人達と、戦闘中さ」
ガルス「害悪・・・わかりやすい、名前っすね~」
スケ「ま、例によって、毎回ドタバタ、やってま~す!」
ゲル「肩が、凝らないよな・・・」


スケ「で、ちょいややこしい、状況なのが、<ライダーキバ>でさ・・・」
ゲル「まあ、状況的には、<555>や<カブト>に、
大分、似てきたけどね」
ガルス「・・・と、いうと?」

ゼル「時間経過の、流れとしては、やっと今、
劇場版の前あたりまで、来てるんですよね・・・」
スケ「前回でやっと、2代目ライダー・イクサこと名護さんが、
ワタル君の正体、知ったところなんだ!」

ガルス「あ、じゃ、つい最近まで・・・
にぶいっすね~!名護さんも」
スケ「で、また、納得が早いの。
こいつなら、力を悪用はしないだろう、ってね」
ガルス「あ、よかったですね~。バトルにならなくて」
ゲル「そこまでは、さんざんやってるけどな・・・」

ゼル「ちょっと前だけど、TVでは、名護さんだけ、狼男さんの助けで、
22年前の過去へ、タイム・トラベルしてますね」
ゲル「ある事件がらみの、元画家が、
ファンガイア退治の<青空の会>のレギュラー達を妨害して、
警察に裏で手回しして、次々に、逮捕させちゃんだよな・・・」

スケ「で、名護さんも追われてるところを、狼男さんに助けられて、
タイム・トンネルを見せられて、さあ、やるか?ってね・・・!」
ガルス「あ、もしや22年前へ、その画家をめぐる<歴史>を、
修正しに、行ったんですね?<ドラえもん>みたいに」
ゼル「はい、ご名答!です」
ゲル「しかし、よくまあ、即断即決で、
タイム・トンネルに突入したもんだよな・・・
普通、すぐには、信じないだろ~よ」

スケ「そこで、バカボンのパパにも、会ってるんだよね~!」
ゲル「ワタルのパパ、だろ~が!もう・・・」
ゼル「パパと過去ヒロイン、同居を決めた所へ、
ちょうど、着いたんですよね。名護さん」
スケ「ナンパ・アーチストと、生真面目クンの、
イクサ・コンビ結成か?で、ちょい笑えたナ~」

ゲル「トラベル時間が切れると、
自動的に、元の時代に戻るのは、便利だよな」
ゼル「あの怪物城のタイマーって、
法則、どうなってるんでしょうね?興味津々です」

ゼル「最近では、現代のワタル君ン家で、名護さんとワタル君が、
2人でお風呂に入って、お悩み相談めいた会話も、やってましたね」
ガルス「裸のお付き合い、っすか~!男同士っすね~!」
スケ「あれって一体、何のサービス・カットなんだろうな・・・?」

ゼル「でも、名護さんの押しかけ弟子だった、
ロッカー青年クンが、右腕に大怪我で。
バトルは戦線離脱、ギターも弾けなくなっちゃったんですね・・・」
ガルス「え~、悲惨っすね~」
ゼル「どしゃぶりの、雨に打たれて、泣いてました・・・」
スケ「心配だよな、あいつ・・・後半、やけ起こして、
ホッパーライダーにならないか・・・」
ゲル「ならねーよ!元ザビー達じゃないんだから・・・
お前、どしゃ降り見るたびに、あれが浮かぶんだな?」

ゼル「それと心配事は、例の中途参加ガール、ですね・・・」
スケ「自称・母親代わりっ子と、ワタル君めぐって、
一時は、恋のバトルか?!って所まで、来てたよね」
ゲル「やばかったよ、あの保護者っ子・・・妄想で、悪魔っ子姿になってたりさ」
ガルス「ま、まさか・・・デビルマンレディー、みたいなの?」
スケ「いや、もっと・・・コントみたいなのだった、吹いたよ~」

ゼル「けど、割とすぐ反省して、2人をデートに行かせてました。新宿末広亭へ・・・」
ガルス「落語デートっすか!それ、何か楽しそうっすね」
ゲル「途中でいつもの、キバット呼び出しで、おじゃんになったけどね・・・」
ガルス「あらら・・・オチないじゃないスか・・・落語が」

ゼル「それだけじゃなくて、あの中途っ子さんは・・・
ニュー・クイーンなんです。あのファンガイアの・・・」
ゲル「人間と交わる裏切り者を、処刑する、
<クイーン>の、後継者・・・なんだよね」
ガルス「え!?じゃ、いずれは彼女、
キバとも、ぶつかるってことですか?」
ゲル「(うなずく)」
スケ「ありうる、よな・・・」

ゼル「しかも、これまでの流れによれば、そのキバこそが・・・
女処刑人ファンガイアの子、っていう、可能性が・・・出てきました」
ゲル「父親は人間のナンパお父さんだが、
母方は・・・って可能性が、な」

ゼル「一方、レギュラー・ヒロインズの母子関係は、
<高い高~い!>回想シーンで、明らかになってきましたけれど、
父方が、まだよくは・・・」
ゼル「親子2代で、愉快犯ファンガイアのルークを、
封印でやっつけてるのも、因縁ですよねえ・・」
スケ「あそこは、泣けるよなあ・・・」

ゼル「さて、そこへ更に、もう一つ。
ラッキークローバーめいてきた、ファンガイア・グループ内では、
クイーンとは別に、<キング>なるリーダーの現世降臨を、
待っているフシがあります」
ゲル「ということは、もしや、それは・・・?ってな」

ガルス「そ、そんな、じゃ、まさか・・・!
それじゃ、555やカブトみたいな展開も・・・ありうる、と・・・」
ゲル「やっと、わかったか・・・そういうことなんだよ」

ガルス「す、すると・・・た、大変だ!もしかして・・・
まさかあの、ナンパな、バカボンパパが・・・原因で・・・?」
スケ「ん?何、想像してるんだ、お前・・・?」
ゲル「いい加減、バカボンから離れろよ!」
ガルス「まさか、前のクイーン含めた、あの4人で・・・・?
いや、5人?6人、いや、7人で・・・?
そ、そんなァ、いやあ~っ!!!上様ァ!!!」
ゲル「お前な!何の大河ドラマ観てるんだ!?」

スケ「もしかして、キバ・ファミリーって、
とんでもない、天才一家だ・・・?」
ガルス「だから・・・これで、いいのだ・・・?!」
ゲル「よくねえよ!こんなおそ松くんな締めで!」
ゼル「え~、では、次回をお楽しみに・・・・!(手を振る)」
スケ「(ニヤニヤ)やるのォ?次回も」
ゲル「知るかァ~ッ!!」


つづく・・・?
スポンサーサイト
  1. 2008/09/07(日) 08:49:53|
  2. 特撮
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<<・・・凸凹> | ホーム | <蝉時雨・・・>>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aworker.blog15.fc2.com/tb.php/663-50a553b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アWorker

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。