シネマ旅の途上にて

自主映画ウォッチャー、アWorkerのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夏・休業物語

主水日記。



「この稼業が、少し、嫌になりました・・・」
「旅に、出ます・・・」

今日のチバテレ、
仕事人・2代目元締、おとわの、台詞。


前の週に、旅先の初代元締の依頼で、
日光近辺で猛威を振るう、ワル役人達を、
出張仕事で、見事に成敗した、おとわ組一同。

またも、自分だけで勝手に始末に向かい、
左門に撲られていた、秀であった・・・。
(若かったんだねえ、あの頃・・・の声)

そして、今週。

大金がらみの悪事で、商人の子供の死人を出した、
「狐の嫁入り」一味の一人に、
男の子の仇討ちを、世話していた女中から頼まれた、
主水・左門・秀・半吉・おとわの一同。

最近、出番が少なかった、
半吉の恋人、大柄ぽっちゃり娘の、おふくも登場。

秀と半吉の調べにより、犯人一味と、
逃亡解散の予定が、割り出される。
が、主犯の一人である、売れっ子の女舞台役者には、
腕に目立つ印がある、と判明する。

それはかつて、幼少時、
長旅巡業の果てに、
おとわと生き別れた、妹同然の女だった・・・。
何という、めぐり合わせ・・・。

涙を隠して、女を始末する、おとわ。

梅安が、悪に染まった実の妹を、
自ら、消したときのように・・・ひっそりと。


そして、おとわは、旅立った。
主水達に、後を託して・・・。
哀。


以上。



付記: 8/27(水)付


さて、おとわさんじゃありませんが。

小生も3年間、ブログ書きに力を入れてまいりましたが、
少しばかり、体力・気力的に、
疲れが、出てきましたようです・・・。

ちょっと、考えたい事も、あるもので。
9月中は、しばらくの間、
ここの更新を、休もうか?と考えております。
あくまでも、これは、ほんの一時、の予定ですが。


とりあえず、今月末までの分については、
いつも通りに、更新の予定ですので。


では、又。
スポンサーサイト
  1. 2008/08/27(水) 19:58:18|
  2. 時代劇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夏・目覚め物語 | ホーム | 夏・無念物語>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aworker.blog15.fc2.com/tb.php/654-7fb489f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アWorker

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。