シネマ旅の途上にて

自主映画ウォッチャー、アWorkerのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夏・青春物語

左門の、日記。


2日間、どしゃ降りの、雷雨。
ようやく水曜から明けたら、
やはりというか、連日、
うだるように、蒸し暑い。
夏は、なるべく涼しく、静かに過ごせる様に、したい・・・。


さて、チバテレの時代劇枠が、飛び飛びながら、帰ってきた。
当然、水曜は、前半期の「仕事人」。

今週の主役は、若かりし日の、秀。
必殺版・青春悲恋物語。
筋こそ、ほぼ、いつものパタ-ンながら、
普段の比較的クールな仕置シーンよりも、
かなりエキサイトしていて、
周囲を、はらはらさせる程。

お加代、という名の町娘。
(何でも屋の、ではない、まるで別の人。)
彼女に惚れられていて、「私と所帯を・・・」とまで言われるが、
秀は、煮え切らない態度。
なぜなら、彼は今・・・仕事人。

町娘との、穏やかな対話中にも、
ついこの前、裏仕事で始末した、
守銭奴の花魁を、思い浮かべてしまう、秀。
そう簡単に「おうよ!」とは、踏み切れないのだ。

そんな時、彼女が行方不明になり、
商人の息子と駆け落ちした、という噂が流れる。
そしてその息子は、水死体になって上がり、
心中の片割れとして、扱われる。
実はそれは、人身売買で海外と密貿易をする、
人さらい一味による、偽装だった・・・。

一連の事件を独断で追って、熱くなり、焦る秀に、
元締・おとわが、釘を刺す。
「仕事人が、所帯持っちゃ、いけないよ・・・」

当然、主水や左門は家族持ちじゃないか!と、食ってかかる秀。
彼らは自分を律する事が出来るんだ、お前は若すぎる、と諭すが、
忠告を聞かず、突っ走る秀を見かねたおとわは、
左門に、秀を今夜中に殺れ、と命令する。

(ひで~ッ、って今、言ったでしょ?の声・・・)


背筋に光る、<同僚>左門の剣を、気にかけつつも、
やがて、監禁場所から逃亡してきた、記憶喪失の女性や、
駆け落ちは稼業取り潰しになるぞ、と、
奉行所で邪険にされた、商人夫妻の訴えなどから、
真相に感づいてきた秀は、
危険を承知で罠を張り、悪人どもをおびき出すが・・・。

(しかし、薄幸な女に、秀は縁が多いねえ・・・の声)


これ程、怒りに任せて、
物凄い形相で暴れる秀を、観たことが無い・・・。

仕事終了後、一回りの<成長>を認めたおとわは、
左門への<秀抹殺>司令を、解く。
なんとも切ない、秀の青春物語、だった。



以上。

スポンサーサイト
  1. 2008/08/06(水) 22:34:43|
  2. 時代劇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<夏・請負物語 | ホーム | 夏・仇討ち物語>>

コメント

ただいまは・・・

「刺客請負人」2時間スペシャルで、
いつもの調子の、お家騒動と剣さばきを観て後、
NHK第一で、派手で華やかな、
北京五輪開会式を、ずっと、眺めてます。
う~ん,何てまあ、明るく、にぎにぎしい。
そして、長~い・・・!
  1. 2008/08/09(土) 00:43:57 |
  2. URL |
  3. アWorker #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aworker.blog15.fc2.com/tb.php/640-8c65e598
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アWorker

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。