シネマ旅の途上にて

自主映画ウォッチャー、アWorkerのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カムバック、加代!

主水日記。


又、必殺スペシャル、
チバテレにて、鑑賞。

火曜放映の、平成2年スペシャル版、
「必殺スペシャル・秋! 仕事人VSオール江戸警察」は、
現在のところ、<何でも屋の加代>にとって、
実質的に、最後の出演作となっている・・・。(注1)

何しろ、主水ら仕事人達に、
最大の危機が、迫ってくるのだ・・・。

老中・水野忠邦の下、
闇商売の仕事人達を、目の敵にし、
次々と、居場所を突き止めては捕らえ、
尋問・拷問・処刑してゆく、冷酷非情。
その指揮を執るのは・・・。

「必殺からくり人」では、狙撃さえされかけた、
プライドも、悪名も高き、
南町奉行所内でも、失脚した前任者と比較され、
同心達にも、嫌われ者のお奉行、
鳥居耀蔵こと甲斐守忠耀(注2)。

どうも、実在の人物らしいのだが・・・
殺るのか!?と、初放送時は、ハラハラ。
だって、歴史が変わっちゃうじゃん!と・・・。
(ドラえもんじゃ、ないって・・・の声)
心配御無用、その辺はちゃんと?フォローしている。

このスペシャル、次の展開が読みにくい筋なので、
かなり、面白い部類に入る。

生真面目な仇討ち派の、新之介(田村亮)と、
現実的にいさめる主水の対比が、明確なのが良い。
からくり仕掛けを扱う、再登場仕事人・鶴の仕事ぶりが、ユニーク。

無頼の助っ人は、酒豪にして剣豪、
前作・千葉周作の元門下、平田深喜。
演ずるはまたしても、滝田栄。
さすがに、張りの在る殺陣で、
シュパッ!と斬る。
北辰一刀流は、一体何人、臨時仕事人を輩出してるんだろう・・・?
(しかも、同じ顔・・・の声)

BGMも、「新仕置人」寄りに、ハード。
加代の<締めくくり>?にふさわしい、
歴代「必殺」最終回的テイストを思わせる、
SP中ではかなり、いい出来、なり・・・。
ファンならば、必見作。


以上。


注1:
演じた鮎川いずみ女史は、
その後本当に、会社社長になられたそうで・・・。

注2:
主水シリーズにも、過去に一度、
奉行後継者争いの話で、登場しているので、さらにややこしい・・・。
俳優は皆、別々だが。
スポンサーサイト
  1. 2008/06/24(火) 22:59:42|
  2. 時代劇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<戻ってくるな!オイル・ショック | ホーム | ゼルディアが帰ってきた!>>

コメント

ぶつぶつと・・・

水曜に又、PCの調子が悪く、更新できなかった・・・です。
ようやく、回復しました。
後刻、再開します。
  1. 2008/06/26(木) 06:41:14 |
  2. URL |
  3. アWorker #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aworker.blog15.fc2.com/tb.php/614-68e49c11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アWorker

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。