シネマ旅の途上にて

自主映画ウォッチャー、アWorkerのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ビーグル82・ファイル26「刑事達は太陽と月にほえるのか?」

ゼルディア、日記。


新文芸坐、オールナイトの翌朝、
27日、日曜。
小雨が降ったらしく、アスファルトの路上が、濡れている。

早朝の池袋を、しばし徘徊の後、
何はなくとも、まず、JR山手線で、新宿へと向かう。

駅周辺でいったん仮眠の後、
旧・新宿東映跡地に建っている、
例の、丸井ビル9Fのシネコン、
新宿バルト9のロビーまで、エレベータで昇る。

以前クサした分、ちょっと気後れがしていたのだが、
この地域で朝から、あれを観るためだったら、
やむをえまい・・・・・と、自らに言いきかせて、行くのだった。

あれ、とは・・・そう・・・あれだ。
劇場版「仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事」!なのだ。

劇場版「名探偵コナン」と並んで、朝から親子ファミリー層を、目立って集客していたが、
「仮面ライダー・・・」サイドの客層には、
大人通人層や子供連れも勿論いるのだが、
中2くらいの、女子生徒達が、特に目立って多かった。

良太郎・ゼロノス・キバらイケメン・ボーイだけではなく、
モモタロスらイマジン達のキャラも、大人気。

皆が、携帯のカメラ機能で、撮影しまくっていたのは
イマジンたちの絵が入った、<ゴミ捨てるな!>等の張り紙。
キャラ・シール等のグッズも、飛ぶように売れ、
一部は既に、売り切れていた・・・。

映画は、添え物のTVドラマ・パロ短編から 、
既に相当、ウケ始めていた。

本編では、
モモタロス刑事(!?)達の、ワルノリ・ポージング、
デンライナー署内の他愛ないドタバタや、
漫才のごとき、会話の軽妙さ、
新人派遣刑事と、主犯の取っ組み合い、
デネブ達のみえみえな潜入、などなどを、
手持ちキャメラとおぼしき、画面の揺らぎとともに、アクティブに捉えきる。

リズミカルに、弾みのついたコミカル・アクション映画に仕上げた、
金田治監督の手腕、なかなかのもんである。

キバ・サイドの出演者は、3人程と少ないのだが、
ある人物(この出し方があったか!の声・・・)の、
お気楽な登場シーンは、場内で特に、大ウケだった。

この人気、当分、続きそう・・・。
よし、よし。


昼、晴天の新宿御苑にて、
昼食に、<スシ王子弁当>を食した後、しばし、昼寝す。
ぽかぽか陽気の下、たっぷり、眠れた・・・。


以上。



スポンサーサイト
  1. 2008/04/28(月) 01:12:42|
  2. 劇場用映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ビーグル82・ファイル27「竜巻ライブは節目を迎えるのか?」 | ホーム | ビーグル82・ファイル25「桃色の夢幻世界は健在か?」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aworker.blog15.fc2.com/tb.php/574-d9ad1ae4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アWorker

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。