シネマ旅の途上にて

自主映画ウォッチャー、アWorkerのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ビーグル82・ファイル14「初対面の挨拶は難しいか?」

半兵衛の、日記。


日曜、16時半、阿佐ヶ谷を発ち、
新宿経由で、下北沢へ向かう。

17時頃より、下北沢駅近く、ギャラリーGekiへ。
<宍戸留美x小林有子x西泰幸 三人写真展>に立ち寄る。

前日のシネマボカン・イベントで、
案内が出ていたので、立ち寄ってみた。

宍戸という人が司会の、
有料TV番組(京都で放送したらしい)で、
高橋弘監督を招いて、紹介した事があるらしい、
と、聞いていたのだった。

実は,小生、宍戸女史がどういう人なのか、
不覚にも、よく知らないのだった・・・。

白い、小さな展示スペースに入ると、
主催者、各人の知人方面や、ファンらしき人々が、
明るく、にぎにぎしく、語り合っていた。
かなり遠くから、来ている人々も居た。
冷たい雨の日に、ここは、
遅めの小春日和?的雰囲気に、なっていた。

展示された写真群は、フランスや大阪などで、
さまざまな風景とともに、撮影されたもの。
緑色の電飾をバックにした、観覧車の女性写真が、
なかなかに、良いムード、なり。

美しきモデル女性の、表情のアップや、
拡大写真、
落語家の高座など、多数。
撮り慣れている人達の写真は、
女性達の表情が、くっきりと浮き立ち、
さすがに、上手い。

正直、こういう場の人々とは、何を話したらいいのか、
よくわからないままに、いささか戸惑い気味だった、小生・・・。
今回はどうも、こちらが生真面目に、
見えていたかも、しれない・・・と。

とはいえ、この土日で、
関西の今の状況など、いろいろな人に伺えたのは、
まずまず、幸運だった。

軽く周囲に挨拶と、自己紹介のみして、失礼する。

この日は再び、新宿経由にて、
中野方面へと、移動す。


中野周辺にて、TV・映画関係の資料を物色の後、
ポレポレ東中野の、レイトショーへと向かうのだった・・・。


東中野、後に別記。

以上。










スポンサーサイト
  1. 2008/04/14(月) 21:17:07|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ビーグル82・ファイル15「この街はどこまで変わったか?」 | ホーム | ビーグル82・ファイル13「馬上の女は燃えているか?」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aworker.blog15.fc2.com/tb.php/561-1057175f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アWorker

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。