シネマ旅の途上にて

自主映画ウォッチャー、アWorkerのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ビーグル82・ファイル6「月光仮面は誰なのか?」

また、急報。


川内康範氏、死去・・・。

世間的には今、
「月光仮面」(小生のリアルタイムは、70年代版のカラーアニメと、月刊誌漫画だった)の原作者、
そして、森進一の、「おふくろさん」封印騒動の、作詞家。

映画ファン的には、
小林旭の日活アクション「南国土佐を後にして」
(歌はペギー葉山、後のウルトラの母役)や、
渡哲也主演・鈴木清順監督のミュージカル・アクション、
「東京流れ者」
(なぜOLはオバQ読んで笑ってる?あの木のシーンは何?)
・・・などの、脚本家。

また、TV特撮ドラマ的には、
東宝の「愛の戦士レインボーマン」
(死ね死ね団!油撒く悪女が、恐かった)、
「ダイヤモンド・アイ」(牛頭人!悩む女幹部!)、
東映の「コンドールマン」
(悪人・ゼニクレージーの、ぎらぎら衣装!ゴミ戦争の博士!)、
・・・などの、原作者。

偽札事件とか、人間爆弾とか、
戦後日本社会の、平和な生活を脅かす奴らが、ひどい悪人!
という色彩が、すごく強かったので、
大半があんまり、楽しくなかった気がする・・・。
あの辺の悪役設定に、原作者の本音が相当、込められていた気がする。
子供心にも、今で言うトラウマ、だったな・・・。


未見だが、澤田幸弘監督の実写版「月光仮面」は、
あまり、評判がよくなかったそうな・・・。
「ウルトラマン」・「仮面ライダー」両シリーズの変遷を経て、
見る目が<進化>していた我々には、
80年代にはもう、白タイツにマフラーの「月光仮面」は、時代遅れの感があった。

割と近年、テレビ東京系で、
月光仮面と悪玉・サタンの爪を、ちびっ子風キャラにした、アニメをやっていたが、
もはや、小生世代にとっての、勇ましいヒーローたる「月光仮面」では、なかった・・・。

大人が大人の悪を裁き正す、「月光仮面」はそういうヒーローであるべき。
でも、あれはやはり、70年代までのヒーロー・イメージだったのだ・・・と、痛感した。


享年、88歳。
合掌。



スポンサーサイト
  1. 2008/04/07(月) 23:26:57|
  2. 特撮
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ビーグル82・ファイル7「荒れ模様!県境の川を渡れるか?」 | ホーム | ビーグル82・ファイル5「あの惑星に希望は託せるか?」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aworker.blog15.fc2.com/tb.php/553-b232218d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アWorker

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。