シネマ旅の途上にて

自主映画ウォッチャー、アWorkerのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ハナコス・13「さあ、どうでっしゃろか」

影太郎の、日記。


16日、土曜夜17時30分前より、高田馬場。

駅前では、激しい三味線の音が、響いている・・・。
路上演奏、らしい。
それを横目に、BABACHOPへ、向かう。

この夜の会は、最近ここの常連となった模様の、
白いスーツの、男性漫才コンビが、司会を担当。
全作品上映後の、監督トークまで、手堅く進行をまとめていた。

さて、その作品群とは・・・。


水崎留加監督「シアワセノマンナカ」

・・・は、かなり、きまじめな話。

小説家と兼業の男性教師、
時間をやりくりしながら働くも、どうも作品では決定打が出ず、お悩み中。
だが、ある日、担任クラスの男子生徒が暴行され、
教室のロッカーに、閉じ込められていたのが、見つかる・・・。

生徒のいじめ発覚で、たちまち新聞沙汰、
男性教師は責任者として、停職処分に。

以前より、夫の夢についてゆけない妻は、
娘連れで実家へ去り、
以後は、妻の母とも、絶縁状態に・・・悲惨だ。

停職後、アパートに引越ししていた、彼。
妻が離婚届を持ってきたとき、
皮肉な事に、彼の小説の仕事は、はかどっていた・・・。

夢だけでは食えんとはいえ、
妻に理解されない夫が、何とも、不憫だった・・・。


中村幸一監督「三匹の刑事」
(既述。検索されたし)


朴正一監督「春の傍」(はるのそば)

・・・は、水崎作品と真逆で、
夫婦仲がいい、2人のお話。

中年亭主はエロ小説10年のベテラン、
昼間は公園でPCをたたき、
夕方は参考用のエロビデオを借りて、
夜は家で女房と、食事とTV、
部屋でビデオを観ながら、続きを書く日々。
妻はパートで働いて、家計を助けている。

そして、主人はデビュー10周年で、出版界から表彰される。
賞を授与され、ミニパーティーの帰り、
夫は妻を銀座へ呼び出し、感謝の意を示すのであった・・・。

とにかく中年夫婦が、ほんわかした、いい味出してる。
ちょっといい話、なり。


石田アキラ監督「ツルの恩返し」

・・・は、TVの関西弁コントそのままな演出と、わかりやすい音声。

題名どおり、アパートに住む姉妹のところに、鶴が恩返しに来る。
ただし、白いつなぎスーツを来た、けたたまくしゃべくる、人間姿の、鶴。
この間、某ピンクシネマで見た、女優のつなぎ衣装と一緒で、吹き出した。

機織りの代わりにと、指南する<求愛の踊り>が、
実にばかばかしく、ちょっと笑わせる。
(「VISITORS」のコウノトリ・村田君と、比べてみたら?の声・・・)


同・石田監督「みどりマン」
・・・は、おなじみの戦隊ヒーロー・パロ。

ミドレンジャーをモデルに、
よし、俺も!と奮闘する坊主頭青年と、
彼に<逆上がり>で助けられて、一目ぼれして追っかける女子1名。

殆どが、この2人の奇行?とその反復、
および、男の変なくねくねした動き方による、
きわめて小規模な笑いだけで、成り立っている作品。
かなり、異様な動きが、連発。

しかも、お約束の<特別出演>付き。
見たまんまで、笑えたもん勝ち・・・だな。


木野吉晴監督「萌え萌えハンター2」

・・・は、男にはちょっとゾッとしない、コミカル・ホラー。

父親と、幼い感じの娘。
巨乳女好みの父親は、
娘の母親代わりになってほしい、と女性を誘い、
娘は、萌え好みの男性を誘い込み、
エロい快楽を、味わってもらった、その後で・・・

文字通り、食して、しまうのだ!
生存本能旺盛の親子、
正に、メスカマキリのごとし。

だが、ある日、その父親も・・・。
ある女性達の、食いものにされる時が、来たのだ。

メイド姿で漫才するシーンが、ちょっとユーモラス、だが。
その後が・・・ひどい、グロイ、えぐい・・・!
お下品な、キモいジョークも、いっぱい。

ああ、弱き者、汝の名は、男。
男は、つらいよ・・・。
冥土・イン・ジャパン。



渡辺勇次監督「夏を終わらせる儀式」

・・・は、女優達が浴衣姿中心、
真夏の、悲恋の話。

去の夏から、一年越しの、
複数男女、それぞれの、恋の顛末。

訳ありで、夏の浴衣が嫌いになっていた、ある女性。
今の彼氏と、どうも、ぎくしゃく?
そこへ、去年の男性?から、
「会わないか?」メールが。

そして、花火大会の夜、
橋の上から、
落とした指輪を取ろうとして、
彼女は堤防際に、落ちた・・・。

それを見つけた、にわかカップル、
ナンパそうな男性は、かつての・・・。
そして、連れの女性も、実は関わりが・・・。

はっきり言って、ほとんど、
メールで女性を釣った、
この男性のせいじゃん!と呆れる。
不運な、めぐりあわせなり。

明るいゾンビ?のごとき、
強引な終盤にも、唖然・・・。
絶句。
い、いいのか、それで?
小生には、ちょっと、わからない。
ついていけなかった・・・。ごめんね。



以上。


スポンサーサイト
  1. 2008/02/17(日) 09:24:46|
  2. インディーズムービー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ハナコス・14「まいど、おおきに」 | ホーム | ハナコス・12「あらら、どないしましょか」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aworker.blog15.fc2.com/tb.php/506-17f03bec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アWorker

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。