シネマ旅の途上にて

自主映画ウォッチャー、アWorkerのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

シネマ人・唸る(血流循環篇)

主水日記。

「TAKESHI’S」を観た。
「わかりにくい」「ラストが理解できない」等、酷評が多いと聞くのでどれどれ?と昨年の「デビルマン」同様、即拝見す。


結論。なんだ、そんなにむずかしい内容じゃないジャン。
わかりやすすぎて拍子抜けしたくらいだ。
みんなおもしろがれないのか?これを。


評価混乱の原因は、おそらくは観客を挑発すべく、意地悪っぽく仕掛けられた二重構造のせい。

原因その1。
主役を含めた俳優・女優の大半が2役かそれ以上の人物を演じ、劇中に頻繁に出入りしているため。途中消えても又ひょっこり現れたりする。
当然の成り行きとして観るほうは・・・
「あれ、この人さっきのシーンで出てたよね?でも今のシーンと設定つながらないな・・・」
「同じ人?違う人?」
「えーい、誰が誰やらわからねえ!」
・・・となる。
そこの迷宮構造こそが刺激的でおもしろいんだけど、普通に映画の筋を追う人達はそうは思わないんだよなあ・・・。

岸本加代子とのコント部分(コンビニ)とかはウケるべき所でウケてたけどね。「みーんなやってるか!」のぬるいコントよりはちゃんと笑わせてる。
夜間タクシーのグロいドライブ・シーンは・・・ギャグなのかな・・・?あれだけ乗れんかった。


原因その2。
要するに編集と展開の構造がたけし版「マトリックス」、あるいは押井守監督作品等の延長上。時系列多少無視のつなぎでもOKになるわけ。
夢か現(うつつ)か幻か、夢また夢で、ぐーるぐる。
何しろ<夢>なんだから、あのラストもまあアリ、でしょ。
こういう映画を自主・プロ含めて何十本観てきたことか?今やそれ程なじみの無い構成じゃないはず。平行世界設定もTVのSFものでいっぱい出てるし。あ、でも小生は慣れてるからそう感じるのかな・・・。

難点といえば唄やタップのシーンがちょっと長めなことだろうか。
舞台芸人出身でコメディアンだからこだわりが深いのは当然なんだが、ヨーロッパの<キタノ・ブルー>系ファンはよく知らないのかもな・・・。
(「Dolls」の人形浄瑠璃も長かったよね、の声。回想。)

これ、たけしの<大作自主映画>ですよ。
贅沢三昧。良くも悪くも。
乗れる人はすごく乗れて、乗れない人は全然だめ、ってことにどうしてもなる。賛否真っ二つになるのがはっきりしすぎている。
来春のベストテン集計では正直苦しいだろうけど、小生は結構楽しめたよ。
でも迷宮モノ映画観るのは、今年はこれで打ち止めかも?と。


以上。
劇中に<ヨイトマケの唄>が出ます。
いわゆる労働賛歌、女房賛歌ですね。
そういえば<ジーコ内山劇場>方面でよく話題に上る曲です。
これ、たしか地上波TVでは放送禁止歌なんですよ。
映画のOA時にはカットの可能性が・・・。うーむ。
スポンサーサイト
  1. 2005/11/16(水) 07:31:49|
  2. 劇場用映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<シネマ人・旅に出る(慕情船出篇) | ホーム | シネマ人・叱る(心身鍛錬篇)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aworker.blog15.fc2.com/tb.php/47-6193360e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アWorker

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。