シネマ旅の途上にて

自主映画ウォッチャー、アWorkerのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ビーグルGメン・岸田PART2

主水日記。


既に、クリスマス・シーズン。
今年も、もうすぐ、終わり、
さて、今日は、<シネマ秘宝館>だ・・・。

22日、土曜夜21時、
今年最後のラピュタ阿佐ヶ谷レイトショー、岸田森特集上映は、
なぜか、あの、「修羅雪姫・怨み恋歌」・・・。
このメリーな?季節に、なんてもんを、俺は観てるんだろう・・・!
(小生が、<俺>になってるよ・・・の声)

劇画が原作。
日露戦争直後、戦勝に沸きつつも庶民は、インフレに悩む時代、
世相の片隅で、虫けら扱いされていた者たちの怒りが、
梶芽衣子の刃(やいば)に託されて、爆発!

青い海、真夏の海辺での、梶のアクションが入る、というのが、
青春映画で鳴らした、藤田敏八監督らしい。

岸田森が特高裏組織の長官、
「サンバルカン」の長官が、そのまま悪役に転じたような姿で、
薄気味悪さと、エリートのもろさを垣間見せる。

組織の癖ある手下男も、登場シーンからして、異様なノリ。
かなりしぶどく、不気味な存在感を見せつける。
怪しい奴に警戒する、長屋の連中も、負けてはいない・・・。

伊丹十三のアナーキスト、助平かつ飄々と、逃げ回る。
原田芳雄が彼と対照的で、
小心者?のワルながらも、結構大胆な行動に出る役。
山本麟一が鬼刑事、伊丹をビシビシぶったたく。

秘密書類、拷問、リンチ、血生臭さ、不衛生、炎・・・。
かなり、こわい内容。

制作が東映じゃなくて、東宝系の東京映画、
監督は日活ニューアクション出身・藤田敏八。
勿論、梶と原田はそこでの常連出演者。
今の東宝じゃまず、考えられない企画・・・!?

つらい憂き世の、気晴らし向け映画かな・・・と。


日曜のシネ秘については、次回に。
以上。

スポンサーサイト
  1. 2007/12/23(日) 09:46:23|
  2. 劇場用映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ビーグルGメン・変身 | ホーム | ビーグルGメン・岸田>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aworker.blog15.fc2.com/tb.php/448-9263462d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アWorker

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。