シネマ旅の途上にて

自主映画ウォッチャー、アWorkerのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ビーグルGメン・道行

主水日記。



土曜、午後の新宿で、
「やじきた道中 てれすこ」前売り券、1300円分、消化。
中高年夫婦らしき人々などが、20人位、入っていた。


実質的主役は、
男どもを振り回しては、適当にあしらってすぐ逃げる、
女のプライドだけは高い、足抜け女郎役の、小泉今日子。

状況に応じた、表情の変化と、開き直り!が、ピカイチでおもしろい。
これは全編、<元?キョンキョン>の調子よさを見るための芝居、である。
(同じ人が、「風花」の主演女優、なんですぜ!の声)

忠臣蔵の舞台で大失敗して、首吊り未遂、
江戸をおさらばする、柄本明の神経質な北さん、
酒癖の悪さがすごい・・・。
にわか坊主役を務める珍シーンが、ウケていた。

陽気な中村勘三郎のやじさんが、3人中のバランサー。
さらに途中から、狸の恩返しという、ちょっとファンタジーなユーモラス・シーンも・・・。

欠点を言えば、「東海道中膝栗毛」や、
落語の「てれすこ」等から持ってきた、
せっかくの笑いの手が、大半、すべっている事・・・。

そこを落語で聴けば、お客がドッ、と笑うんだけどな・・・と。
ネタがあまりにも軽く、タメが無いまま、
さらさらと、流されすぎてはいないか?

秀才・平山秀幸監督、丁寧に撮ってるんだが、
笑いどころのシーンで、その前後がやや間延びしていて、
どこかタイミングを、はずしているような・・・?と。

寺のお堂のシーンなどは、大いに笑えたのだから、
他のシーンも、編集のキレしだいで、
もっと笑いが、取れるはずなんだが・・・。
そこらがちょっと、もったいない。

しかしまあ、野山の映像は澄み切ってきれいに映ってるし、
ゆったりと、のんきな旅気分には、なれる。

どうして、こういうくつろげるのを、
今どきは、お正月映画のプログラムに、持ってこないんだろう・・・?
お年寄りや中高年層は、喜ぶと思うんだが。
笑いがあれば、もっといいだろうし。


あるいは、これ、とんねるずの2人とキョンキョンで、
撮るっていう手も、あるのでは・・・?と。
東海道中に、モジモジ君が、遠目にちらっと、出てきたりして・・・。
いける、かも?



以上。
スポンサーサイト
  1. 2007/12/09(日) 09:48:42|
  2. 劇場用映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ビーグルGメン・呉越 | ホーム | ビーグルGメン・宿敵>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aworker.blog15.fc2.com/tb.php/436-50554b6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アWorker

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。