シネマ旅の途上にて

自主映画ウォッチャー、アWorkerのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

シネマ人・悶える(空腹絶倒篇)

ちょっと出掛けるので、短めに記しておきます。

京橋のフィルムセンター(映画美学校から目と鼻の先です)、11/18(金)の昼間が空いてる方はすごくラッキー。
喜劇映画の旗手といわれた斉藤寅二郎監督の特集、佐々木啓祐監督の作品を再編集、追加撮影した1935年松竹作品「爆弾花嫁」、ものすごいケッサク!ドタバタコメディーですよ。がめつい尺八師匠の谷麗光、むちゃくちゃなハッスルぶりです。
これ、以前渋谷の東京国際映画祭でも上映されたんです。ロシアで見つかった発掘短篇。もう一回位、休日にやってくれればなあ・・・。

同時上映の41年東宝「子宝夫婦」はちょっと、しめっぽいホームドラマ調です。
父母と15人兄弟姉妹。唄や<少年航空兵>等、戦時下式の「サザエさん」、ですね。(なんと、子役の中に中村メイコ!)

この4年後終戦、同じ監督が「大東京五人男」で焼け野原の東京復興をめぐる唄入りエンタメを撮る事になろうとは・・・。
芋の配給所、闇物資、国民酒場の怪しげなアルコール。お役所仕事批判は今昔共通?
古川ロッパがドラム缶の風呂で歌い、吉本漫才のエンタツ・アチャコがチャップリン風の屋台崩し。
何も無くなっていたが皆、明日への希望を目指していたんだなあ・・・。


では又。
スポンサーサイト
  1. 2005/11/03(木) 13:01:09|
  2. 劇場用映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<<おしらせです> | ホーム | <おしらせです>>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aworker.blog15.fc2.com/tb.php/41-e72464a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アWorker

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。