シネマ旅の途上にて

自主映画ウォッチャー、アWorkerのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夢幻色の、森・・・

はぐれ仕事人・弐の日記。
珍しく、PR特別篇。


いや~、やっと土曜に行ったよ、<水族館劇場>公演。

いいねえ、やってきたねえ、今年も。
又、開演のこの時まで、生き延びてしまったのだ。
待ってた甲斐が、あったよ。

東京は文京区の、白山と千駄木の間っていやあ、
文豪達、ゆかりの地で。
そこにある<駒込大観音>の境内で、
毎回、テントみたいな特設舞台こしらえて、演ってるんだ。
お寺さん、よく協力してくれるよなあ。えらいぞ。

ためしに、今、行ってごらん、
ほんとうに、観音様のお堂の前に、立ってるから。
昭和レトロ調の、マカフシギな会場。
見世物小屋に、近い風で。
おせんにキャラメル、みたいな人が、卵とか売ってるし。
近所の子ども達もやってきて、中で見世物の数々を、喜んでるし。

土曜の5時位に、当日券(4000円)と整理券取りに行ったら、
もう140人位、来てた。
20代男女が多いが、中高年層まで結構いる。
7時の開始までには、200人は越してたよ。
しかも、入場前から、芝居はもうちゃんと、始まっているのだ!

だから少し早めに、行ったほうがいいな。
ふらっと行っても、席があれば観れるし。
客入れ作業も含めて、ちょっとかかるから、夜まで時間延びるかも。
休憩時間も、場内が混んでて、抜け出せないと思ったほうがいい。
でも、それだけの価値は、間違いなく有るぞ!と。

今回のお題は、終戦から闇市、戦後までのお話。
大人のドラマもあり。夢もあり。
昭和の森と、天と地と、火と水と。
生き残り兵士と、幻の女と、ロマンと。
人さらいと、死神ばあ様と、仮面の者達と。
鳥と、馬と、河童(芸達者、呆然!)と、牛乳屋(笑わす)と。
哀愁の女旅人・千代次と。叫ぶ女優・葉月蛍と。
皆、猛演。
舞台装置も、転換も、半端じゃない。

ああ、これ以上は、教えたくない。でも教えたい。
(どっちなんだ!の声)
これは正に、時空の河を遡る冒険、体験の旅。
迫力。

月曜の楽日まで、やってるぜ!
あと2回、6/3&6/4の19時。
四の五の云わず、その目でしかと、観よ!


以上。













スポンサーサイト
  1. 2007/06/03(日) 10:20:18|
  2. 演劇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<初めての、対面・・・ | ホーム | くすみ色の、ララバイ・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aworker.blog15.fc2.com/tb.php/341-c427e991
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アWorker

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。