シネマ旅の途上にて

自主映画ウォッチャー、アWorkerのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

春は曙、味噌上手

主水日記。


金曜夜、フジ系「鬼平犯科帖スペシャル~一本眉」を、途中より観ていた。

非道が嫌いな老盗っ人が宇津井健、
もうこういう渋い役、来る歳になったのか、と感慨。
(大映映画では、やたら元気だったからなあ・・・の声)
情容赦なき極ワル泥棒が、遠藤憲一。
ひ、ひでえ奴・・・許さん、斬るッ!!

歳を重ねた二人が夜明かしで呑んでたり、
料理のシーンに凝ったり。
今回は正に、味噌がミソ、の話。
調子のいい、うさぎ同心がコメディ・リリーフだったりするのは、
鬼平ファンにはおなじみ。これが無くっちゃね。

彦十役が長門裕之だと、猫八彦十より、豪快な感じだなあ、と。
「剣客商売」初期では田沼意次の髷結った娘役で、
女剣士だった大路恵美、
今回はお気の毒な役で・・・。
あんたなら、刀振って勝てるだろ~!と突っ込んでしまったぞ。

そして、レギュラーで殉職?したはずの、三浦浩一の伊三次が、
またしても、甦ったのだった。
やっぱり、人気キャラクターなんだよなあ・・・。
ちょっと嬉しいけど、ファンとしては、やや複雑な気分ではあった。


以上。

スポンサーサイト
  1. 2007/04/08(日) 09:39:40|
  2. 時代劇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<春高楼の、花の宴なれど | ホーム | 春雨じゃ、濡れて行こう・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aworker.blog15.fc2.com/tb.php/317-d435dc4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アWorker

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。