シネマ旅の途上にて

自主映画ウォッチャー、アWorkerのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

もしも特捜基地がお台場にあったら

特捜基地通信。

「ウルトラマンネクサス」は結局9ヶ月放映で、新番組「ウルトラマンマックス」と交代しました。
1年間引っ張れなかった理由は明白。
画面も話も暗すぎ、殺伐となりすぎた。
子供たちの人気が無かった。いや、子供たちを退かせてしまった。
玩具が売れずスポンサーが支えきれなくなり、イメージチェンジを求めた。と見てよいでしょう。
特にダークメフィスト野郎。あまりにも凶悪犯すぎたのがまずかった。

「Xファイル」や「謎の円盤UFO」「ロズウェル」などの海外SFドラマの線を織り込み、映画の2、3本は作れそうな設定と筋と展開をこれでもか、これでもか、とぶちこみまくった。
ウルトラシリーズをSFドラマらしく更にレベルアップする、という斬新かつ意欲的な挑戦はとりあえず買えるし、最後まで全体のトーンを変えずに世界観を支えきったことはきちんと評価すべきだろう、とは思うのですが。
大人の人間ドラマを濃くした分、お客様のはずの子どもたちやご両親の大半を置き去りにしてしまった感は否めないでしょう・・・ね。
後3ヶ月で消化するはずだった数々の伏線に関する<解答>をバタバタと最終回までに披露、どうやら連続ドラマとしての結末は完成してます。

しかし・・・主犯って、あいつなの!?それ、ひどいよ。ウルトラファンの夢ぶち壊し。
やっと最後になってあの人とあの人も・・・デュナミスト(変身適合者)になれたのに。この2人なんか、あれだけずーっと因縁と感情の<溜め>があるんだから、ここ位もっと派手に暴れさせてやれよ!ドラゴンボールZみたいに。短めにあっさり処理してカタルシス不足。時間が無くて省略したんだろうな。
それと製作サイドで当初予告してた<ノア計画>って、先に玩具化してたラストバトルのあれ・・・を出すことだったの?
じゃ、終盤の3ヶ月出てたブルーのウルトラマンの立場はどうなるんじゃ!ビニール人形出てないぞ。売れないと見たのか、後から出すのか?
それとこのエンディング、姫矢の扱いがよくわからないです。溝呂木は・・・ああなったのはわかるけど。

・・・と、数々の不平不満が残った「ネクサス」でしたが。それもこれも力のこもった出来だからこそ、なのでしょうけどね。
ただ、比較的にのどかに笑って許せる範囲(ジャ00ィ00ザー?等)ではないレベルの不快さの印象が「ネクサス」観てしまった者達の心には、ずっと・・・残るんだろうなあ、と。
ともあれ、関わった方々、お疲れ様でした。

で。がらりと変わって明朗になった新番組「ウルトラマンマックス」です。
ヒーローの容姿は「ウルトラセブン」似、赤と銀色の隊員服は「ネオス」似、オープニング映像(以下、OP)は人気怪獣や宇宙人の影絵入りで初代ウルトラマンや「帰ってきたウルトラマン」や「A」似、久しぶりに画面いっぱい大きな文字の<XX怪獣00登場>表示(これが見たかった!)、長官と科学者役は初代・科学特捜隊のハヤタ&フジアキコ隊員コンビ、次回予告編ではエレキング登場、と明白なる原点帰りに懐旧思考。
一歩間違えば退廃になってしまうのでは?とはらはらもしますが。
そこは日活映画「みんなあげちゃう!」でいきなりウルトラの母を出した(フフフのフ・・・)金子修介監督と平成ゴジラ・鈴木健二特撮監督の参加が功を奏して、初めての子どもにもとっつきやすく親しみやすい、テンポも快調な導入部になっております。

地震、噴火、怪獣2体対決、基地・特殊組織の成り立ち紹介(国連の生態系・環境対策らしい)、撃墜作戦、ヒロイン隊員のピンチ、主役の合体・変身、大バトル、必殺技、スピーディーな事件解決、入隊エピソード、ヒーロー命名、と一気呵成にテンポ良く展開。見せ場の連続、実に無駄がない。
きびきびした体育会系?隊長が「食いしん坊万才!」宍戸開なのも適役。イデさんっぽい外人隊員もいる。女性隊員も2人、一人はどうもアンドロイド?のようですね。

前作をリアルSF志向とすると今回は生態系&ファンタジー志向でしょうか。平成ガメラ・シリーズでリアル志向の極地へ到達した金子監督が、自ら「ウルトラマンはM78星雲からの監視員でしょう!」の世界へ戻ってきたというのも、何だか不思議な感じが・・・しますね。正に原点帰り。そういえば新「ウルトラQ」も2本撮ってましたっけ。元々撮りたかったそうですし。

毎週一話完結のスタンダードに戻ったウルトラマン。バリエーションに富んだ夢のある画面とエピソードを期待致しましょう。
今、月曜14時の千葉テレビでマチャアキの「西遊記」放送してるので、本当にそう願うのです・・・。「三丁目の夕日」映画化公開も楽しみですし。
では又。

スポンサーサイト
  1. 2005/07/05(火) 22:09:02|
  2. 特撮
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<もしも八丁堀が困惑しきったら | ホーム | もしもシネマ旅がブログにやって来たら>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aworker.blog15.fc2.com/tb.php/3-f09fd6e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アWorker

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。