シネマ旅の途上にて

自主映画ウォッチャー、アWorkerのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

百年の夢を描いたのは漱石

主水日記。


しかし。
こういうのを、何と形容したら、いいのかねえ?
最初はオーソドックスに原作世界へと入り込み、
それから原作イメージを次第に膨らませて、
どんどん逸脱、野放図なまでにデタラメ化。
次第の前後のつながりも、濃淡も、まとまりもどうでもよくなり、
終盤はもう、グロくて、むちゃくちゃ。
煎じ詰めれば男と女、じゃない、「ユメ十夜」は、そんな短篇映画全集であった。

要するに、これ、
明治の文豪・夏目漱石の異色幻想小説「夢十夜」の映画化。

10本の短篇から成っていて、第1話に<100年後>の言葉がある。
今、執筆されて100周年まできたから、
10組11人の監督(内1本が監督2人なので)により
10本の短篇映画に撮って、プロローグとエピローグでつなごう、という企画なのだ。
中学の頃、家にあった本(全集があった)の一冊でひと通り読んでいたが、細部は忘れかけていた。
1・3・6・10夜は概ね、記憶している。
イメージが比較的に、つかみやすいからだろう。

夜19時のシネ・アミューズにて、通しで眺める。10話分。
丁度、かつて新宿スカラで<懐石料理>と銘打った、短篇映画集を観ていたときのような、気分。
これぞフルコース。

どの話も、まあまあ面白いんだが。
何しろ、他人の夢分析や小説執筆現場につきあってるようなものだから、細部に、わけのわからないところだらけで。
しかも明らかに同一人物役の俳優やキャラが、ころころ交代するので、ややこしい。意表をつかれた配役も。

そして、ここでも又、休憩時間無し。
さすがに後半からは、気力も落ちてややへばる。
20代客席男女からは「なげーよ!」のつぶやきが。
(某所、追体験?の声)


各話、ごく簡単に、短評するにとどめる。
各人、レイトショー等で、実物に当たるべし。


プロローグ:
 
女学生に注目。多分、<木曜会>によく来ていたという、伝説の人・・・。市川版「我輩は猫である」を観よ。

第一夜:光と影の使い方、舞台、キャスト。
正に実相寺監督X久世脚本(両者、ほぼ遺作)らしい、
かっちりと出来上がった逆走世界。入り口としては申し分ない。
ただ、ちょっと濃い目の味だったか。
エロいシーンは、いらない気もするが。


第二夜:うーむ、普通にそのままサイレント化、かな・・・。
もともとおとなしいパートだから、いじれなかった?

第三夜:家族持ち故のやや贅沢な?悩みに見える。
背中の子、コワいぞ。妻役、案外合っている。
親子のシーンはなごむ。

第四夜:新旧混ぜこぜ、美術と台詞回し。
つい時代考証を、云いたくなる。
「それは、いわんだろう!」「それは明治に無いだろう!」などと。
普通に、薄味。子役の勝ち。

第五夜:急激に現代漫画?タッチ。
市川実日子でデスノートやってる?みたいに、線が細い。

第六夜:舞台っぽい。
あれ程までに目立つ運慶が、出るとは。やられた。
周辺人物の台詞回しや字幕ともども、場内反応大。当然だろう。
なぜか愚連隊・石川謙さんの姿が。

第七夜:孤独なる漱石、いよいよ別人化。
居場所求めて人は旅立つ。ロマンチックやな~。

第八夜:最早スジまでも崩壊、イメージ奔放、大流出。
誰にも止められない。藤岡弘の暴走?も止められない。
もう、ついてゆけん。
リキって・・・何?腸?ミミズ?
やっぱり全然わからん。夢だからなあ、なにしろ。


第九夜:再び、スタンダード。ただし昭和の香り。
おとなしい緒川たまきも、ありかな、と。子役に勝ってる。
ただ幕引きに、あれは、ありなのか?いいんだが、微妙だ・・・。

第十夜:むちゃくちゃに面白い。予想以上の立体感と濃さ。
けばけばしいメイク、某科学者?登場も愉快。
身体張ってるぞ、本上まなみ。普通あそこまでやらん。
丼物業界の反応が、すごく心配になった。


あれだけやっちゃうと、エピローグが、
とってつけたみたいになるんだよね・・・。ま、いいか。
ハイ、さようなら。



以上。
























その昔、誰もが一度は、必ず言った。

夏目漱石、ラーメン即席・・・。

森田芳光、Gメン丑三つ、というのもある。
スポンサーサイト
  1. 2007/02/23(金) 21:20:12|
  2. 劇場用映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<暖冬下で探りを入れたのは編集部 | ホーム | ついにダウンしたのは観客>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aworker.blog15.fc2.com/tb.php/297-4210371e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アWorker

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。