シネマ旅の途上にて

自主映画ウォッチャー、アWorkerのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

主水、リメイクまつりを回想する

主水日記。


リメイクは是か?非か?でカンカンガクガク。
洋画でも、邦画でも。昨今は多い。
興行上の大ゴマが、いずこもネタ切れなのだろうか?

中でも、監督自身による30年ぶりのリメイクとあって、一番気にかけていた、あの作品が・・・
ついに、目の前に。
ようやく、シネコンで観た。
市川昆監督、「犬神家の一族」を。

平日の夜なので、客、男女で6人位。
フジ系の稲垣版ドラマを観て来た、という人達もいた。今の人にはそうだろう。
(古谷一行版、片岡鶴太郎版も、あったっけな・・・の声)

正直に言えば小生は、30年前に<角川映画・第一弾>として製作された旧作を、劇場公開では観ていない。
観たのは公開一年以上経った後の、TV放映であった。
その後なぜか、ビデオでもDVDでもBSでも、無論名画座でも、この映画をちゃんと観ていない。

とはいえ、観ればおそらく、絵的に目立っていたシーン群はたちどころに、ああ、あれだな!と思い出すことであろう。
それくらい、あの毒々しい画面と、女優達の演技は、強烈なものだった。
色っぽいシーンにも慣れていなかったので、結構ドキッ、としたものだ。
それと、ああ、人間って誰でも皆、
欲得がからむと金・女・権力とみんな欲しがって、内輪で醜く見苦しい争いをしてしまうもんなんだなあ、
嫉妬に狂った女性もコワいんだなあ、
という人間への哀感、あきらめみたいなものを、あの作品から強烈に感じ取り、
その後長らく、植え付けられる原因?のひとつにもなってしまったようだ・・・。
続く「人間の証明」のブームが、それに追い討ちをかけた。


当時は中学生で、まだ自分の小遣いで劇場のスクリーンに向かう習慣は無かった。
(「人間の証明」や「獄門島」あたりは父親に連れられて、劇場公開を観に行っているのだが。)
だから、劇場公開で「犬神家の一族」を観るのは、実は、今回が初めてなのである。
さて、どの程度、旧作のシーンを記憶しているのやら?
ノスタルジーというよりは、いわゆる脳トレ、かつ<答えあわせ>に行くようなもの、だった・・・。

思っていたよりはいい出来で、とりあえずは安心した、という感じだった。
少なくとも、某TV女優のベスト・ジー二ストぶりが浮いて「しまった~!!」な、同監督のリメーク版「八ッ墓村」よりは、数等出来がいい。

筋は、長老の若年時代解説が大幅に省かれたのと、ラストシーンが若干違うのを除くと、シーンも構図も概ね前回と同じで、贅沢な再現VTR、といっていい。
どこもかしこも、そっくりそのまま。

ただ、全体に時間がゆったり流れているせいか、毒々しさは前作よりやや薄れた印象。
こちらも年齢的なものがあり、又、エロなシーンなど大分、他の映画群で見慣れてきているせいもあるだろう。
(水中からザバー、のシーンも、何故か音楽が無く、控えめだった・・・。)

一応、推理映画なので詳細はあえて書かないが。
大抵の人が言いたそうな感想から、小生もおそらく、そうはみだしてはいないはず、なのだ。

前作を知っている大抵の人はまず、やや丸っこい感じになった金田一探偵、旅館女中役の叫び声のベタさ、本家や三姉妹役の一部芝居のTVドラマくささ?などに、ちょっとゲンナリさせられることだろう。
そこいらに目をつむれば、まずまず、といったところだろうか。

富司純子と奥菜恵は、割に<映画女優>らしい演技になっていたのが、救い。
この二人の演ずる前では、他の女優達の存在感はいささか、かすんで見える。
神主・大滝秀治の台詞、平成の今日では使っている言葉が、若い人にわかりづらいかもしれない。
<生卵>、<食べなさい>、<よーし、わかった!>には今回も、
微笑した。
そのうちに<あの~、ちょっとよろしいですか?>も出そうだ・・・。

それと近年、どこもかしこもやたらに真っ暗く写した中での、観ずらい芝居が多かった市川演出において、珍しく?広々とした青空が見れる映画であることは、何だか妙にほっとさせられるのも事実。

ラストは少しばかり変えてあるが、やはりほっとするもので、好感が持てた。
あれは金田一の、というよりは市川昆監督の、ファンへの<御挨拶>なのではないか。
余韻が残る形で、締めた。



以上。





















スポンサーサイト
  1. 2007/01/18(木) 00:14:09|
  2. 劇場用映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<行者の先生、念力珍作戦する | ホーム | 主水、薄味御奉行に困惑する>>

コメント

なさけなや

報道で皆さんも御存知でしょうが、
ペコちゃん人形で知られた洋菓子の不二家が、雪印以来の、情けない事態になりました・・・。
都内名画座やシネコン近辺のチェーン店は、軒並み休業。
昨日の朝よりJRの自販機から、不二家ネクターが消えました。

70年代っ子の小生にとっては、
「新オバQ」「パーマン」「ウメ星デンカ」などの、藤子不二雄まんがTV化のスポンサーとして、記憶から不可分なお店なので。
いささかがっかりし、寂しく思っております・・・。
アンパンマンの菓子とか、どうなるんだろう?


  1. 2007/01/19(金) 02:13:35 |
  2. URL |
  3. アWorker #-
  4. [ 編集]

またなのだ

今度はプリンタが止まった。
廃インクがたまったようです。あ~あ・・・。
  1. 2007/01/19(金) 19:58:08 |
  2. URL |
  3. アWorker #-
  4. [ 編集]

やっとこさ

古きプリンタはもう、ガッタガタ・・・
で、電器店で引き取ってもらって、まっさらの新型をセットしました。わーい!
ところが今度は、インク入れてtコピー機能試したら、ブラック部分しかプリントしない・・・!
オフィスのコピーなら白黒でも大半が済むんですけど、カラープリントが出来なくちゃ・・・ね?
まだまだ調整に悪戦苦闘中、です。
  1. 2007/02/04(日) 09:51:25 |
  2. URL |
  3. アWorker #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aworker.blog15.fc2.com/tb.php/275-21ffd006
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アWorker

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。