シネマ旅の途上にて

自主映画ウォッチャー、アWorkerのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

闘士の謎を探ります

政の日記。


やれやれ、観客復帰作は結局「トム・ヤン・クン!」になった。
買った券は無駄にしたくない。
都内の興行は近くの別館に移動していたはずだが、なぜか元の小屋に2日間だけ戻っていた。リニューアル工事等のためだろう。
ウイークデーの夜でも十数名の観客が居る。内女性3名程。


象泥棒、追う飼い主、動物虐待や寺院襲撃への怒り爆発、という直線的な筋立てはムエタイ・ファイター映画だからいいのだが、観ながら興奮と脱力感を交互に覚えた。

理由は勿論、がっくりの終盤展開によるところも大きいのだが。
途中で画面の流れと色調に断層が出来ているのも原因。
ブルース・リー映画にジャッキー・チェン映画をつないだような印象なのだ。
中盤のバイクスタント集団のシーンなど特にそう。

少年時代シーンの情緒性、<水掛け祭り騒乱><邸宅殴りこみ>や<モーターボートレース>シーンのにぎやかさと有無を言わさぬスタント、そのアクティブなるエネルギー。
ここらまでは快調だったのだが。
シドニー・ロケのカーチェイス周辺からガタッ、とテンポが落ち、間延びしてしまった。ダレ場パートがやや長すぎる。
敵地店内でトニー・ジャーが悪党達を蹴散らしながら階段を上ってゆくシーンでは、キャメラの視線が遠すぎ。距離感が悪い。アクションの印象が薄まってしまう。
身内にも残忍で憎々しき不気味悪女役・チン・シン。ひでえやつ。(「ウルトラマンメビウス」の宇宙悪女に似て見える。)
ジョニー・グエン、ラティフ・クロウダーや巨漢達刺客とトニー・ジャーの格闘シーンは至極優雅、かつパワフルに魅せる。舞踊、といってもいい。主人公の怒りが入るごとにその力強さはヒートアップする。
それだけに。
なぜ、その撮り方と勢いで全編を押し通せなかったのか。

痛快さでは「マッハ!!」や「七人のマッハ!!!!!!!」に惜しくも及ばなかった。実に勿体無い。
ペットターイ・ウォンカムラオ(「マッハ」に出演)の警官が出るのは今回も軽くユーモラスで、救いだった。


以上。
しかしまあ、小象のそばで銃ぶっ放したり、突き飛ばしたり。
あれじゃ後で使い物にならなくなるんじゃ?と余計な心配をした。
動物虐待を描くための芝居とはいえ、ちと気の毒だった・・・。
スポンサーサイト
  1. 2006/05/24(水) 02:30:44|
  2. 劇場用映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<<おしらせです> | ホーム | 聖杯の謎を探ります>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aworker.blog15.fc2.com/tb.php/153-39ecc519
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アWorker

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。