シネマ旅の途上にて

自主映画ウォッチャー、アWorkerのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スケバルQ <16> 「ブラックシップ・ゾーン」

チバテレでは「必殺仕業人」が終わり、今度はまたさかのぼって「暗闇仕留人」スタート。
いったい、どういう放送順の決め方なんだろう?

今回は文化・文政時代からぐっと下って嘉永(かえい)年間。
そう、黒船来航で騒がしい幕末の入り口なのだ。
主人公達が関わる事件も必然的に、幕末の混乱した世相に起因するものが目立つ。

今回のキーパーソンは、石坂浩ニ扮する、見世物小屋の三味線引き、糸井貢。とくれば当然武器は、バチ。
病気がちの妻を抱えてひっそりと暮らしてる。
実はこの男、高野長英の弟子筋で元蘭学者。

グループ結成直後の第二話で早くも、昔の仲間だった役人が新式大筒(大砲)の試し打ちの標的に罪人達を使ったと知り、裏仕事で自ら仕置きする。
多くの人の敵はとったものの、標的になって死んだ男の婚約者は風俗店にて派手にやけ酒騒ぎ。
眺めながら無力感を抱く貢・・・。

台詞の殆ど無い、このシーンに本シリーズの哀感が既に集約、表出されている。
この世の正義って、裏仕事の意味って、いったい何なんだ。
この貢の悩みこそ、必殺シリーズ自体の根幹をも揺るがしうる、隠れたメインテーマなのだ。(特に、最終回で・・・。)


仕留めの仲間は、坊主頭の石工・大吉。
必殺技は・・・素手で心臓つかみ、鼓動を停止する荒業。
画面にはレントゲン、オシログラフが、ピピッ!
ごくたまに同じ技で蘇生もする。
オフには尼寺に入りびたり。
その尼さん、「なりませぬ!なりませぬ!」などと拒みつつ結構、その気になりかけてるのが可笑しい。
これ、初放映当時、流行語になったそうです。

で、実はこの尼さんと、貢の妻と、主水の妻・りつが・・・
三姉妹なのだ。
つまり仕留人チームは事実上、義兄弟なのだ!
これは珍しい設定。


そういえば、後で幕末がらみの必殺スペシャル、結構作ってるよなあ。井伊大老殺しの話とか、政と仕事した横浜異人館とか。
映画でも「ブラウン館の怪物たち」にアーネスト・サトウが出てたし。映画の出来はいまいちだったけど。
あ、ちょっと待て、たしか「必殺忠臣蔵」ってスペシャルに主水と政が出てたはず・・・。
すると主水は200歳以上!?ドラキュラ・・・まさかね。
ともあれ、しばらく見守るとしましょう。


では又。
スポンサーサイト
  1. 2006/04/19(水) 21:45:28|
  2. 時代劇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<スケバルQ <17> 「エロティック・ゾーン」 | ホーム | スケバルQ <15> 「リアリスティック・ゾーン」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aworker.blog15.fc2.com/tb.php/132-19131199
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アWorker

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。