シネマ旅の途上にて

自主映画ウォッチャー、アWorkerのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

北町・目撃大捜査

ビーグルGメン・北町警部補の、報告。


大変、気になる映画とはいうものの、
あまり明るい話の映画では、なさそうだったので、
観るべきかどうか、どうしようか、と結構悩んだのだが、
あらゆる角度から、内容確認の是非を、検討した結果、
とうとう、有楽町まで行って、観てしまった・・・。



和泉聖治監督・「相棒 -劇場版Ⅱ-」。


結論からいえば、
予想以上に、筋に凝りまくった、
じつに見事なる出来栄えの、ミステリー&サスペンス映画であった。
正直これに、どこでどう、文句をつけたらいいものか、
まったく、わからない程なのだ・・・!

長期的TV推理ドラマ・シリーズの、映画化でありながら、
その基本設定線すら、揺るがしかねないほどの、大ジャンプをも、敢行。
森崎東版「釣りバカ日誌スペシャル」も、真っ青の、大技を・・・。


推理ものなので、例によって、作品中の謎の詳細は、
あえて明示を、避けておきたい。

台詞中に突如出てくる、「影の・・・」が、やや唐突に感じた事と、
ロープ使用のシーンで、笑えた事、
もしもあったらこわ~い、警察組織内のいざこざが、
リアルすぎる設定で、かなりコワかった事、
小西真奈美がかっこよくて、素晴らしかった事、
ラストに「必殺!3 裏か表か」を、一部想起した事、
・・・のみを、示しておく。
  
後は、いきなり観て、
その目で、秀作である事を、確かめていただきたい・・・。


以上。


しかし、出来のいい邦画には、
なぜか、岸部一徳が、よく出ている・・・?みたいで。
スポンサーサイト
  1. 2011/01/25(火) 23:35:40|
  2. 劇場用映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<主水・資金大工面 | ホーム | 参・先祖大集合>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aworker.blog15.fc2.com/tb.php/1253-d8970b67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アWorker

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。