シネマ旅の途上にて

自主映画ウォッチャー、アWorkerのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

秋の夜ふけは人恋しくて

記者デリックの、報告。


11月6日・土曜。


午前中、仕事。

ぼちぼち、公私ともに、
冬場の準備で、忙しくなってきた。

予防接種、健康診断、年末年始の準備、等々・・・。
そして、これ(ブログ)を書く時間も、必要。
大分、あわただしくなってきた。
生活時間が、連日、
思うに任せない、じれったさ・・・。


今年は夏の猛暑が、長引いた影響で、
秋らしさが何となく、希薄な感じ。
ハロウィーン・シーズンが過ぎてもなお、
神社の銀杏の葉も、まだろくに色付かぬというのに、
街には早くも、クリスマス商戦の飾り付けが・・・。
どうも季節感に、異和感が拭えない日々。



午後、天気がいいので、都内を散策。
早稲田祭周辺を、しばし、歩く。(注1)
早稲田松竹のロビーを、ちょっとのぞくと、
今日も、喫煙者で一杯だ・・・。
あいにくと今日は、2本観るには、時間が半端なのだ・・・。


夕刻、16時半前より、原宿。

この周辺は、たまに歩くと、
独特のファッション・センスの、若き男女が普通に歩いていて、面白い。
遠目に「あ、長髪レゲエ兄ちゃん!?」と思ったら、
某店の前に立っていたのは、よく見れば、マネキンだった。


17時少し前、
またも訪問、自主映画公開スペース・原宿キネアティック。

<B-SHOT PICTURES>3本立て、1000円。

客席は、十数名。
顔見知り&その友人率&男性率、高し。
作品群出演者の関係上、
芸社・アウトマン方面等とかぶるのは、致し方あるまい。
どれもなかなか、いい出来なので、
できればもっと、一般の方にも、ちょっと観に来てみてほしいものだが。


「林檎酒哀歌」(2008年/再見、既述)に加えて、
続編新作「林檎酒哀歌2」(2010年・初見)も、上映。

「ゴッドファーザーPART2」形式で、うまくつなげている。感心。

1作目のダークヒロイン?新撮回想シーンと、
2作目の威勢良き新人ホステスが、交互に描かれ、
終盤でしっかり、リンク。うれしき限り。

そして、1作目のもめごとの、すべての元凶は・・・
ナンパな男性約1名と、先輩ホステス約1名だった!(注2)
(あんたら、たいがいにせ~よ!の声も・・・)

1作目ロケの御茶ノ水と、2作目ロケの亀有?(注3)が、
割と近くみたいで、「あり~?」なのは、御愛嬌というか。

バーの盲目ママや、1作目の帰郷ヒロイン(演:創木希美)、
ホステス・スリーアミーゴス、常連客達のその後も、
概ねほほえましく、エピソードが描かれていて、穏やかな感じになった。
とりあえずは、めでたしめでたし、というべきか?と。

あ、でも、「ゴッドファーザー」も3本目まで、あったよな・・・?などと。
寅さん映画で、吉永小百合が再登場したように、
まだやるかも?しれん。


B-SH0T作品群名場面集、
「荒野の映画史」(2010年/構成・編集:山岸信行)を、
引き続き休憩なしで、上映。

1985年から現在まで、未完成映画シーンも含めて、
8ミリフィルム・VHS・DVと、
画質が変化してきているのが、よくわかる。

阪神淡路大震災あたりから、現実がフィクションを凌駕し始めた、
という字幕説明も、時代の変遷を感じる・・・。
この世に最後に残された、<フィクション世界の入る余地>が、
監督にとっては、ホラー映画だったのだ。

ただ、少し私見を言うと、
<平成ゴジラ>シリーズあたりから既に、
フィクション映画の持つべきファンタジー性は、
リアル世界の変遷とともに、
かなり、脅かされてきていたようにも思われる。

現実のコンピューターや、バイオテクノロジー等の進歩に合わせる形で、
設定修正・情報性強化的様相が、入り込むに従い、
それらが、SF・ホラー映画本来の、
原初的恐怖や、得体のしれない不気味さ、というものを、
徐々に薄めてきていた面は、否めない気もするのだ・・・。
セミ・ドキュメンタリー寄り作劇・撮影の方向性へ向かう、という手法も、
その後「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」等で、模索されてゆくのだが。

なお、「荒野の映画史」内では、
新旧、似た状況のシーンを、
重ね映し、並べ写しなどしていて、興味深い。
不意にアクション・疾走シーンが入ると、こちらも活気づく。
編集テンポも、良い。

そしてこれは、半ば、
ヒロイン常連・三宮映子の、名場面集にもなっている。

ファンタジク・シーンの展覧会は、
大変イメージ豊かで、面白いものだった。


実に贅沢な試写会気分で、
一気に観れたのは、よかった。
 
帰りには、例によって、
しばし、打ち上げ会を、楽しむのだった・・・。


以上。




注1:六大学野球では前日、優勝が決定したこともあり、
   大いに、盛り上がっていた様子。
   ここでも自主映画を観る時間が、欲しかったな・・・と。


注2:その役の女優はこの日、受付嬢を担当していた。


注3:「こち亀」秋本麗子像が、この頃、作り直されたそうな。




付記:同日

このところ、とある監督より、
あるシーンに出ないか、という話が来ていたので、
内容を十二分に検討の結果、
出演を、承諾した。

ただし、もはや細かい打ち合わせの時間等、
おそらく年内には、取れない可能性が大なので、
撮影・音声撮り等すべて、丸1日で済ませる事、
台詞は覚えて来なくていい事、
必ず完成して、皆にお披露目上映する事、を最低条件に、引き受けることとした・・・。

以前、ほぼ同様の条件で、素人エキストラ・デビュー作のはずが、
監督の資金不足、その他の事情で、完成できなくなり、
非常にがっかりしたケースが、あったので、
こういうことに関しては、まず慎重を期する主義なのだ・・・。

とはいえ、これまでに数本、わずかだが出たことも、あるので。
今回は、撮影から完成・上映まで、
順調に進んでゆく事を、願っている。


スポンサーサイト
  1. 2010/11/07(日) 01:04:28|
  2. インディーズムービー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<秋はセンチに哀しくて | ホーム | 秋は会えない人らを想い・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aworker.blog15.fc2.com/tb.php/1210-7186fc8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アWorker

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。