シネマ旅の途上にて

自主映画ウォッチャー、アWorkerのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

秋は深まりたそがれて

記者メリックの、日記。


11月2日、火曜。

夕方。
仕事帰りに、都内へ。

又、山手線が遅れ、ダイヤが乱れた。
乗り換えの新宿駅は、またも、ホームがぎょうぎゅうに。
理由は大体、察しがついている・・・。

上海万博も終わったばかりの、この時期、
なおも、世間の就職難は、
さっぱり、解消されていない、という・・・。
大学は出たけれど、新卒ですら、
就職に約3割が、あぶれているそうではないか。
ましてや、年長組は・・・と。

異常気象は続き、
スマトラは地震、ジャワでは噴火。
生物多様性会議とやらじゃ、
地球は死にかけている!」発言も出てたとか。
海底資源の獲りあい、国境がらみ云々で、
国際紛争は、次から次へと、勃発し・・・。

でかいニュースが、こんなんばかりじゃ、
そりゃ、気も滅入るわな。
「日本沈没」、「ウルトラマンレオ」、「デビルマン」に「マーズ」と、
あのあたりの、人類のいろんなぼやきが、聞こえてきますがな・・・。


あ、そういえば最近、映画、行ってないな・・・と。

で、2、3箇所のプログラムから、
池袋・新文芸坐の、日替わり上映を選んだ。

やれやれ、ようやく、
劇場で映画を観る、時間と気力が、戻ってきたよ。

俳優・小林桂樹、追悼特集。
東宝映画、カラー2本立て。


「狐と狸」(1959年・千葉泰樹監督。多分再見)

「甲州商人」という、原作があるそうで。
黒沢映画も担当した、菊島隆三による脚本。

でも、なぜか・・・これは舞台が、山梨ではなく、
茨城県・霞ヶ浦周辺。
台詞や、旅館の看板や路線バスの文字等に、
土浦・鹿島・鉾田などの地名が出てくる。
(そういや、鹿島鉄道線、もうないんだよなあ・・・の声)

題名通り、狐と狸の、
ばかばかしいまでの、せこい化かし合いが、見どころ。

化かし合うのは、
純毛・本絹などといって、化繊・人絹製品を売りさばく、
服飾の行商人チームと、
結構したたかな、農家や、農協理事らの買い手達。
さらには、行商人たちの女道楽につけこんで、がっちり稼いでる、
連れ込み&飲み屋の女たちが、からむ・・・。

のんびりした雰囲気とテンポながら、
全篇、人を見たら金と思え!の、
商魂たくましさの見本市、アラカルト。
後半の大博打商売など、傑作セールス・シーンの連続で、場内もバカ受け。
突発的抗議者への対応も、なかなか、お見事。
(半分、寅さんっぽくも、見えるよなあ・・・の声)

あまりにも、ローカルかつあけっぴろげな、売買双方の調子の良さぶりに、
げらげら笑いつつも、
戦時中のノスタルジーーで、老婆をだまして売り込み、
いささか後味が悪そうな、小林桂樹の元文芸派インテリ行商人、
就職難で叔父・加東大介の行商見習いになった青年(夏木陽介)など、
事情は違えど、今日のご時勢を思わせる、
悩みを抱えた煩悶シーンには、ちと、泣けてくるものがあるのだ・・・。

東宝スター映画らしく、出演メンバーがほとんど、
東宝サラリーマン・シリーズと、共通。

売り手側が、加東大介・小林桂樹・三井弘次・山茶花究・清川虹子に、
青春スター・夏木陽介、
そこへ中途参加の、森繁久弥。
村の衆に、左卜全・飯田蝶子・中村是好。
飲み屋が、草笛光子・団令子・三好栄子。
椿油の売り子の一人は、よく見りゃ、若き日の塩沢とき。
チョイ役で、三木のり平と有島一郎。

喜劇の達者な、重量級のベテラン揃い、
これは今見ると、かなりすごい・・・。
もう揃わねえよな、これだけ。
いい仕事してるよ。うん。
(亡くなった人も、いるしな・・・の声)


「天才詐欺師物語 狸の花道」(1964年・山本嘉次郎監督)

・・・こちらは、場内アナウンスでもことわっていたんだけど、
初公開時には「天才詐欺師 たぬきの中の狸」だったものを、
後に改題したフィルムの、上映。

これを先に言っておかないと、本当に、
「題名が、昔と違うぞ~!」「前に観たものじゃないか!」「詐欺だ~!」になっちゃいますからねえ。
まあまあ、ちゃんと残ってただけでも、よしとしましょうや。

主役・小林桂樹が一転、情けなさの極地みたいな、
生活力皆無の競輪狂い、性格のきつい妻に見放され、
おまけに年中、口からでまかせ、ホラ吹き、
せこい詐欺をやっては、すぐ捕まる・・・
という、どうしようもないダメ亭主を、コミカルに演じている。

だってねえ。
被害者たちからまた、小銭をせしめてるんだよ。
技が効きすぎ。
どうしようもねえよ、こいつの癖は。
治らねえな、もう。

それを、三木のり平の刑事が、追っかけつつも、面倒を見てやる、というドタバタ。
パチンコ屋張り込みのところとか、ほんまに、ばかばかしくて。

いってみれば、戦前までのエノケン一座風喜劇を、
この2人中心でやろう、というもの。
「エノケンのちゃっきり金太」みたいなやつの、昭和元禄版。
話がかなりゆるいのと、
留置所の描写の、のんきさが、ちと気にはなりましたが。
割におおらかというか、
まあ、結構笑えましたぞな。

山茶花究の店長を、
人と金にせこく、嫌味な悪役にしたのは、正解ですな。
この人ってこういう役、多いらしいんだけどね。

しかしまあ、ここでも途中参加の、牢名主?森繁久弥。
出番でいちいち、目立ちまくってましたぞ。
一瞬、だれだ~?と思ったよ。
あの茶髪っぽいメークに、浮きそうなくらいクサイ芝居、
そりゃ、目立つさ。爆笑。
あの人だけ、動物電気というか、ビリビリッ!ときてましたねえ。


てなわけで。
今日のところは、ここまで。
劇場のお帰りは、あちら~イ!


以上。


スポンサーサイト
  1. 2010/11/03(水) 13:00:23|
  2. 劇場用映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<秋の夜長に黒衣が踊りて | ホーム | 新・刺客人マキ(終)「消失」>>

コメント

ついに来ちゃった・・・! 

映画会社のMGM、
ついに3日、倒産、
再建計画に入るとか・・・。

OO7は、隔年復活?の案も、あるらしいけど・・・。
中国・インドあたりの資本が、入ってくるのかも・・・?などと。
どうなるんでしょうね?
  1. 2010/11/07(日) 14:07:46 |
  2. URL |
  3. アWorker. #-
  4. [ 編集]

急報・・・

「宇宙戦艦ヤマト」シリーズのプロデューサー、
西崎義展氏、
父島の海で、船から転落死の報・・・。
享年75歳。
合掌。
  1. 2010/11/07(日) 21:00:34 |
  2. URL |
  3. アWorker. #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aworker.blog15.fc2.com/tb.php/1207-27e2bbee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アWorker

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。