シネマ旅の途上にて

自主映画ウォッチャー、アWorkerのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夏は・・・あの子どもらと

政の、日記。


8月26日・木曜。

夜7時前より、下北沢・本多劇場。

ロビーは既に俳優ファン・観客と、花束飾りでいっぱい。
当日席入場料、4500円。

舞台公演「THE KIDS」、拝見。
演出・出演が、小野寺丈氏。
冒頭自ら、劇中の台詞で、
<携帯電話OFFのご注意>を行なって、張り切っている。

とにかく、この出演メンバーが、すごい・・・。

 映画「君は裸足の神を見たか」主役・
「ウルトラマンネクサス」隊長の、石橋保。
「新撰組」・沖田総司にして、
「はぐれ刑事純情派」上司役・島田順司。
「男はつらいよ」御前様の娘にして、
「必殺仕事人・激突!」お歌の、光本幸子・・・!などなど。

舞台には、おなじみSATOMI女史も、
ドラマ展開上重要な、
痛い目にあう、泣かせどころの役で、好演。

その上に、ジャニーズ・メンバ-まで、いるのだ。
よくぞ、これだけの人々を。

この芝居では、劇中に男性ナレーターが登場し、
状況のわかるように、解説をする。
取り壊し寸前の、学校旧校舎の、古い校門が、
ある法則に基づき、時空超越のゲートとなっている。

魂のみのタイム・スリップを繰り返し、
30歳以上の登場人物が、次々とゲートをくぐり、
1980年代の世界の、自分の若い体に、
突然、移動してしまう。

その間、2010年では、大人の体に、
子ども時代の自分が、入っているのだ。
そして2つの時代にまたがって、大混乱が起こり・・・
という、和製「バック・トゥー・ザ・フューチャー」なお話。

今回、なんといっても、ものすごいのは、
石橋保が、首相と・・・小3子ども時代の、
実質2役で、奮闘!する姿だった。

親のレールに乗って動くのに、
疲れてきて、悩んでいる、彼。
子ども時代では、「下品な言葉はいやだ!」と怒る少年姿、
記者会見で、ふざけておいたをする、
子ども化した<首相>。
空腹絶倒。

赤ちゃん姿のまま、会話する<大人>たち、
それに慌てる、母親や保母、といった、楽しい光景も多々、見られる。

若干の、法則的反則技?と、
親子の情愛でまとめる、終盤は、
実に、心憎い・・・のだった。

いや~、泣けて笑わせて。
なかなかやるのう、小野寺丈チーム。
観れて、みんな、ラッキーだったなっ!と。


以上。
スポンサーサイト
  1. 2010/08/27(金) 00:20:15|
  2. 演劇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夏は・・・あの時代へ | ホーム | <映画界おくりびと>>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aworker.blog15.fc2.com/tb.php/1166-650ce338
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アWorker

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。