シネマ旅の途上にて

自主映画ウォッチャー、アWorkerのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

仕事人、遠い国に旅をする

小五郎の、日記。


6月26日・土曜。

夕方、東銀座、東劇。(注1)
「イエロー・ハンカチーフ」。

・・・まあ、大体、
元祖?「幸福の黄色いハンカチ」と、似たような展開だが。

高倉健の役が、ウイリアム・ハートに。
渋く力持ちな、壮年男性。
案外、うまくはまってる。

武田鉄矢に相当する、青年の外見と性格が、大きく違う。

あれほどに、能天気なナンパ男ではなく、
もっとナイーブな、青年。
周囲の狭い世界から、キモがられて、旅に出たらしい・・・。
今日ではこのほうが、なじみが出るのだろう。

原作の延長上らしく、アメリカ中央部の話になっている事もあって、
旅館はモーテルになり、炭鉱は石油採掘場に。
ロボコップの話が出るなど、ぐっと自然に思える。

驚いたのが、初代ヒロイン?役の登場。
そうか、ハリウッド、行ってたんだよね。
まさかここで又、お目にかかるとは。
初代と二代目の交差。感慨深い。

大体、わかっていても、終盤は、
やっぱり、気持ちよく、泣けてくるよなあ・・・と。



6月27日・日曜、
昼間、新宿バルト9。(注2)

話題作の「告白」(怖そう!)や、仮面ライダー映画の大入りで、
ロビーが、ものすごい混雑になった。
<入口付近で無く、ロビーでお待ちを・・・>のアナウンスが、繰り返されている。
その影響だろう、観る作品の上映開始が、10分遅れになった。
シネコン・スタッフも、ご苦労様、である。


「SRサイタマノラッパー2」。

予感していた通り、
いきなり、続編からの拝見になった。

そして、内容は実質、
グンマノ女子ラッパー、だった。

群馬の田舎に住む、
こんにゃく屋の、小柄な眼鏡っ娘が、
主役にして、一同の牽引役。 

その地元へ、埼玉から、
1作目の主役らしき、男性ラッパー2人が、
今は亡き、伝説のDJラッパー氏の<聖地>を探しに来て、
ドラマが、始まる。
訪問者の言葉が、主人公に、きっかけを与えるのだ。

高校時代の、ライブ女子メンバー達が、
再結成するまでの導入部が、快調。

地方社会の隅っこに、いかにもいそうな、生活者女性たちの、
奮闘する姿が、ユーモラス。
年齢や、ラップが流行りで無い事を、半ば自覚しつつも、
再会すると、対話が自然と、ラップ化してゆくのが、楽しい。
(昔取ったきねづか、ってやつだな、の声)

埼玉VS群馬という、きわめてローカルな、
ラップでの応酬合戦も、リズミカルで、面白い。
会話の最中に、場面が一気にミュージカルと化す、
その呼吸は、素敵だ!

が、しかし、後半が・・・。
哀しすぎる。
せっかく上がりかけた、こちらのテンジョンが、
みるみる、下がってゆくのを感じる・・・。

実家・周囲との温度差も、さる事ながら、
予定外のライブ条件、2歳違いでの意識差、などなど、
女性ならではの、痛~い話が、多いせいだろう・・・。

それと、お家の売り物の、アレを無断で、
アレに流用するのは、ちと、まずいんでないかい?と。

ああ、素朴で美しかった思い出が、
遠くなってゆくよ~、という感じ。


ライブ会場ではない(!)場所での、
一応の、クライマックス・シーンには、
え、ここでなの?と、驚いたが。
ラップ会話と、日常生活感の融合が目指され、
大いに効果を、あげている。
泣かせるじゃないか。
本来、歌と日常生活との関係性とは、
こういうものだったのかも、しれない。


祭りとしての、騒ぎ足りない感は、
全体としてはどうしても、残るけれども・・・ね。


現代のラッパー・ヒロインは、
地に足のついた、覚悟が必要。
まず、生活とのリアルな戦いや、
親や周囲に理解されぬ、寂しさとの戦いが、必要なのだ。

(今でもいるのかね、
 <アメリカかぶれ!>って言葉、使う人って・・・?の声)

主人公が、生活派詩人に見えてくる、
シビアだが、どこかユーモラスでもある、一篇。



(で、続編もまだ、あるの?の声・・・)
(あるなら、やっぱり、観たいなあ、の声)


以上。



注1:
銀座シネパトスや、歌舞伎座の、すぐ近く。
現在の松竹・本部ビル内にある、映画館。

かつては、東劇の向かいに、<銀座松竹>があって、
一時期は、3スクリーンの1つが、
旧作上映の<松竹シネサロン>となっていた。
閉館前には、<松竹セントラル1・2・3>であった。



注2:
旧・新宿東映会館(大小3スクリーン)の跡に建てられた、
丸井の9・10・11階に作られた、シネコン。
受付は9階。
スポンサーサイト
  1. 2010/06/28(月) 21:13:10|
  2. 劇場用映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<仕事人、哀悼する | ホーム | 仕事人、ちょっとへばる>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aworker.blog15.fc2.com/tb.php/1127-80869ee3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アWorker

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。