シネマ旅の途上にて

自主映画ウォッチャー、アWorkerのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ビーグル85「Gメン遅かりし!黒谷町の手斧事件?!」

ビーグルGメン・南田捜査員の、事件簿。


劇場版・「TRICK3」。

すっかり、テレビ朝日系の<寅さん・さくら>?と化した感もある、
この名(&迷)コンビ・冒険シリーズ。
4年ぶりの、劇場版新作。

ドラマとしての基本形は、探偵小説の謎解き入門と、
江戸川乱歩~横溝正史路線の、哀しき因縁話、なのだが。

そこに、定番・探偵と助手役を、
互いにヒールで、現代的物欲にみちた、男女コンビに設定、
ボケとツッコミを交互に行なう、
<知的漫才>風会話の担い手として、投入。
TVや映画の楽屋落ちや、ニュースのネタをまぶしたもの。

そこへさらに、あてずっぽう同然に、捜査状況を振り回す、
最低最悪の3人目探偵・矢部警部が、
部下(大ハッスル・池田鉄洋!)とともに加わり、
<文字力>商売の母上も、ちゃっかり登場する・・・    
といえば、メイン解説としては大体、「OK牧場!」だろう。
(お前まで、それやるな~!の声)

ついこの間まで、PRを兼ねて同時進行していた、
「警部補 矢部謙三」での、
偶然と部下と庶務課だより?の、大活躍に比して、
映画では、この矢部警部補、
なぜか、まるっきり、活躍しない・・・。

今回も、ご多分にもれず、だった。
仮に現場にいれば、間違いなく状況を、
より混乱させる・・・のだろうが。
本当はもっと、映画でも活躍?してほしいのだが。

で、結論でいえば、
悪役・松平健が、すこぶる目立つ以外は、
おおむね、いつものTVシリーズの守備範囲を、
大きく越えるものではなかった。

子供時代に、観ていたファンも多いためだろう、
基本的設定や、よくあるトリック・マジックの、
おさらい勉強会を兼ねている、といった印象。

まさにそここそが、世代を越えつつある、
このシリーズの、強みでもあるのだが。

逆にいえば、登場キャラと、基本形・イメージが
既に、十二分に、固定化しているわけで。
あまり、外れた事が出来ないだろうな、と。

「あいつなら、これ、やらない!」
「こいつなら、まず、こう言うだろ!」というのが、
どうしても出てくるから、
その状況下で、すばやい飛躍を持ってくるべく、用意しつつ、
ファンサービスするのも、いろいろと、大変だろうな・・・と。

とはいえ、観ていると、
あんまりだ~!な悲劇への、哀感をそそられつも、
明らかな<ネタ仕込み>の所では、
やっぱり、ほぼ皆と共に、笑わされてしまったのだった・・・!

どこから見ても、いかがわしくて、つい吹き出してしまう、
ユーモラスな、インチキ<霊能力者>達に向かって、
「見破る!」「お見通しだ!」と言っては、推理を展開。
次々と、ピンチを乗り切る、冒険コンビだが。

よく見れば、周囲では結構、
反自然的現象(檻のシーン!虫!)が、起きてる世界じゃないか!
あれは・・・どう説明するの~?などと。
ああ、うさぎよ、アリスの世界は、目の前だ。
(チャンピオン!とか言うなよ・・・の声)

最近は、ウルトラ・ライダー位しか、
テレビドラマの映画化に、あまり行かなくなった、小生でも、
ウケてるヨ。じわじわ~、と。
これももう、いつしか10周年、
クセになっちまったな。

「トリック・マン・タロウ」なあんてのが、制作される日も、
案外、近いのかも・・・?などと。


以上。
スポンサーサイト
  1. 2010/06/10(木) 23:35:39|
  2. 劇場用映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<<劇場版!?スケバルマン姉妹VS馬刺しはみだし爆走軍団SP> | ホーム | ビーグル85「GメンVSスケバルマンVS非情の暴君女帝!」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aworker.blog15.fc2.com/tb.php/1113-61f9b8f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アWorker

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。