シネマ旅の途上にて

自主映画ウォッチャー、アWorkerのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

リメンバー・アワー・リベンジャーズ

政の、日記。


ちょっと戻って、20日、土曜。

昼間、再び京橋、フィルムセンター。
篠田正浩監督特集、最終日。



「乾いた花」。(注1)
1964年・松竹大船。
池部良・加賀まり子・杉浦直樹・他出演、モノクロ。

お勤め終えて出所した、池部の渋い中年やくざが、
賭場で派手に遊び、刺激を求める、謎の女・加賀に出会い、
意気投合、つかの間の交際をする、ロマンス。
そこに新興組織の、勢力進出がからむ。(注2)

教会や、洋風バーのシーンに、ジャズやクラシック調の音楽が重なり、
日本のやくざ映画にしては、フランスあたりの洋画の様な、現代的な雰囲気。

その分、後に池部が多数出演する、仇打ち侠客物と比べると、
カタルシスに、乏しい面もある・・・。
ああいう路線の映画をあらかじめ、裏返してみせたような印象も。

かつてのライバル同士だが、手打ちをして、
ギャンブルや洋食を共にし、世間話をする、
宮口精二(注3)と東野英治郎(注4)のシーンでは、
場内にいっぱいの高年齢層男性達から、どっと笑いが起きていた。
古風な親分達が、そういうのをやるギャップが、ウケていたらしい。

若き佐々木功(注5)が、
仇打ち野郎から、あっさり転換、
元・仇を「兄貴!」と慕い、調子良く交流し始める変節ぶりが、
いかにも現代的で、可笑しい。

加賀の正体は、終始あいまいなまま。
本業の暗殺で、しっかりとキメた主人公が、
スパッ、と置いていかれるようなラストが、クール。



「処刑の島」。
1966年、大映映画として公開。
岩下志麻・新田昌・佐藤慶・小松方正・三国連太郎・他出演、カラー。

いきなり、人が断崖から荒海へ、落ちる。

ある島の沖に、かつて流人島だった小島が。
そこへ20年ぶりに、訪ねてきた、
ミシンのセールスマンらしき青年(新田)。
地元の小学校教師や、土建業の社長らは、
次第に、彼の正体に気付け始め、慌てる。

実は彼はかつて、対岸の感化院におり、
罰則で渡らされた小島で、
三国の酪農場主に、牛馬同然にこき使われたあげくに、
長年、死亡者扱いにされていた、過去があった。
彼は今、あの頃の真相を確かめ、決着をつけるために、
再び、現れたのだった・・・。

この旧軍人調の農場主が、とんでもない、横暴な奴で。
小島では、誰も、逆らえないのだった・・・。

「釣りバカ日誌」シリーズや、皇潤CMの三国しか知らない人には、ショックかも・・・?
でも本来、こういう、独自演技派なんだよね、三国連太郎って。
こんな暴君親父でも、ひたすらかばう娘(岩下)が、不憫だ・・・。

難を言えば、
構成上、過去の重大事件が二つ、ってのが、ちょっと無理があったかも。
なら、何で二度目のとき、早めにそいつと、気付かなかったんだ?という。
しかし、離島ロケは迫力だ。旅情を誘うぜ。


篠田監督、すでに「スパイ・ゾルゲ」(注6)で、引退を表明しているが。
この日の観客の間でも、「再登板ないの~?」と、結構、期待されていた。
だからまだもう一発、何かやってくれそうな?予感も・・・などと。


終了後は、渋谷・ユーロスペースへ。

<桃まつりpresents うそ その弐>。


つづく。
注1:
同じ篠田監督作品のラインアップに、
「乾いた湖」という映画があって、
よく間違えられるが、これはまったくの、別な作品。

三上真一郎主演、岩下志麻も出演。
60年代、学生運動の嵐の時代に、
そんな周囲の学生達を、醒めた目で眺めて、
だらだらと遊びまわりつつ、
独自の野望を抱き、大物に接近するも、
挫折する青年が、出てくる。
しかし、「あんな独裁者かぶれの、運動家学生がいるのか?」などと、
批判される事も多い、やや理屈っぽい作品。


注2:
この作品以後、池部良は、
東映映画でおなじみの、古風な殴り込み侠客役が増えた。


注3・注4:ともに、黒沢明監督作品の常連。
東野は悪役スターから、TBS版「水戸黄門」の初代主役に。
その実子が、「ウルトラマンタロウ」副隊長や「あばれはっちゃく」父ちゃん役の、東野英心。

注5:
後に名曲「宇宙戦艦ヤマト」を歌う、
歌手・俳優の、ささきいさお。


注6:
2003年公開。
「おくりびと」の本木雅弘も、出演。

実写部分は悪くないんだが、
まだ技術開発途上だった、
「写楽」以来の、CG風景描写が・・・ぺったんこで。
「三丁目の夕日」の頃に、出してれば・・・と。


なお、岩下志麻は現在、篠田監督夫人。女優現役。
ドラマの傍ら、ときおり、魔法びんや炊飯器のCMで、ユニークな味を出していたっけ。

「極妻」シリーズの終盤頃、
とよた真帆出演作のとき、
銀座へ、公開舞台挨拶を観に行ったら、
壇上に立っていた。
目の前で、指を拳銃ポーズにして、「今、これもんです!」やってたよ・・・。
かっこいいぜ、岩下志麻。

スポンサーサイト
  1. 2010/03/21(日) 21:28:52|
  2. 劇場用映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<リメンバー・ゼア・トーキング | ホーム | リメンバー・アワー・アンセスターズ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aworker.blog15.fc2.com/tb.php/1052-a8bbf9a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アWorker

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。