シネマ旅の途上にて

自主映画ウォッチャー、アWorkerのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

リメンバー・アワー・ソサイエティー

経師屋の、日記。


3月10日、水曜。
夕方、 神保町シアター。

ここは、吉本興行の舞台と、一緒の建物なので、
ロビーには吉本系芸能人グッズが、いっぱいある。
オリジナルの芝居も、やっているらしい。
映画館は、地下のスクリーンになる。

18時45分、今宵は、
<春よ!乙女よ!映画よ!>特集の一本、「むかしの歌」。
1939(昭和14年)・東宝京都、白黒。
森本薫原作・脚本。
石田民三監督、助監督は市川崑。(おおっ、今度はすぐ出たぞ!の声)

明治中期、西南戦争の予兆ただよう世相の、大阪を舞台に、
伝統的商人一家の、マイペースお嬢はん(演・花井蘭子)が、主役のドラマ。

彼女をとりまく、
商人ぼんぼん、生みの母、転がり込んだ貧乏な家出娘らと、
交流しつつ、日常を生きる様を、いきいきと描く。
派手なアクションは少なく、もっぱら舞台芝居に近いので、
良質の文芸ドラマ、と呼ぶべきだろう。


三味線の得意な娘に、
芸姑稼業をやればウケるのに、と才能を惜しがる、出入りの髪結いおじさんや、
内職仕事で食いつなぐ、元武士の妻と娘、
西郷隆盛が立つ!と、仲間に同行を勧める男、
生活に疲れ、死に場所を求めて、出陣を考える元武士、
便乗相場の大損で、崩壊する商家夫妻、などが登場。

一見のどかな日常風景ながらも、時代とともに変わってゆく、
町内を、交差する人々。
木の橋で、風車売りの少女が通る、
何でもない光景が、なぜかいとおしい。

大手も中小企業も倒産続出、学生就職がまだ2割も未定という、
<就職氷河期>以上の不況といわれる今、
何とも、つましき思いにさせられる話も多く、
心中、涙するのだった・・・。

ラスト、つとめて気丈に振舞いながらも、
人力車の上で、表情が変わる主人公には、
やっぱり、泣けてくるのだった・・・。


以上。

スポンサーサイト
  1. 2010/03/14(日) 02:00:53|
  2. 劇場用映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<リメンバー・アワー・ジャーニー | ホーム | リメンバー ・アワー・リポーターズ>>

コメント

スパイ死ス・・・

TV版「スパイ大作戦」の、<フェルプス君>こと、
ピーター・グレイヴス、83歳で、死去。
合掌・・・。
  1. 2010/03/16(火) 01:23:56 |
  2. URL |
  3. アWorker. #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aworker.blog15.fc2.com/tb.php/1044-b32d70dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アWorker

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。