シネマ旅の途上にて

自主映画ウォッチャー、アWorkerのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

外伝ゼヨン・九「泣くな剣豪、男ぜよ!」

主水日記。


ずっと続くのかな?と思っていた、テレ朝系「はぐれ刑事純情派」も、
この間の最終回SPで、
あまりいつもの地方ロケと、それほど変わらない感じのままで、終わった。
久しぶりに観たら、ぼんちおさむ(ザ・ぼんち)の刑事が居ないのと、
岡本麗の女性刑事が、転職?してたのには、ちょっと驚いたが。


だから、もしやもう、やらないのでは?と案じていた、
フジ系の、「剣客商売」スペシャルだったが。
秋頃の設定で、もう1本、撮ってあったようだ・・・。
今日、放送があった。

秋山小兵衛、大分、老けてるなあ・・・。
以前なら、腰の事とか、あまり言わなかっただろうに・・・。
歳は、争えない。
あまり動かさないように、撮ってるようだったな。

その分、はぐれ刑事上司課長氏の扮する、世話好きご老人役や、
鬼平殉職・伊三次氏や、元・田中様の岡っ引き氏、
などの出番が、いつもより長めに、取られていたような。

実質的主役は、中村梅雀の流れ者剣豪と、
星野真理の、若妻。
この二人が、とても、いい。

え、あの梅雀のおっさんが、
小兵衛と手合わせしたい、道場破りの剣豪役?
・・・できるの?と、最初は正直、いぶかったが。

う~ん、やるときゃやるぜ、おっさん!
なかなか、早い動きに見えるじゃないか。刀さばき。
一見、飄々とした奴が、ああやって迫ってくると、
結構ビビるぜ。うん。
「こいつ、油断大敵!」って、思わせてくれるよな。

そんな人物にも、人知れず、
ある寂しさを見せる逸話が、あったのだ・・・。
四十八歳・・・アラ・フィフティー。
もう若くはない、迫り来る老年をしみじみ、感じさせる話が入ると、
つい、じんわりとしてしまう・・・。

この剣豪、妻子を江戸に置いたまま、武者修行の旅に出っぱなし。
帰ってきたら、待ち焦がれていた妻は、とうに病死していた。

幼かった娘は、母を捨てた父を恨みつつ、成長。
奉公経由で、結婚、一児をもうけるも、
最近、旦那が、急な病に。
不幸な境遇の、若妻が、
そう、星野真理。

彼女の貧困につけこんで、非合法の借金漬けにした上、
高額な薬と引き換えに、
薬問屋への貢物にと、お約束のエロい罠を、
お膳立てする人物が、温水洋一・・・。

そちらは、ちょっと気の利いた、いいエピソードで、
割にあっさりと、決着するのだが。
そこですっきりとは、話は終わらない・・・。

そちらの涙話が、じんわりくる、いい話なのに比べて、
道場破りへの、えぐい報復を挙行する、ワル人物の出番が、
あまりにも、空きすぎてしまったのが、今回の欠点か。
そりゃ、すぐには標的の人物は、見つからないとは思うのだが・・・。

その分、秋山家道場二代目氏が、
張りのある台詞、迫力ある殺陣で、大暴れ、
女房の優しき気遣いシーンとともに、
引っ張って、もたせてくれた。


この「剣客商売」シリーズも、
一部レギュラー交代、EP曲交代、
登場人物の年月変遷とともに、
寅さんシリーズのように?続いてきているが。
シリーズとしての幕引きは、来てしまうのだろうか?
それとも・・・?



以上。




スポンサーサイト
  1. 2010/02/05(金) 23:32:42|
  2. 時代劇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<外伝ゼヨン・拾「東奔西走 、一期一会ぜよ!」 | ホーム | 外伝ゼヨン・八「鬼は外ぜよ!福は内ぜよ!」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aworker.blog15.fc2.com/tb.php/1025-79b72dea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アWorker

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。