fc2ブログ

シネマ旅の途上にて

自主映画ウォッチャー、アWorkerのブログ。

あの夏、8月の宇宙銀河系・・・

<9月、特別追記>



夏休み、旅人、覚書。



8月9日、日曜、午後2時より、BABACHOP。
自主制作団体・P-kraft、オムニバス上映イベント、第3弾、
<Paranoia Package>。


泉常夫監督の遺作・「遠く鳴りやまぬ声は」(再映・既述)を含む、7本の短編上映。
順不同で紹介すると、他の6本とは・・・。


関口純監督 「言語保存と文化」:

監督が赴任しているらしき、
ロシアのどこかの都市の、地方民族文化に関する、
地元住民達との、議論の記録。
(そういえば池袋で、P-kraftの送り出しパーティーに、伺ったことがある。)

実は彼らはそんなに、難しい話はしていないんだが、
なにしろ、ロシア語圏で撮られたドキュメンタリ-なので・・・
こちらは地理が、わからないから。
ちょっと、こんがらがる印象?かも。
でも、こういう、今の普通の市民的風景を観れるのは、一種新鮮である。


澤田尚樹監督 「FLY」:

女の前で、テーブルに突っ伏して、
スパの皿に顔をうずめたまま、青年が見たのは、
昔の洋画みたいに、小粋な台詞でいっぱいの、
自転車と海と男女、青春映画の世界・・・
あれは、遠い夢だったのか?

いいんだけど、括弧くくりにせず、
中身そのままやっても、よかったかも・・・と。
照れない位に、やったっていいんだ。
映画は、一時の夢なんだから。現代人にとっても。


迫田寿人監督 「仮面の輪舞曲」:


CG処理の進歩は、すごい。
東京タワーの上に、死神が二人。街を見下ろす。
(一瞬、浮かんだ、杉本哲太の「ビリケン」…の声)


戦争等で死人が増え、人手不足の死神が、
最近死んだ、この世と彼女に未練のある、幽霊状態の青年に、
よみがえりの条件として、
死神の代理手伝い人を、やらせようとするのだが・・・。
福島拓哉氏が、皮肉交じりな死神を、好演。

幽霊青年、目前に見る彼女を思いながら、
自己犠牲をもって救わんとする、その悩みと献身ぶり。
全体に漂う、暗さ、切なさ、哀しさ。

彼らなりに導いた、ささやかに希望あるラストが、ちょっといい。


植木英理監督 「恋の 接点復活」:

ぱっとしない、バンド・ガールの日常に、突如現れた、
男心を操る、その缶スプレー剤は、きっと…
喪黒福蔵あたりが、店に仕入れさせたに、違いない・・・。

そしてヒロインは、おのれの言動の身勝手さに、
男たちが困らされていたことを、
今になってようやく、認識させられる・・・?のだろうか。
やれやれ、ですなあ。


三條陸監督 「TPM」:

・・・おい!これって・・・
いわく、変態的。
ロ-ルペーパーまみれで。
しかも立派な、家宅不法侵入じゃないか~、
他人の家のトイレで・・・、やばいぞ~。
いくら、そういうのが、癖になってる人であっても、
それは・・・反則、です。
弁護不能です、以上。


最もはまったのは、
藤井健監督、「銀河合戦エピソードX ~スズキの逆襲~」。

これが、洋画系・SF映画シーンの、
パロディシ-ン、羅列しまくりで、
ついついくすぐられ、軽~く、笑わされてしまう。
仲間が並んで歩き、増えてゆくシ-ン・・・いいなあ。

泉常夫監督の「馬鹿ブロッサム・・・」に、似たような印象を受けるな、と。
作風の後継者が、現れたかな・・・と、微笑。


以上。
スポンサーサイト



  1. 2009/09/21(月) 22:20:31|
  2. インディーズムービー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

主水、往く晩夏に納涼大会する

主水日記。


こんな時節(21日)に書いて、
いいものやら、どうやら?とは思うのだが。
やはり、書いておかねばならぬ。


9月20日、午後1時より、6時過ぎ頃まで、
高田馬場、毎度おなじみの、BABACHOP。

<B-SHOT PICTURES’ 怪奇劇場V>が、始まっていた・・・。
どうにかこうにか、ラストデ-に、間に合ったのだった。

司会・進行は、浴衣姿の似合う、レディー・上村愛香嬢。
ゲストトーク・タイムでは、今日も快調、
サラっとユーモラスに本質をついた、各監督への、質問とコメント。 
外でも晴れて気温上昇、
屋内も、常連客の入りが、すこぶるいい。
遅めの納涼大会?には、ちょうどいい按配の、雰囲気 となった。


イベント・タイトルどおり、今回の新作群は、<魔女>がテーマになっている。

何度も来ている上映会だし、途中に休憩時間もあるとはいえ、
今回は、ギャグじゃ無し!の方針だったそうだし、
それに結構、長い上映時間なので、
観る前までは、正直に言って、
気分悪くなりゃ、しないか?と、まだ、不安だったが。
まあ、おおむね大丈夫だった。

DV撮影、でもどこか懐かしき?風味の怪奇ワールドを、
シルバー連休の昼下がりに、ゆっくりと、堪能できた。


ごく短かめに、作品評。
(括弧内は、主な制作・協力団体。)


恩田浩監督 「魔女ノ犬」:15分 (アウトマン・ラボ)

何かに怯えて走る、アウトマンラボ・恩田氏のアップ姿から、映画は始まった。
それだけで既に、ただならぬ空気が…来る。

最初のほうこそ、
B級・C級洋画らしき馬鹿話が、聞こえているが、
何かに怯える人物、というのは、
それだけでもう、怪しい雰囲気を形成する。
薄暗い庭の奥を映すだけでも、
何やら、それなりに薄気味悪さが、漂ってくる。

魔女幽霊、魔犬幽霊、とでもいおうか。
ああ、あの人が、この人が・・・哀。
子どもたちの居る前で、<魔犬>と格闘する人物のシーンが、見どころ。

よく考えたら、
本来、笑っちゃうような、情景のはず、なんだが・・・でも。
何か、怖い・・・。やっぱり。
人によっては、どっちもあり、なんだろうな。これは。多分。


中村幸一監督「魔女伝説」:12分+追撮1分 (B級ランダム)
主役の刑事が加納刑事。ドーベルマン刑事か?
なかなか渋いぜ、加納。
呑んでる日本酒にも、<魔x>の文字が。行き届いてる。

あんなところから落ちて、よく生きてたなあ、と思ってたら・・・魔女?
それなりにこわ~い、越坂奈月、星野佳世・・・。
ああ、きまぐれな女心は、こわい。
(どういう意味よ~!の声も・・・?)


岡本泰之監督 「3人の魔女」:17分 (どんぐり眼プロダクション)

恋のお悩み相談、魔法で解決、三万円なり。
魔女役3人と、おどおど気味のヒロイン・創木希美、
みなイイ芝居。適役。
魔女達が吐くシーン、ちょっと汚い感じだな、と思ったが、
容赦なき締めの絶妙さに、皆と爆笑。それでこそ、シュールな岡本流。


宮崎英輝監督 「真鳳堂の魔女」:25分30秒(電丼)

謎の占い師?いや、魔女の、星野佳世女史。
暗闇でライト、いかにも、諭すようなタイプの、魔女・・・。
そりゃ、いきなりだと、ちょっとびびるわな、と。

途中から、おいおい、「非・バランス」方向か?と、
やや不安げに、成り行きを見守っていた。

まさか、正直娘が掘ったれば、
河原から、操られたライバル少女が、
土まみれで、むっくりと・・・とかじゃ、ないよな?
いや、大人になったヒロインが、
時を越えて、起き上がって出てくる、とか?

などと、途中で、要らぬ心配をいろいろしてしまったが、
ちょいと、裏読みしすぎたようだ。
ラストがあれで、ひとまず、ほっとさせられた。

ま、あんなもんだよな、子ども時代って。
結構、人間関係に、気を使ってるもので。
背伸びしてても、相手も実はまるで、子ども。当たり前か。
なあに、10年も経てば・・・それも思い出に、なるさ・・・と。


栗林賢司監督 「ウロボロス」:24分 (エポック・ピクチャー)

しょっぱなから2分で、たちどころに判明する、
コンパクトな状況設定。うまいぞ。

幽霊女よりもこわ~い、愛人ヒロイン…。
この男も何でまた、こんな粗暴な女がいいんだ?ついてゆけん。
ほとんど何の策も講じない、取材記者。
鈍い。何のために来たんだ?

締めにもう一発、欲しいところ・・・なんだが、
あそこで、鱗だらけの奴とか出すと、
出し方、一歩間違えれば、ギャグだからなあ…まあ、難しいところだ。
監督デビュー作としては、まずまずではないか。


黒犬獣監督 「魔女とマッドサイエンティスト」:16分(魔女&マッドサイエンティスト・・・?)

印象は地味だが、SFサスペンスとしては、よくできている。
人を呼んどいて、ひ、ひでえな、こいつら・・・。
ということは、このインタビュアーも・・・ひでえな~。
循環型、ラストも見事に締めた、脚本の勝利。


木野吉晴監督 「the Brain」:20分(KINO'S Films)

ゆきとどいた、近未来住居システムをめぐる、
科学者の妻の、疑惑。
SFスリラー。

丁寧な合成シーンも、大いによろしいが、
男性向けの、つぼを押さえた色気サービスも、
しっかり、たっぷりと。心得すぎ。

タイトルの意味が、分かった時・・・
ヒロインの抱く、あらゆる疑惑は、
白日の下にさらされ、暴かれ、
そして、すべては崩壊する・・・。

そこへ、さらなるだめ押しが。
こ、こわい・・・マジで。


山岸信行監督 「死体牧場~呼び戻された者たち~」:32分 (B-SHOT PICTURES)

筋は昔の(西洋)小説を元にした、と監督は言っていたが 、
まあ、大体は、
フランケンシュタインの怪人、ドクターモローの島、といった感じ。
マッドサイエンティスト役、酷薄さが、はまってる。
<患者>役の人々、
シャボン玉と戯れる能天気さや、
後半での、演技シーンの薄気味悪さが、全開。達者。
まさか、やはり、の結末には…哀。


稲葉奇一朗監督 「NO CONTROL」:34分30秒(?)

主役の上村愛香版・胡蝶の夢・・・とでもいうべきか。

探偵役のはずが、よくわからないまま、
次第に振り回され、危機に立つヒロイン、
やっぱり、惹かれるのものが、ある。

もしや、 罠に落ちたのは、あそこから? とか 、
あいつとあいつ、怪しいとは思ってたが、
やっぱりな・・・とか。

となると、あれしか、締めようがないもんなア、ですね。
お見事でした。ハイ。

ここにもしっかり登場、星野佳世。
最早、自主映画ディケイドだ。
次にはどこで、お目にかかる日が、来るのか・・・?


当然、この夜は、
近所での打ち上げに参加、大いに交流す。
今宵は、ちと、呑みすぎたかな、と。


以上。


  1. 2009/09/21(月) 01:29:55|
  2. インディーズムービー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

主水、流星を仰ぎ見る

まさかの、訃報。

そんな、「クレヨンしんちゃん」の原作者が、
登山中に、転落死 ・・・!していたなんて。

核家族ギャグ・ホームドラマ漫画の巨星は、
ある日突然、
まるで、日常の延長かのごとくに、
この世から、ふっ、と、居なくなってしまった。

春日部市住民・臼井儀人、51歳 、
合掌・・・。


この騒ぎで、神谷明氏の「名探偵コナン」降板!ニュースも、
すっかり、かすんでしまったようだ・・・。
彼ではない、眠りの小五郎など、考えにくいのだが、さて・・・?  


以上。
  1. 2009/09/21(月) 01:24:05|
  2. TV
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

アWorker

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する