fc2ブログ

シネマ旅の途上にて

自主映画ウォッチャー、アWorkerのブログ。

剣客人マリ・9「いざ、突っ込むぜ!」

三味線屋のつぶやき、其の弐。


23日(日)、
阿佐ヶ谷ロフトA、18時半より、23時前まで。

<時代劇の間違った見方 其の弐>は、
予期した以上に、おもしろい解説作品ラインアップが、揃っていた。

そのすべてを挙げることは、いかな小生でも、まず不可能に近いが。
ごく一部に、触れてみるに・・・


*「破れXX」というシリーズが、錦ちゃん主演で、
いかに沢山、連続して作られていたか。
(毎回、ぶち破らないと、気がすまないのね・・・の声)

*「破れ奉行」の深川奉行がいかに、
爆弾時計を処理し・・・いや、しなかったか。

*そして彼はいかに、悪人のたまり場に突っ込んで、
地獄送りの、捨て台詞を吐くか。
(葵の御紋も、殺しの代紋に!)

*「江戸の牙」のおひxxさんは、
いかに豪快な、あぶない火薬爆破男であることか。
(いくら相手が、放火で儲けてる悪人達でも・・・の声)

*「三匹が斬る!」の<たこ>はいかに、
たこらしい?細かい動きをしているか。

*「必殺仕切人」のサブタイトル、
「もしも・・・・・だったら」の、毎回そのまんまな可笑しさ。
(片端から、みんな、見せてやれ!の声・・・)

*江戸のはずれになぜか、ピラミッド・パワーがあった?話。
(出てるスキゾーさん、って当時のスキゾ・キッズ、だっけな・・・の声)

*いかに<Gメンの立花>が、多くの時代劇に関与・出演しているか。

*いかに劇画原作の某同心が、
武士の一物?を日頃より鍛錬して、
おそるべき、ナンセンスな拷問に、応用しまくっているか。
(女をやたら、ぐるぐる回したり・・・ほんまに効くのか?の声)

*いかに御老公やお奉行様が、江戸の交通安全に、寄与しているか。

・・・などなど、もう、きりがない。
突っ込みどころ満載、
ほぼ満員の会場は、爆笑の連続だった。

なお、通称<xxxx組織>による、
最新珍作?体操が登場した事を、
ひっそりと、付け加えておこう・・・。


とにもかくにも、時代劇はかくも、
デタラメ、いやさ、自由な発想の宝庫であることが、
十分に、証明されたのだった。
まだまだ、探せばいろいろありそうで。

四角四面の現代劇に、ちと飽きかけてる御仁には、
食わず嫌いせずに、是非、おすすめしたいものなり。

だって、おもしろいんだから。時代劇。
たとえあなたが、信じようと、信じまいと・・・。


以上。
スポンサーサイト



  1. 2008/03/24(月) 21:52:27|
  2. 時代劇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

剣客人マリ・8「旅を、行くぜ!」

三味線屋の、つぶやき。


日曜の午後からは、熱もすっかり引いて、
やっと、外出を再開。

真っ先に、跳んで行ったのは、阿佐ヶ谷。
まずは、前菜として、
東映アニメ特集より1本、1200円。

「ちびっ子レミと名犬カピ」、
全長81分版が、掛かっている・・・はずだったが。
なぜか、55分の短縮版、
「ちびっ子レミと名犬カピより 家なき子」に変更。
1975年に、再公開用に編集されたもの、とか。
しかし、これはこれで、なかなか良い。

カピが大きい犬で、初めからレミの家にいたのが、
日テレの連続版とは、違っている。

「自分の進む道は、自分で切り開いてゆくんだ!」
という決意のもと、旅芸人暮らしの中で、成長してゆく姿は・・・
さわやかに、泣かせるものがある。
カピに逆立ちを教える、猿のジョリクールが、「師匠!」と呼ばれ、
2匹の練習シーンは、涙ぐましくも、可笑しみをたたえている。

こういう短いのを、今何で、アニメフェアで併映しないんだろう・・・。
TVのキャラクター・ビジネス路線も、悪くはないんだけど、
それだけが、劇場版アニメじゃないはずなんだが。


そして、夕方の腹ごしらえを兼ねて、
阿佐ヶ谷ロフトAへと、向かうのだった。
無論、時代劇ファンの血が騒ぐ、
あのイベントのため、である・・・。


つづく。
  1. 2008/03/24(月) 20:42:09|
  2. 劇場用映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

プロフィール

アWorker

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する