fc2ブログ

シネマ旅の途上にて

自主映画ウォッチャー、アWorkerのブログ。

スケバルマンVS花のあすか組!

長文を入れられないので。短いのを先に書きます。
主水日記。

新作が出る、とHPにある。
観たい。
ほとんどそれだけの理由で、行った。
2/28(火)19時、なかのZERO・地下ホール。
客、10人。

河野和男監督、一年がかりの力作「夜明けまで」は・・・

一年365日、春夏秋冬、東京周辺。
ひょんな事から新宿にてばったり出会った4人の上京男女、
つましき日常よりの飛翔を求め、
にわかにバンド結成と、その後の彼らの物語だよ、お立ち合い。

春にはあの日の女に惚れて、
度胸つけるぜ、ナンパ入門。
偶然の、ラブコメ出会いに、笑い出す。
夏には都会で出来る目標、
探して、見つけて、大はしゃぎ。
秋には切なき別れあり、
それでも一夜のお祭りが。
帰郷、逃亡、喧嘩に再会。
やがて寂しき冬が来て、
又、桜木の春が来る。

目頭も、ちと潤む。
ありふれきった話、のはずなのに。
それでいて、粉末ソーダ味のさわやかさがいまだ失われない河野流、味覚の程よさ。
海も出るぞ。(海風のさえぎった言葉、きっといい台詞。)
バイト・コンビ青年達と自称<ぼったくりバー>マスター、いい雰囲気出してる。
「押す!」にも軽く、クスリ。

だが、誰より一番目立ってるのは・・・?
そうです、またしても鈴木明日香、その人!だったのだ。
スタンダードな上京・帰郷物語の中で、突出。
とにかく彼女の出てくる所、画面が、弾む、弾む。
もう、誰にも止められない。


主題歌も基本形ながら、じわっ、とくる。
今後も公開あり。必見です。
一見長そうだが展開は、いつしか、スイスイ。
黙って静かに、ゆっくりと観よ!

なお、今回、おまけ映像付きでした。
都会から実家への帰郷って、相当、照れくさいんだろうなあ・・・と。
ああ、微笑ましや。


以上。
[スケバルマンVS花のあすか組!]の続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2006/03/01(水) 17:46:59|
  2. インディーズムービー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

江戸の谷間の暗闇に、スケバルマン!

短い目の、試験通信。

ついさっき、「必殺仕業人」観たら、霊感が働く?仏師をめぐる回。
第26話・「あんたこの心眼をどう思う」だった。
何とこの老人、主水の裏稼業までお見通しだった!そして自分の死まで予言して、果てた・・。(ああ、ライダー龍騎にもそんな男が一人いた!ライダーライア、という名の占い師が。)
・・・あれ、レギュラーのやいとや又右衛門、大出俊だけが出て来ないぞ?
シリーズごとに終盤では初期「必殺仕掛人」以来、こういう人数少ない回がよくあるのです。おそらく予算等の関係でしょう。
放送回数の一回調整で、大出氏と制作局の契約回数をはみだした為に、次の第27話はやいとやが後ろ向き姿のみ、とか聞きますが・・・。
一人居ないと何だか、仕置シーンが寂しいな。
次の千葉テレビ放送、3月29日まで、おあずけです。それって、デジタル化直前じゃん!
又、県議会とか中継が入るらしいです・・・ね。あーあ。
後2回で終わるけど、次、何が来るのかな?


以上。 [江戸の谷間の暗闇に、スケバルマン!]の続きを読む
  1. 2006/03/01(水) 15:58:59|
  2. 時代劇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

<おしらせです>

<著者の都合により休載いたします・・・編集部>

PCの故障により、長文が送信不能です。
調整中ですので、しばらくお待ちください・・・。
  1. 2006/03/01(水) 10:23:38|
  2. 休載のおしらせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

<観客道>を往く、スケバルマン!

特別おさらい篇。

シネマ人、<観客道>心得ノ条。新版。


1・映画自体を観ようともしないで、外からの印象のみでその映画を酷評しないこと。
(よくいるんだ、こういう人が。せめて観てから云ってよ。)


2・しかしながら、題材・広告・予告篇その他の事前情報から察して、精神的に相当きつく、間違いなく不快になる、と判断される映画・イベントを無理に選択しないこと。
(タフな人でもやりすぎは禁物。ひきずる場合がある。)


3・複数の上映会が日時的に集中ないしバッティングするときは、行く、という確約は基本的にしないこと。
(無理すると絶対に翌日以降、バテる。健康によろしくない。)


4・上映開始前までに、トイレは軽く済ませておくこと。
(長い映画だと、後半はつらくなる。)


5・床の平らな会場で自由席が混んでいるとき、直前の席が空席の所は、できれば避けること。
(よく、上映開始直前になっていきなり、座高の高い人が前に入り、視界をふさぐ。ため息。かくて上映終了まで身の不運を嘆き、首を左右に動かす羽目になる・・・。段差がある劇場やホールではこれが無いので楽。)


6・上映中にバリバリ、食物の包み紙の音を立てないこと。貧乏ゆすりもやめること。どうしても咳払いするときは、遠慮がちにすること。
ただし、笑うべきところで可笑しければ、大いに笑うこと。
(音響効果の妨げになり、周囲の人々の気分が壊れることは避けたいもの。マナーである)


7・上映中に、ロビーや表通りで話せば済む話を、周囲の迷惑も考えずに延々としないこと。
(あるんですよ、これが。最近も、そういう目にあって、ひどく憤慨している。何しに会場へ来ているのだろうか?)


8・上映前には必ず、携帯をOFFにすること。
(都内の映画館でも「誰だ、いま鳴らしてたのは!」「しかも通話してるし!」という怒号が上映終了後に飛ぶケースも・・・。いたたまれなかった。札幌芸社イベントみたいに「神が降りてきた!」では済まされないのだ。)


9・上映にかかわる舞台映挨拶時におけるゲストの写真撮影については、許可の出ない場では行なわないこと。
(全面禁止とか、デジカメ・携帯はダメでフィルムのみOKとか、ケース・バイ・ケースがある。トーク中の進行を妨げる過度のフラッシュも遠慮すべし。)


10・映画の感想・批評に普遍性を求めるのはいいが、すべての人にとって当てはまる基準値などまず無い、と心得ること。
(「マトリックス」の<スミス>の世界ではないのだから。みんな好みが同じだったらむしろ不気味。たとえ自分の気に食わない、大嫌いな映画があったとしても、そういう映画が好きだったり、意義深かったりする人もいるんだ、ということを常に心に留めておくべし。)


11・その他、他の観客の快適な鑑賞・交流をむやみに損なうような、不粋な言動は可能な限り避けること。


12・映画・イベントを快適に観る機会を与えてくれた人々に対し、常に感謝の念を忘れないでいること。
(作品内容への感想は、それとはまた別次元のこと、ではありますが。)


上記の十二か条を守れる人、あなたはきっと、シネマ旅の良きお友達になれることでしょう。
小生自身、過去に多くの先達の方々よりマナーの基本を学んできており、半ば自省の念をも込めて、ここに記しておくものであります。


以上。

  1. 2006/03/01(水) 01:29:18|
  2. 映画(全般)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

アWorker

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する