シネマ旅の途上にて

自主映画ウォッチャー、アWorkerのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

潔癖の疑問符

主水日記。

世間的話題作、と称される「NANA」を観に行った。

平日午後とはいえ、喧伝されるような<続編決定作>ならばさぞかし以前の「下妻物語」や「スウィングガールズ」に匹敵する大入りロングヒット、と思いきや、客は10~20代男女数組のみ。
あれ?公開から大分経ってるせいか?
でも、とにかく観る。

ひとことで言えば、ビジュアルバンドの支持層にはおそらく夢のようないい話、なのだろうな、と。
お話も<定番>ながら悪くないし、普通に感情移入はできる。
けれども同時に、その描写・展開の具合にやや拍子抜けもした。

上京女性2名(以下、ナナA・ナナBと仮称)および上京青年達の生活自立と友情、バンドに賭けた青春像を描くものだが、それにしては青春期のなまなましさ、汚らしさをも含めた生活描写というものが全然無く、随所で意図的に省略され続けているのが大変気にかかる。

東京・横浜・多摩美大以外の具体的地名も、ライブバンド出身ヒロイン・ナナB(芝居は・・・まあまあかな)の故郷・雪国の駅名以外は極力省かれ、ベーシスト青年の棲み家も港町の近くらしい(小樽か?)のだが劇中の地名ははっきりしない。ライブハウスにしても横浜、と登場人物が言うので判明するが、言われないとどこのライブハウスだか多分よくわからない。
あえて地名と結びついたイメージの特定化を防いでいるのが伺える。

悩める自立願望ヒロイン・ナナAの故郷もあえて田舎の藁葺き屋根に鶏、みたいな典型的イメージの建物を使わず、地元のコンサート会場もNHKホールめいており、まるで東京近郊都市のよう。(土地安いから、にちょっと笑う。ああいうものかも・・・。)

全体に白っぽいアパートのセットや照明光の下、画面の端から端まで、お部屋の隅々まで消臭剤・脱臭剤を多用し無菌室化したがごとく、<きれいに、きれいに>掃除がゆきとどいており、往年のハリウッド・ミュージカル映画か戦後フランス映画のヒロインのごとく着飾ったナナAの可愛らしさ、芝居のうまさをいよいよ補強する。
(ナナAの掃除姿の衣装まで正にメイドのようだ!狙ったのか?)

ナナBとベーシスト青年の入浴対話シーンも又、あたかも化粧品CFかのようになめらかに、つややかに描かれ、およそなまめかしさとは程遠い。

この映画世界においてはそのように一事が万事、きわめて抽象的かつ潔癖症的描写に終止している。

思うに、原作(未読)が女性向け漫画だから世界観をできるだけ壊さないように、かつどこの出身者の誰にでもとっつきやすく思い入れしやすい設定・内容になるように、との配慮が映画内世界の細部にまでなされ、行き届いた結果だろう。多くの10~20代女性向けテレビドラマ企画と同様の発想・手法である。
「アベック・モン・マリ」「とらばいゆ」の監督が呼ばれた理由もまずは描写目的上の適性、ゆえであることは明白。
いまやそこまでデラックスな、現実を知りながら現実を忘れさせてくれる映画を創ること自体が困難になっている昨今、監督組はよく頑張っている。

ただ、正にその清潔さと抽象性ゆえに、逆に映画表現であるゆえの魅力となるべき画面の運動性、ひいてはそこからもたらされうる心理描写の<揺らぎ、揺らめき>が期待したよりは少なくなっている、という不満も同時に発生するという困った状況も又、現出しているのだった。
ライブ音楽シーンのリズムほどには、映画自体のリズムが乗せてくれないのだ。

全国公開を意識するあまり<擬似東京風TVドラマ>式に脱色しすぎではないのか?との疑問もぬぐえない。
興行的にはそういうものだ、という見識は商業映画だから当然あるだろうが、地方と都会を描く、というのは果たしてそういうものなのだろうか?
ライブファン女性とバンドボーカル女性、というキャラ対比とコンビネーションの効果は大いに出ていて、かなり引き込まれるのだけれど・・・。
家で観れる連続TVドラマでの展開・描写以上の何か、がもう少し欲しかった。次の場面展開がところどころで読めてしまうのも弱い。
終盤の展開を<意外性薄し>と見るか、<望ましき案の定>と見るかで、この映画の好き嫌いはほぼ決まるだろう。
小生はすれすれ後者、だった。

(抽象化と潔癖性だけが地方出身青年像の魅力的<全国向け>描写と限らない事は、特定県出身者大集合のインディーズムービー「福井青春物語」が対照的、かつ生き生きとした描写を持つ存在として、みごとに証明している。)


「NANA」という名の熱帯魚、ヒロインコンビの印象。
ナナA、白いエンゼルフィッシュ。
ナナB、尾の長いブルーのグッピー。

「ランブルフィッシュ」の夜明けには、まだ間があるぜ・・・。

以上。

スポンサーサイト
  1. 2005/09/29(木) 23:04:27|
  2. 劇場用映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

懐旧の名女優

主水日記。


9/3(土)のテアトル新宿での<追悼オールナイト>以後、都内各所(渋谷シネマ・ラ・セットを含む)において継続されてきた女優・林由美香の追悼特集上映企画<由美香OhMy Love!>シリーズが、26日(月)夜19時半よりの新生アップリンクファクトリーにてのトークイベント付き上映でほぼ、終わった。
後は29日(木)までの同所、ドキュメンタリー「由美香」断続リバイバル上映を残すのみとなった。(ただし、他にも予定されている単発企画が来月初めと12月頃、ある模様なり。)

小生が時間をとって伺えたのは3日夜の新宿オールナイトと26日夜のアップリンクのみだったが、このAV・ピンク・刑事まつり(2本出演)にまたがる活躍を見せてきた稀有なる女優の魅力をあらためて振り返りつつ、満喫することができた。同時代に生きた喜び、今不在の寂しさを同時進行で素直に噛みしめている。

ピンクの主役かつ遺作となった吉行由美監督「ミス・ピーチ 巨乳は桃の甘み」は3日夜に観た。
ピンク映画史的には飛びぬけた作品ではないものの、もう若くは無い、と自認している元不良少女のキャンペーンガール(というよりはレディか?)をめぐるトップ栄誉争奪戦のドタバタ話が適度に明るく描かれ、林らしいのほほんとした味わいを含んだコミカル娯楽作に仕上がっていた。勝手に力んで妨害工作するライバル候補役女優も善戦している。(林の同居人がゲイ男性、というのも吉行監督らしい設定なり。)
池島ゆたか・渡邊元嗣・荒木太郎といった監督群によるコメディ・タッチの作品群が一番、女優としては柄に合っていた様に思われる。
でも1993年・幡寿一(=佐藤寿保)監督作品「痴漢電車 いやらしい行為(原題:誕生日)」での、東京湾岸で家庭崩壊青年とダイナマイト心中を図る少女役も忘れがたい。人間、20歳で死ぬ気だ、とか何とか普段言ってても多分ブツクサ言いながら今も生きてるよ・・・という台詞のやりとりが今見ても泣かせる。


26日の夜は一本目、平野勝之監督が彼女への思いのたけを当人主演で表出しまくったセミ・プライベートVTR「愛しのAVギャル~林由美香編」を新宿オールナイトと同様に上映。
自転車旅行記「由美香」撮影の約2年後、1999年の交流記録。ゲストトークによれば素の本人も全くあのまま、あっけらかんとしていたそうなり。
続いてAV監督・カンパニー松尾氏の手による生誕から小・中・高校時代、バイト・六本木での水商売やディスコ出入り(「この時代からの友人が一番多い」と本人ナレーション)経由後<アイドル的絶頂期>までを回顧する特別構成作「YUMIKA1989-1990byカンパニー松尾」が上映された。
ラストの歌入りVTRに感極まって涙する人も・・・。上映終了時拍手起きる。
最後のAV出演作品(助演、婦長ナース役とのこと)を撮ったサカイ・コウジ監督とともに「顔刑事」監督・デモ田中氏が代打ゲスト。現場や呑み会での交流エピソードに花が咲く。
好みのタイプではない、とクールに言いつつも「もっと出しとけばよかった・・・」と惜しむサカイ氏。「同年組だけど、姉貴みたいな人・・・」と思い入れたっぷりに語る田中氏。
でも皆印象が大体一緒なんだね、いまだにどこかその辺で自分達と一緒に観ている様だね、とゲストや司会の人々は語っていた。まったく同感なり。
あらためて女優として稀有な存在だった人、と実感するのだった。


以上。

[懐旧の名女優]の続きを読む
  1. 2005/09/27(火) 00:54:51|
  2. 劇場用映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

機動の超戦士

ああ、昨日の「寿し刑事」全長版見逃しちゃったなあ。
あれ、トリウッドで観たんですよ、短縮バージョン。
「情け無用の刑事まつり」で。
(まだしぶどく?さすらいの企画は続いてました・・・わはは)
いきなり搭乗操縦型ロボットが、何の前フリも無く登場。
すげえ。よく作るなあ。
「ザブンクル」や「ダグラム」思い出します。
「映画秘宝」に工場の人達が開発した、って出てましたね。
連続ドラマ第n回、とか脱いで格闘、とか唐突かつ脈絡の無さだらけなのがシュールで面白い。藤原章監督らしい1本ですね。
宮川ひろみさん、もっと出てるんだろうなあ。全長版では。通しで観たかったです・・・。
  1. 2005/09/21(水) 06:29:04|
  2. 劇場用映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

緑地の灼熱日

ようやく回線が修復しました。
モデムの具合と、電話回線がダブルで条件悪かったみたいです。
ぼちぼち日記を再開します。


で、この前の日曜、一念発起してついに、シネマ旅以外の<旅>に出ました!
名古屋と長久手の<愛・地球博>です。
坂本頼光さんの<まるめこもう>作戦も功を奏さず・・・?はずみで行っちゃいました。
そして現地は・・・
まあ楽しいんだけれども、同時に白い灼熱地獄、でもありました。

入場までがとにかく大変だった。
名古屋駅から30分、エキスポシャトルという名の、都内の満員通勤電車そのまま?ののどかな郊外快速電車でリニモ乗り換え駅・万博八草駅まで着いてみれば。
まず、リニモへの乗り換え駅が50分待ち、と知って1.9KMの道のりを、追い越してゆく貸切バスや飛んでるとんぼを横目で見ながら皆でハイキング。40分で会場前に北ゲートへ到着。
その後は荷物検査で又、40分待ち。
しかも残暑の炎天下。33度は確実にあった。皆さんハンカチや帽子かぶってました。
待ってる間、入り口前の自販機でペットボトルの150円生茶、スポーツドリンクを買って飲みしのぐ人々。
(ペットボトル・ビン・缶は持ち込み禁止。ビン・缶の分別ゴミ入れは場内に無いんです。ペットボトルのゴミ入れはありますが。)
あきらめ顔で字の多い「嫌韓流」読んでる人も・・・。(なんちゅう所で読むんじゃ!)
ファミリーやお子様の皆さん、相当バテてましたよ。

金属探知機の説明書き札が入り口前にあるけれど、あまりの人ごみに紛れて見えず、検査の3分前にアナウンスの説明を聴くしかなかった。
ガードの人たちも「多少不愉快かと思いますが、どうかご協力くださ-い!」と絶叫中。これは警備する人達もハードだ。
急いで手持ちのビニール袋に金属つきの持ち物を分けて入れました。
で、空港みたいな金属探知機抜けて、かばんの中を簡単にチェック、ようやく抜けたら「自動カードの方は右手自動改札へ・・・」と言われました。やれやれ。やっと遠い国境を越えた気分でした。

こんな状況ですから、会場へ入ってまずした事は、みんなと一緒に日陰へへたりこみ、休憩・昼寝をすることでした・・・。ああ楽チンだ。これぞほんとうの<旅>ですよ。
朝6時に出発して新幹線、そして場内入場が昼の12時半頃になりました。
われわれがようやく入場を果たした約30分後より、ついにゲートの入場制限が始まって、地元TVクルーやへリコが撮りまくっておりました。入り口のすぐ上の建物から眺められるのです。
あと少し遅く着いてたら、小生もあの中だったんだなあ・・・と。

ちなみに、その日の入場者数は(夜になって聞いたところでは)午後4時までで24万人。翌朝ご当地・中日新聞の一面には計26万人と報じられてました。入場制限も開催期間中初めて、だったそうです。
何とも大変な日に来てしまったのでした。

・・・で、会場内です。

まず、広ーい緑地公園、中央に人工芝とステージ、周囲にお台場や各種美術館めいた?パビリオン群がある、といった印象です。あちこちに売店と地元衛星TV局・FM局の控えブースがあります。
そして随所に造園業者の世界が散在。ススキの植えてある辺りなどまるで大河ドラマのスタジオセットを置いている様です。

とにかく広くて、足で歩く、歩く、歩く。各所はコテッジ向け?風の渡り廊下で繋がれまくってます。(動く歩道はマンモス・ラボだけ。)渡り廊下の屋根や<大地の塔>などあちこちから白煙が噴いてるので一瞬火事か?と思ってたら湯気でした。水蒸気を排出しているのです。
会場一周するのは三両編成の赤い市電みたいなのに乗らないと、まず無理です。
バリアフリー・スロープはまずまず行き届いていて、電動車椅子の人たちはかなり楽そうに回っていました。段差のエレベーターだけは5、6人並んでましたが。

次に、人気の大型パビリオンは既にどこも超満員。列が万里の長城。全然入れません。

目玉のマンモス・ラボだけは逃すまいと何とか15時頃、入場整理券切れ寸前をゲットしましたが、見れる集合時間が夜の19時。

そのマンモスを待つ間に観れる所を回ろうとしたら、3Dシアターが50分待ち、瀬戸会場へのゴンドラが50分待ち、大地の塔が160分待ち。観覧車やロボット、超電導などのパビリオンは「本日整理券終了」だらけ・・・。はるばる来たのに。ぶつぶつ。
マ0ンガーZのロケした人達の頃はまだすいてたんだろうなあ。
かくて大きいパビリオンは皆、入場をあきらめました。殆どすべて外部を眺めて写真撮りまくるだけにしました。

ブースの比較的小さめなアジアエリアに居る時間が一番長かったかも。
5時ごろマレーシア館(海水から真水を作る技術、がメインの透明プラスチック館)では観光PRのミュージカルが見れました。中華系ダンスもあって横浜中華街風でした。
ラオス館では金色の仏像の横にドラがあって「やさしく3回たたくと幸福が訪れます」そうです。木琴や太鼓もあり、勿論皆たたいてきました。お子様も結構楽しんでました。
インド館ではフレグナンス効果?な香りが流されてました。臭がる人も居たようですが小生には甘い、いい香りでした。

夕食はインドカレー。昼食・夕食時のラッシュの合い間を狙って行きました。暑くてへばってる時はこれが一番です。
でも900円で新宿の500円カレーショップより量が少ない。牛丼、たこやき他の食べ物も東京の安い店より100~200円高めでした。どうも陰謀のにおいを感じます・・・。

風景撮影のレンズ付きフィルムが足りなくなってきたので、途中おみやげ売店へ入ったら人込みでぎゅうぎゅう。スーパーが3軒開店セールやってるような混雑ぶりです。
実はXXX国製のモリゾー・キッコログッズや「万博へ行ってきました」包み紙のバター菓子、ういろうなどが飛ぶように売れている。
正直に云って、ここで買わなければならないのはその包み紙つきの菓子くらいのもので、あとの大半は名古屋駅でもかなり買える。
日付け刻印メダルは大阪の時ほどには人気が無い。
土産菓子数点とカメラを選んでレジへ並ぼうとしたら「いったん店外へ出て、レジ前へ並んでください」と云われ(え、それで大丈夫なのか?払いは・・・)、そこで又20分待ち。
もう、冷静に品物を選べる状況ではないです。自分で行っておいて何ですが、駆け込みブームというのはまことにおそるべし、です。(帰ってからニュースでラストの値引きセールを始めた、と聞いてさらに呆れました・・・。)

それにしても近未来的なパビリオンが並ぶ会場の隅で、あのツタだらけの某所未来館、<もしも月が無かったら>の白文字がよく読めない。夕刻に見るとまるで鬼太郎や<すねこすり>、ライダー響鬼の<くぐつ>などが居そうな気配です。
そこへ人々が殺到してる光景は何か別のものを中で見せている?のを連想させます。リアルなパペット劇の「妖怪大戦争」とか・・・。まさかね。
ちなみに遊園地エリアには本当に「ゲゲゲの館」売店が出張しており原画等が飾られており、親子連れが鬼太郎と記念撮影してました。こんなところで出会うとは。「なまけものになりなさい」の水木先生が一番、働いてる気がする・・・。
ところで遊園地の某乗り物、なぜ名前がDiscoじゃなくてDiskoなの?

で、ようやく夜7時過ぎにマンモス・ラボの列へ集合。グローバルハウスの後ろ側、渡り廊下の下です。撮影禁止と聞いて「えええ~!?」とがっかりする人も。白い大・小の粘土塊みたいなのがありました。大きいほうに牙があるので象とわかる。1分弱程でスルー。皆口々に「あっさり、だったねー」「早かった」。
動く歩道はここだけ。何だか初めて上野動物園へパンダ見に行った感じでした。これが大阪万博の時は月の石、だったんですよね・・・妙な感慨が。
抜けた所で広場からはシンガー・因幡晃さんの生ライブが。長髪で黄色いスーツ着てました。
人工芝エリアの端っこで立って見てたら「境目にかかってるから・・・」とガードの人に云われて、芝の中へ座る。勿論無料です。
ライブ中「さっき聞いたけど、4時までで24万人入場したんだってね!」との発言に皆、新曲とは別にファン拍手。小生もこのとき知りました。


と、まあこんな感じで長久手の夜はふけてゆくのでした。
瀬戸会場はゴンドラに乗れず、18時閉場なので行けませんでしたが、それでも結構楽しめたかも、と。
では又。









[緑地の灼熱日]の続きを読む
  1. 2005/09/20(火) 07:49:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

富士の浮世絵

突然ですが、昼11時半よりテレビ東京で「眠狂四郎円月殺法」(歌舞伎座テレビ)放映が終わり、「必殺からくり人 富獄百景殺し旅」(松竹京都)が始まりました。

非主水・からくり人シリーズの4作目、趣向は1作目と同様、人気絵師の浮世絵に赤いあぶり出しでターゲットの手懸かりが浮き出てくる。絵師は葛飾北斎。
第一話「江戸 日本橋」、ポイントはこの狂気のアーティスト北斎を演ずる小澤栄太郎。輸入物の青い絵の具が買いたくて自分の娘(吉田日出子)を売ろうとする程。
レギュラーの旅芸人一座座長・山田五十鈴(武器は三味線のバチ)・沖雅也(釣竿状の首締め道具)芦屋雁之助(釣りの<びく>で頭骨潰し!)すら押さえてすごく目立つ印象。
座長の助手が落語家の江戸屋小猫。例の指くわえてピーっ、と鳥の鳴き真似やる人です。
一座の踊り子・高橋洋子(小説「雨が好き」作者)がアヘン窟を焼くため火の点いた輪を投げるのが夜にはまるで<ガメラ>に見える。

なお、初放映当時、高橋洋子さんが急病のため倒れ、途中第五話からいきなり真行寺君枝さんに交代してるそうです。あしからず・・・。

  1. 2005/09/15(木) 01:21:16|
  2. 時代劇
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1

回線の不具合

ごぶさたしております。
ただ今、当方PCおよび回線の不具合につき、本文が大変書き込みにくい状態になっております。
完全修復までまだ日数がかかりそうですが、調整が済むまでもうしばらくお待ちくださいませ・・・。
  1. 2005/09/10(土) 17:27:06|
  2. 休載のおしらせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

プロフィール

アWorker

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。